FC2ブログ

Post

        

家のごみを減らしています

category - 日記
2014/ 01/ 09
                 
昨日は仕事休みでしたので、やりたかったごみ搬入をしました。
お正月明けは、年末に比べれば、ましですが、
ごみの持ち込み処分場は普段よりも混みます。
普通の企業のお正月休みが終わってからがねらい目。

これは自分でやろうとする主婦の感想であって、
ご主人が協力的な方の場合は当てはまりませんね~。(苦笑)
我が家の場合、オットは木の剪定と切った木の運搬係をしてくれればいいです。
人は年を取ると親に似てくるって言うじゃないですか?
本当かどうかは個人差があると思いますが、
我が家がこんなにモノで溢れている要因の一つは、
シュウトメちゃんのもったいない精神です。
「苦労して揃えたんだから、わしが死んでから捨ててくれ」が口癖。

例えば大量の食器。
昔は、お葬式でも法事でも、食事を家で出したのです。
お刺身用、焼き魚用、煮物用、お浸し用など各種のお皿が大量に必要で、
お茶碗や湯呑はそれぞれ100くらいあったかも。

私が嫁いできた頃には、割子弁当をとるのがメインになっていて、
お客様には5000円、台所の手伝いをお願いした方には3000円の
割子弁当をお出しして、7品のおかずを別に作ってお出ししてました。
これだと、大量の食器は不要でしたが、「苦労して揃えたのを
捨てられるのは辛い」と言われて、捨てられませんでした。
(のちに少しずつ分からないように捨て始めましたが)

ご飯はついていないので、炊き込みご飯と白いご飯を
これもまた大量に炊きました。
余ったものを、台所の手伝いに来てくださった方たちに
お持ち帰りパックに入れてお土産にしていただきました。

炊いた後、大きなお櫃に移しますが、この大きなお櫃が3つありました。
お櫃というのは冷めたご飯もおいしく保つ日本人の知恵だと思います。
しかし、現代で使うかといえば、使わないんです。

他にもシュウトメちゃんが昔使っていたこたつとか、整理棚とか。
昨日はいっぱい捨てに行きました。

燃えるゴミと粗大ごみはクリーンセンターへ。
資源ごみは資源ごみ処理場へ。
雨だったし、普通の会社は仕事が始まっているので空いてました。

私たちのごみも出しましたよ。
スキーウエアとかスキー靴なんかも奥に入れっぱなしになってました。

これですっきりかといえば、まだまだあるのがkoala家なんですよね。
捨てるのを一切シュウトメちゃんに見られないほうがいいので、
いつ捨てるの?「今でしょ!」です。
シュウトメちゃんは今はもう処分のことで怒鳴るような気力はないですが、
きっと心の中は「まだ使えるのに捨てられた」と苦しくなるので、
余分な苦しみは味わっていただかない方が健康にいいです。

捨てるコツがわかってきました。
モノにも心があると思って、「今までありがとう」と感謝すると
シュウトメちゃんが執着していたものでも、明るく捨てられます。

今日も出勤前に捨ててくるつもりです。
ちょっと準備で疲れたので、パソコン休憩がてら日記を書きました。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます。

我が家は母が捨て魔で、私がいつか使うかも派(笑)
大抵は母の意に沿うようにしていますので、あまりものはありません。
反対に、「あれは何処へ置いた?」「お母さん捨てたんじゃないの」と言う会話が増えました(笑)

私が片付け始めると、最初は勢いよく徐々にペースダウン。
最後はもとあった場所に戻るケースも。

片付けは一種の才能だと思います。
No title
koala家と夫の実家は似ていますねぇ。
長男のお嫁さんはとても従順で、小姑さん達の出入りもあり
まだ遠慮しています。
私の世代(koalaさんの世代はもっと進歩的でないとね)は、自分の荷物は責任もって片づけていきたいですよね~
No title
悦子さんへ

お母様は捨て魔なんですね。いいなぁ。

うちには、ブラウン管のテレビとか、法事や結婚式の
引き出物で昔頂いたまま放置してあるだけの
多種多様のモノたちとか、シュウトメちゃんが
「捨てない」と言ったモノたちが山のようにあります。
こっそり大山が小山になったくらいの処分をしてきましたが、
一気に小山を崩せ!って感じになってます。(笑)

片付けが才能なら、私、才能はないんですけど、
ゴミ山はいらないので・・・それだけです。
No title
もこさんへ

ご主人のご実家のお嫁さん、お優しいのですね。
お姑さんはご満足だと思います。

我が家は義姉たちはほとんど寄り付かなくなりました。

私はゴミを子供世代にあまり持ち越したくないんです。
自分がシュウトメちゃんと実親と叔母のゴミも引き受けましたから、
これは私が元気な間に処分しておかないと、
子供たちが大変すぎるって思って。
時代が進むとだんだん捨てられなくなってくると思うんですよ~。