FC2ブログ

Post

        

仏の計らい

category - 日記
2013/ 07/ 30
                 
昨日のブログに興味を持たれた方、続編です。 
全く興味が持てない方も、当然いらっしゃると思います。


緑の字の部分は前書きです。本文はその後です。

個人の偏った考えですが、人それぞれ、今生のプランが違うので、
必要な状況も、必要な情報も、それぞれなのだと思います。

ピンと来るかどうか、という一見あやふやな見極めからですが、
その時に必要な情報にはピンと来るように出来ている気がします。
ピンと来る情報でなければ、今はご縁のない情報なのだと思います。
しかし、若い頃、無理して読んだ名作が全くピンと来なかったのに、
年を重ねてから読み返したら面白かったということもあります。
その逆もあると思います。

自分に役に立ったから、人の役に立つという確証はなく、
押し付けるのは愚かだし、押し付けられても困ります。
人はそれぞれのプランを、自分の選択で縁を作って生きていますので、
好きに生きればいいし、その結果悪い縁を作ってるよと思っても、
自分の意見を言う以上のことは、余計なお世話になりがちです。
私のようなおっちょこちょいは、余計なお世話に注意すべし。(爆)


------------------------------

ここからが本文です。では、まずは復習から。(笑)

「因」  物事を生じさせる直接の原因

「縁」  間接的な原因、条件

「果」  縁によって生じるもの

「業」  その過程の中で、「因」が「果」に及ぼす力


仏教にお詳しいsioさんからご指摘をいただきました。

臨済宗のHPの説明に「業」を自分の責任として受け止めて行け、
という言葉があったのですが、これは仏教的でないそうです。

仏教では、自己責任を強調することは多分ほとんどなく、
すべて仏の計らいであるという解釈が一般的のようです。

すべて仏の計らい!
最近、素晴らしい言葉に次々に出会うので幸せです。

------------------------------

生きていると、望まないことも起こってきます。
自分や大事な人が、重い病気にかかったり、
大怪我したり、死んだりします。
受験に失敗したり、失恋したり、裏切られたり、
失業したり、貧乏したりと、内容は様々です。

できれば避けたいことが起こり、避けることも出来ないことが、
多分、誰の身にも、例外なく、起こってきます。
しかし、そのすべてに「因」があり、それは自己責任。


これを言い換えてみると、こんな文になります。

できれば避けたいことが起こり、避けることも出来ないことが、
多分、誰の身にも、例外なく、起こってきます。
しかし、そのすべてに仏の計らいがある。


どっちの文が好きですか?
軽すぎる?
すみません、軽いブログなんで。(爆)

私は昨日は前者が素晴らしい!と感動しましたが、
今日は、後者は更に素晴らしい!と感動しました。

------------------------------

起こってくることが、たとえ自分の望みとかけ離れ、
辛いことだったとしても、それは起こるべくして起きたことで、
起きたことには意味があり、仏の計らいがある、と言うのです。

スピリチュアル界ではこれを「すべてはうまくいっている」
などとと言います。(by 越智啓子さん)
今の自分の学びにぴったりの出来事が起こってくるので、
辛いことでも、うまくいっている、と言えるわけです。

人間が自分の中の仏性に添っていくことができるようになるために、
一番ぴったりの事が起きていると思うことができれば、
それを仏の計らいと思うことができれば、
同じことが起こっても、受け取り方が全く違ってくるでしょう。

------------------------------

こういう問題が解決すれば幸せ、ではなくて、
その問題が起こってきたことこそ、仏の計らいであり、
そこに自分がどういう縁を付け加えることが出来るか、
それが自分の人生における選択、と言えるのではないか。

