FC2ブログ

Post

        

ホ・オポノポノと色即是空と

category - 日記
2014/ 01/ 05
                 
昨日の日記に書いた内容は、私にとって重要でしたが、
あの日記の書き方では愚痴にしか思えないですね。
私にとっては、重要な発見だったので、
今日の日記は普段にも増して、怪しくマニアックになりますが、
正直に思うところを書きます。

------------------------------

私にとって、シュウトメちゃんの介護で少し大変な
思いをすることは、いい経験でした。
不自由ではありましたが、不自由な思いをしなければ、
その不自由さがない状態のありがたみはわかりません。
あれは私の学びに必要なことであったし、
シュウトメちゃんは、その学びを提供してくれた人です。

こういうことを考える時、最近、織物を連想します。
たくさんの横糸と縦糸が交差して、織物の柄が出来るように
私たちは人と関わっているなぁと感じるのです。

気に入らないから、糸を解いてやり直すというのは
出来ないルールになっています。
そこに既に編みこまれた模様にはみんな意味があって、
その後の横糸や縦糸に影響を与えるのです。
織物が折りあがってみればきっと、
ほどいて編みなおしたいと思った部分にも、
編みなおしたいと感じた理由にも、
大事な意味があると思います。

私はシュウトメちゃんに翻弄される時期を、
辛い気持ちで、長く過ごしましたが、
あれはあれで、その時の私の出した波動に合っていました。

あの時代に感じた悲しみや苦しみは、
私の幼少期や過去世に既に持っていたものが
顕在化したのだと今は思っています。
逆に言えば、顕在化してくれたからこそ、こんな悲しみや苦しみが
潜在意識の中に放置されていますという理解が生まれます。


ホ・オポノポノに惹かれたのは、こういう意識と
合う部分にはっとしたのも大きいと思います。

私はホ・オポノポノ初心者なので、これから書くことは、
もしかして、的外れな部分があるかもしれないことを
最初にお断りしておきます。


------------------------------

問題が顕在化させない方法を考えるのが
自我という表面意識のやり方ですが、ホ・オポノポノの考えでは
表面意識は何も知らないので、潜在意識の助けが必要です。

何か問題が起きて、自分の中に湧き上がってきた
不安や苦痛、悲しみといった感情は、
もともと潜在意識の中にあったものが顕在化されたもの。
浄化できる状態なので、顕在化してきたと考えます。

例えば、シュウトメちゃんが支配的で、私の言い分など聞かず、
ヒステリックに迫って私を苦しめた過去がありますが、
私はその状態に振り回されて、怒ったり悲しんだりしました。

私の理解している範囲で、ホ・オポノポノ的に言えば、
この時に立ち上がってきた感覚は、過去のメモリーにある
苦しみであり、悲しみでした。

かつて、そういう目に合った時の感情のエネルギーが
私の潜在意識の記憶に刻まれているので、
その感情は、繰り返し、クリーニングしてもらえるまで、
私の前に姿を現している、ということだったのです。


それに振り回されるのではなく、対策を考えるのでもなく、
潜在意識であるウニヒピリに話しかけ、
4つの言葉を繰り返して、クリーニングするのが大事なのでした。

------------------------------

ホ・オポノポノでは、自分に起きてくることだけでなく、
自分の見聞きする世界に起きてくることは全て、自分の責任と考えます。


これは「空」の世界観に納得した私には、
とても理解しやすい考え方でした。
みんな「空」で繋がっているのですから、
記憶を共有していたって不思議ではありません。

大切なことは、「空」の状態に繋がること。
自我(表面意識)を暴走させずに、天に任せる気持ちでいること。


瞑想が気持ちいいのは、意識が「空」に繋がるからでしょう。

色即是空。
現象化している「色」の世界に翻弄されず、
自分が「空」だという認識を持つこと。


------------------------------

瞑想すると、不要な考え事が浮かんできて
リラックスなどできないという話も聞きますが、
不要な考えは自我(表面意識)のおしゃべりですから、
それに支配さえされなければ、しゃべらせておけばいいと思います。
色即是空の「色」の世界で起こることに振り回されず、
クリーニングして「空」と繋がりましょうというのが、
今のところ、私の理解しているホ・オポノポノです。

ホ・オポノポノでいう「4つの言葉」は
ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています


私はこれを「ごめんなさい」から始めていることを
ネット友sioさんからご指摘いただきました。
全然気がつかなかったです。

最初は、私は多分罪悪感が強いんだなと感じました。
そのうち、ただそれだけでなく、私はあまりに「色」の世界、
目に見える世界にばかり振り回されてきたので、
ウニヒピリという本に出会う前まで、潜在意識に対して、
あまりに無知だったというお詫びでもあると思うようになりました。

「空」と繋がるために一番邪魔なのが、
「色」の世界の現象に過剰にこだわることだったから。


思い返せば、一昨日、大分のネット友みかんちゃんと
大阪で会って、2人で瞑想セラピーを受けました。

瞑想セラピーで泣き笑いするとは・・・! その1

瞑想セラピーで泣き笑いするとは・・・! その2

瞑想セラピーで泣き笑いするとは・・・! その3

この時から1年4ヶ月かかって、現在があるんだなぁと
しみじみ感じるほど、中身の濃い1年4日でした。

------------------------------

そういえば、昨年末、友人と占いをしてもらった時に、
今年の私を示すタロットカードを引いたら、
ドクロが鎌を持っていて、地面に切られた手や足が散らばる
怖ろしい死神のカードが出てひえ~と思いました。
しかし、タロットカードの読み方はいろいろ法則があるらしく、
この場合は死と再生のいいカードだと言われました。
古い手足を切り落とし、仕切りなおすわけです。

再生しましょう、と自分に語りかけてみました。

本日、限りなく怪しい日記を最後まで読んでくださった方、
人生に偶然はありません。(懐かしいでしょ?オーラの泉)

「空」と繋がってみてください。
何かの感情が湧きあがってきたら、潜在意識の傷かもしれないので、
よかったら、4つの言葉で浄化してみてください。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント