FC2ブログ

Post

        

友人に経営者が多かった・・・彼女たちの性格は武士

category - 日記
2014/ 01/ 06
                 
清洲心理相談室

友人のサイトのご紹介です。

彼女は、最初は看護大学に行って、看護婦さんになりました。
結婚してから、カウンセラーを志した人です。
カウンセラーになるためには、大学院で資格を取る必要があります。
主婦の彼女はご主人の応援もあり、大学院に入り、
資格を取得、その後、経験を重ねていって、
今はスクールカウンセラーをしつつ、相談室をかまえて
経営者になっています。

こんな風に書くと、すごくパワフルな女性を連想されそうですが、
彼女はそういうタイプではありません。
むしろ、ゆっくり進むタイプです。
「koalaさん、よくそんなに動き回るわね」と言います。

今年も、プロとして技術が格段にアップしてきた彼女が
たくさんの方を癒やせますように。
経営者なので、経営も順調に行って欲しいです。
しかし、カウンセラーなので、直接の患者になるわけにも・・・(笑)
経験を積んだ信頼できる方です。


----------------------------


ジュエリーシェール

このサイトは、もう何年も会っていない友人のものですが、
彼女がシルバーアクセサリー作りにはまった頃には、
私も体験教室を受講したり、個展にお邪魔しました。

ブログを読むと、その後、イタリアで洋彫りを習ったそう。
すごく彼女らしいです。
極めるタイプなんです。

彼女は、問題なくパワフルな女性です。
若い頃からセンスがよく、ジュエリーも大好きだったので、
愛知県でオーダーアクセサリーが欲しい方、よろしかったら。


----------------------------

考えたら、友人に経営者の人が何人もいます。
私自身はまるっきりそういうのは不得意なんですが、
考えたら不思議です。
性格も、どこか武士タイプの友人が多いです。
私自身は・・・以下同文。(笑)

よく温泉や紅葉や花見に一緒に遊びに出かけている友人は、
経営者ではないですが、うどん店のおかみさん。

よくランチに行く友人のすみれさんは、
フラワーアレンジメントの講師と、バラクラの販売員をしつつ、
嫁ぎ先の工場の経理一切を取り仕切っています。

ネットで仲良くなり、九州の方なのに何度も会っている
みかんちゃんは、いくつもの事業をご主人と共に経営。
どこから見ても、仕事のできる女性。

経営者ではないけれど、やはりネットつながりで仲良くなって
実際にも何度も会っている横浜のう香ちゃん。
彼女も仕事バリバリで、性格は武士。

----------------------------

今までそういう風に考えたことはなかったのだけど、
他の友人たちは?と思い浮かべてみて唖然としちゃいました。

何でも話せる位の仲の友人に限ってのことですが、
(ジュエリー工房を経営している友人は、
「とても親しい」というほどの仲ではなくなってご無沙汰しています)
周囲の友人を考えてみても、ネットで仲よくなって、
遠方でも実際に会うくらいになっている友人も全部、
私のとても親しい友人って、みんな仕事バリバリの人でした。

私はお気楽パートで満足してるのに、仲のいい友人は
みんなそうじゃなかったことに、今更気がつくなんて、
その点の自分のにぶさもちょっとびっくりだったかも。(笑)
私ね、経営者になりたいなんて、思ったこともないです。
両親が飲食店を経営していたのを見て、大変そうだったので、
私はやりたくないわと思ってたくらい。

不思議だなぁ。
面白いなぁ。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます。
今年もよろしくお願いいたします☆

本当に、友人~知人、あらゆる方々がいて、ハッとする事たくさん有ります。ブログもそうですね。何と言うか、心が広がる気がします。
人との関わりなしでは生きていけないのなら、多いに深めていきたいです。
いつも心を深めて、前に進んで居られてとても~共感させていただいています。。。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s106.gif">
No title
先日私の夢の話を記事にしました。
いつの日か、Koalaさんの経営者友の中に、私も加わりたいわぁ。
そういう私も経営者タイプではありません。
能力のある人の下で力を発揮するタイプです。
No title
前にも書いたような気がしますが、koalaさんは、事業家タイプ(なるならないは別)です。勤務先の問題点を見つけたり、旅行の企画立案などがその証拠です。だから、類は類を呼ぶのでしょう。

ホ・オポノポノについては、興味深く読ませていただきました。私はどうも批判的な読み方をしてしまうので、koalaさんのようには素直に胸に落ちません。「ごめんなさい、許してください」のようなネガティブな言葉を使うのか、100%、自己責任という意味など、少しづつ考えています。
No title
ライムさんへ

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

いろいろな方がいて、自分と同じ部分には共感しますし、
違った部分には刺激を受けますよね。
友人の武士の部分にけっこういい刺激を受けている気がします。
人とのかかわりって大事ですよね。
No title
ねえねさんへ

近い将来、経営者友の一人になりそうで楽しみです。

ねえねさんは、アンテナが鋭いし、
お客様を喜ばせるアイデアもたくさん出そうだし、
PRのセンスもいいでしょうし、きっと上手くいきますよ。
No title
sioさんへ

実業家タイプですか?(笑)
ありがとうございます。
私は人を使うのが苦手なので、難しいかなと思います。

私は「ごめんなさい、許してください」がネガティブな言葉だとは
感じていなかったのです。
sioさんと感覚の違う点なのですね。
私は昨年「空」の感覚がすとんと腑に落ちて、それが嬉しくて、
「空」と自分の表面意識が繋がるのに邪魔な詰まりがあったことが、本当の自分に対して「ごめんなさい」と言いたいような気持ちがあります。
もう自分が「空」だってわかったからね、というニュアンスすらあるかもしれません。