この考え方が、仏教的かどうか、私にはわかりません。
でも、とても惹かれる、腑に落ちる考え方だと思いました。

同じ苦難を乗り越えるにも、仏の計らいだと思えれば、
愚痴や不平不満、人への批判で心がいっぱいにはならないでしょう。

別に愚痴や不平不満や、人への批判をしたっていいのですよ。
でもそれは悪い「縁」を結ぶことになり、悪い「果」を招くでしょう。
正直な所、他の人たちにも大迷惑です。

愚痴や不平不満、人への批判を垂れ流されるのはきついものです。
シュウトメちゃんとの経験に限って言えば、かなりきつかったです。
私の一番の間違いは、シュウトメちゃんを変えようとしたことでした。
他人を変えようと思うのは、間違いでした。

私の学びとシュウトメちゃんの学びは違います。
シュウトメちゃんは自分の学びを自分でするだけです。
ただ、「縁」がある関係ですから、変えようと思わず、
縁のあった方に、敬意を持って意見を言う、結果は求めない、
というのが望ましかったのではという気がしています。
その時点では私にはそれがわからず、四苦八苦しましたが、
四苦八苦するのも仏の計らいだったのでしょう。

------------------------------

生かされて、学びの道を歩いていられること。
それ自体が、素晴らしい仏の計らいだと感じます。

私の雑駁な頭の中では、神様も仏様もごっちゃになっていますが、
精神的には無宗教の多い日本人には多いタイプでは?(苦笑)
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
考えさせられました
No title
自分の人生は宇宙のサイクルの一つにすぎず、
客観視すれば、何もたいしたことはない。
全ては仏の計らいですね。
・・・と共感したいですが、人間は失敗をする不完全な存在だから、
チャーミング、とも思います。
No title
そのすべてに「因」があり、それは自己責任。
と言われるのは、厳しいです。

そのすべてに仏の計らいがある。
という方が、優しいですね。
見守ってもらっていると感じます。
No title
始めに私は仏教に詳しいわけではありませんので、詳しいなどといわれると恥ずかしくなってしまいます。
ですから、あくまで私の知識レベルですが、解説されている因果論と仏の計らいという考えは、キリスト教や仏教などの宗教、あるいはスピリチュアルな世界認識に共通しているのではないでしょうか。
ご指摘のように信じる信じないは、その人の自由ですが、私はこの二つの考え方に随分救われました。苦しい時にはああすればよかったとか後悔が前面に出てきますし、なんでこんな問題に遭遇しなければならないのだという煩悶にさいなまれます。
しかし、因果論と仏の計らいという思想によって、なるべくしてなったので仕方がないのだという諦念が生まれますし、この苦しさも仏の眼から見ればなんらかの意味があるのだと思うことによって、無意味感から抜け出すことが出来ました。
koalaさんは、オシュウトメさんの問題という自分の問題に引き付けて仏教などを解釈しているので、理解が深くとても説得力があります。
私のこれからのテーマは病と死ですが、この問題に仏の計らいという思いをもてるかどうか試されている感じがします。
No title
この話は、何やらスーッと胸に来ますね。
まだ姉の死を引きずっている私には、ビビッと来ましたよ。
ゆっくり自分なりに解釈して見たいです。
No title
太郎さんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
長い文を読んでいただいてありがとう。
No title
ねえねさんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
しかし、ねえねさんのこのコメント、すごい!
>全ては仏の計らいですね。
・・・と共感したいですが、人間は失敗をする不完全な存在だから、
チャーミング、とも思います。

ホント、チャーミングなんですよね、その不完全さが。
これから、不完全だ、と感じた時、
なんて人間的でチャーミングなんだろう!って思うことにします!(笑)
素敵な言葉に出会う連鎖が起こっていて、毎日ワクワクしてます。
No title
もこさんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
そのすべてに仏の計らいがある。
という方が、優しいですね。
見守ってもらっていると感じます。

本当にそうですね。
見守って、慈愛に包まれている感じがします。
実際に、私たち、自愛に包まれているのでしょうね。
自己責任だ、という文も、父性的で好きなんですけど、
どちらかといえば、やはり、母性的な方が優しくて好きですね。

