FC2ブログ

Post

        

千の風にのって

category - 日記
2013/ 09/ 26
                 
私の両親にはお墓がありません。

父が亡くなったとき、家から近い墓地には空きがなくて、
母は遠くにお墓を持つよりは、待つことを選びました。

母は車の運転が出来ませんでしたので、
自分が自転車で行ける場所にお墓が欲しかったのです。

待っている間に、自分が末期がん宣告を受けてしまいました。
私もよく知っている母のお友達が強く勧めたこともあり、
父は、お寺の合同のお墓に入れていただくことになりました。

「普通のお墓は管理が必要で、私が死んだ後、koalaが困るからね。
私が死んだら同じようにしてくれればいいから。」

------------------------------------


実家から車で10分ほどのお寺の納骨堂に、両親のお骨が納めてあります。
このお寺で、春と秋のお彼岸に法要があります。
本来のお彼岸は、お寺さんは忙しいので、
少しだけずれて、この秋も、今日が納骨堂法要の日でした。

朝10時からで、お昼もそこでいただき、午後にも続きがあります。
熱心なお寺さんで、お坊様のお話が長いのです。
私はここのところ、午前だけの参加にさせていただいています。
午後のお話を聞く代わりに、空き家になった実家に寄って、
簡単な掃除とお線香と読経と草取りなどして帰ってきます。

朝の読経の後のお話で「千の風になって」の生まれた経緯を聞きました。
新井満さんが英語版を訳したのは知っていましたが、友人を励ますためだったのですね。

奥さんを亡くした友人が、深く落ち込んでいました。
慰めてあげたいと心から願っても、悲しみはあまりにも深かったのでした。
そんな時、英語版の歌詞に出会い、その詩に感動した新井さんは、
日本語に訳し、曲をつけて歌い、友人に贈ったと聞きました。



------------------------------------


改めて今、「千の風にのって」の曲を聞くと、
元々は仏教圏の方の詩ではないですけれど、
私には「色即是空」の歌詞に聞こえました。

色はこの世の、目に見えるものの世界、
空はあの世の、目に見えない世界であるけれども、
2つは実は繋がっていて、形を変えているだけ、と思えます。
キリスト教圏では、「空」は神の愛の世界と言えるのかもしれません。


------------------------------------


懐かしいので、書き出してみました。
一時はそこらじゅうで流れていましたね、この曲は。

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています


------------------------------------


この曲に相応しく、今日の青空は雲のない真っ青な空で、
爽やかな、やや強い風が吹き抜けていました。

実家でしばらく過ごした後、近くのデンパークに寄りました。
母と何度行ったかわからないくらい行ったテーマパークです。
歩くのが体にいいというので、年間会員になって、よく歩きました。

お寺の納骨堂法要を半日サボって、ほっつき歩いている娘を
両親は風になって、仕方ないヤツだなぁと苦笑して、
でも微笑ましく見ていてくれるような気がしました。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
しみじみしたいいエッセイでした。死者の幸せは追憶される時、訪れると思います。

ある人から死んだら黄蝶になるから、春、黄蝶を見たら思い出してくださいとメールが来たので、私の化身はメジロですと返信しました。
私の方が先に死ぬでしょうから、メジロを見て、その人が思い出してくれたら、嬉しいと思っています。
No title
千の風が流行る前、もう10年以上前です。
新垣勉のコンサートで、この歌を初めて聴きました。
詩にも曲にも心が揺さぶられ会場で涙が止まりませんでした。
その時は43歳で亡くなった妹の死を、なかなか受け入れられなかった時期だったのです。
会場ですぐCDを買って帰り、何度も何度も聴いたものです。
そのあと1,2年で爆発的に流行ったと思います。
No title
おはようございます。

いいお話ですね。しみじみと読ませていただきました。
色即是空~私も主人を亡くしてから、見えない世界を感じております。
お母様も安心して、喜んでおられるでしょうねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s106.gif">
No title
sioさんへ

死者の幸せは追憶される時、訪れる。
ありがとうございます。
両親はとても幸せな顔で亡くなったので、
亡くして辛いという重いとは別に、
その笑顔は私の心を救ってくれました。

sioさんとお友達とのメールのやり取り、素敵ですね。

嫁として大変だった若い頃、とても辛い時に、
よく、蝶が私の前を横切ってきたのですよ。
夏の夜は、近隣の土地での花火が上がることが多かったです。
私への応援に思えて、心が和んだものです。
そんな遠い日のことを、ふと思い出しました。
No title
もこさんへ

大事な人の死は、亡くなった方が若ければ若いほど、
受け入れるのが難しいですよね。
妹さん、まだ43歳で逝かれたのですね。

この歌は、本当に、心を打たれるいい歌だと思います。

大事な人はあの世に行ってしまったけれど、
消えてしまったわけじゃない、風になって、
雪になって、鳥になって、星になって、
存在していてくれる、繋がっていてくれる・・・

心の琴線に触れる歌だと思います。
No title
ライムさんへ

このたびは、お母様の突然のご逝去、謹んでお悔やみ申しあげます。
優しいご主人がきっと上手にエスコートしてくださいますね。

ライムさんのお母様は、この世の肉体の痛み、苦しみから解放されて、
優しくライムさんを見守っていらっしゃることと思います。

お元気が出ますように。
No title
koalaさん、ご丁寧にありがとうございます。

はい、母はやっと楽になったのだと思います。今はあちらで懐かしい人たちと一緒ですから安心です。

ブログのご縁で、温かいお言葉、供養のお言葉いただいて、ありがたいです。本当にありがとうございますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s106.gif">
No title
うちのお寺さん(ちょっと変ですけどよくこう言うので)は声が良くて、
読経がいい調子なんです。
後の法話もとても心に残る話が多く、死んだら財産も何も持って行けない。でも財産を残して亡くなると、後に面倒が起こることがある。
あとの人に残すのは思い出が一番良いといわれました。
思い出すのが供養だとも。

お母様と何度も足を運ばれたテーマパークで、抜けるような青空の下
良いご法要の一日でしたね。
No title
悦子さんへ

和尚様の声がいいかどうかは大きなポイントですね。
私の嫁ぎ先のお寺の和尚様はすごく声がいいので、
実家のお寺さん、ちょっと不利かな。(笑)

声がいい上に、とても心に残るお話が多いというのは、
本当に素晴らしいですね。

思い出すのが供養。
sioさんも同じことをおっしゃっていました。
ありがとうございます。

悦子さんとお母様と叔母さまのお墓参りも、
故人はさぞ大喜びしたご供養だと思います。
素敵な場所のお墓で羨ましいです。