FC2ブログ
2013/07/23

Post

        

犬小屋を片付けました

category - 日記
2013/ 07/ 23
                 

 
愛犬メリーが17歳であの世に行ってしまったのは今年の6月4日のことでした。
 
我が家の母屋と離れの間を結ぶ、手前の小さな道の奥は砂利が敷いてあり、
そこに2つの犬小屋がありました。
1つはメリーのため、もう1つは、以前メリーに懐いたノラ猫のための犬小屋。
 
毎日、何度となく犬小屋を見て、時々たまらなくメリーが恋しかったですが、
その犬小屋を撤去する気になって、処分してきました。
 
元々ここは、砂利など敷いていなくて、土の場所でした。
メリーが元気いっぱいの時は、よく土を掘ったのです。
メリーの娘犬、ポンちゃんも良く掘りました。
 
ポンちゃんはずっと前に亡くなってしまい、
メリーも老齢が関係するのか穴を掘らなくなり、
私も草取りが大変なので、砂利になりました。
 
草取りが大変でも、土の上を歩く方が気持ちよかっただろうに、
飼い主の勝手で砂利にしてごめんね、メリー。
 
私が砂利の上にぺたんと座ると、、目が見えないのにわかるみたいで、
ちゃんと私の横にやってきたメリー。
メリーの顔をなでる私の手を舐めたがり、べちゃべちゃにしたメリー。
シャンプーですすいでいる最中に身震いして、水しぶきを振りまいたメリー。
ブラッシングするとごっそり毛が抜けてすごかったメリー。
 
今はもういないことを悲しむのではなくて、
ここに居てくれた日々をいっぱい思い出して感謝しようと思います。
この画像の場所に、もうメリーはいないし、犬小屋はないけれど、
メリーが振りまいていたピュアなエネルギーがきらきらと残っている気がします。
 
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
メリーちゃんが虹の橋を渡ってもう1ヶ月以上経つんですね?
小屋を片付けるの~、なんだか淋しいわぁ。

ペットレス症候群とかいう言葉もあるけど、
Koalaさんはまたワンちゃん飼いますか?

ナイス☆
No title
ねえねさんへ

犬小屋が亡くなった空間は、やはり淋しいのですけどね、
何だか急に、片付けよう!と思ったんですよ。

ペットレス症候群ではないと思います。
メリーは行くべき時に行くべき世界に旅立っただけなので。
淋しいというのは執着だな~と思います。
でも、可愛かったから執着があっても仕方ないかなとも思います。(笑)

短期間ですが、介護してみて、今から仔犬を飼ったら、
17年後の介護は体力的にできないな~とわかったので、
多分、もうわんこは飼えないです。