No title
sioさんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
何度もブログに勝手にお名前を出して、仏教にお詳しい、なんて書いてごめんなさいね。
私からすれば、とてもお詳しいのでつい。

私は仏教についてはよく知らず、仏教関係の書物もあまり読まないのです。
ただ、般若心経の現代語訳が流行った時には、何冊か読みまして、
心を揺さぶられた思いをしました。
特に柳澤桂子さんの本は、あまりにすさまじい大変な経験をされた末の言葉に満ちていて感銘を受けました。

原因も治療法もわからない苦しい病気にかかり、
ライフワークと思った仕事も続けられなくなったばかりか、
寝たきりに近い生活になり、医者からは怠け病だとまで言われ、
これほどまで辛い試練があるだろうかという生活でしたが、
そこから得た悟りといっても過言ではない心境を読んで感動しました。

今回もsioさんのおかげで、仏教のこころについて考える機会を頂、感謝しています。
No title
CIBさんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
お姉様とはとても仲が良かったのですよね。
ビビッときましたか?
では、きっと、CIBさんの魂は、この話にご縁があるのですね。
CIBさんの悲しみと喪失感が少しでも癒されますように。
No title
こんにちわぁ!
先ほどはねぇね様の所からありがとうございます!
気楽に遊びに来てしまいましたが
読んでると前のめりになったしまいました...とっても納得!感心しました..こんな素敵な話しを読んじゃうと自分が「宗教とは!」なんて大それたタイトルを付けてしまったのでしょうか?身の丈に合いませんでした>,<
仏教に詳しいわけではありません..弘法太子が好きで密教は少しばから書籍を読んだりはしますが...
そんな私からすると、「用は気の持ちよう」で良い事には驕らず
悪い事にもへこたれず受け入れる事が大事=悟りなんでしょうかね???
ストレスの世の中、確かに気の持ちようで人生が変わると思います^^
素敵な話しにポチさせてもらいます
No title
t☆m​u さん、おはようございます。
ご訪問&書き込み、ありがとうございます。

t☆m​u さんのプロフィール、今拝見したら0型なのですね。
一緒だわ~。そういう気がしたんですよ。(笑)

今から叔母を病院に連れて行かねばなりませんので、
こんな簡単なお返事でごめんなさい。
またゆっくり寄らせていただきます。

ねえねさんととても波長が合うのですね。
これからもよろしくお願いします。
No title
ツキを呼ぶ魔法の言葉を読んでも、どうにも心に響いてきませんでした。
すっごく大勢の人が感動して、人生が変わっていいことづくめのようなのに、
どうして私の心はこんなに扉がさび付いてるのか~
と思っていました。
同じ意味の事でも(自分におきる事は、全て良い事で、たとえ酷い状態、例えば
交通事故にあったとしても有難うという。そうすると物事がいい方向に不思議とすすんで行く)

すべては仏の計らいと言われると納得~
感謝までしなくて良いんだ~(笑)

まだまだ私の段階では、腑に落ちたり納得したりすれば気が済むようです。
No title
悦子さんへ

ツキを呼ぶ魔法の言葉!懐かしいですね。
私はあの本の著者にファンの方がプレゼントしたことから生まれた
お人形を、実家の母とお揃いで買ったので、懐かしいです。
座敷わら びーちゃんっていうお人形ですが。
母は末期のスキルス胃がんで、一人暮らしという状況だったので、
この人形が守ってくれる、なんて言いながら買いました。

私は言霊って信じる方なので、いい言葉を繰り返して言うのは、
母の寿命を延ばしてくれるかもしれないと、
まあ、わらをもすがる状態だったんで、母にも無理やり(?)
本を読ませたりしちゃってました。

ごめんね、悦子さんのコメントとずれまくり。(苦笑)
すごく懐かしかったので・・・。
コメントありがとうございます。