FC2ブログ

Post

        

シュウトメちゃんと叔母はこんな感じ

category - 日記
2013/ 07/ 17
                 
シュウトメちゃんは無事、入所しました。
入所期間はなんと3ヶ月に決定。

施設との最初の話し合いで、足りない分の薬の内容を
施設のお医者様の判断で、規定内の価格に収まるように、
一部変更にすることで、期間延長が出来ました。
これは以前もしていただいたことがあり、問題なかったです。

シュウトメちゃんが、今回の施設の入所には、
割に前向きなので、とてもよかったです。

前向きな理由はいろいろ考えられますが、
シュウトメちゃん自身が、この夏の暑さにへこたれていて、
熱中症にならないように気をつけるのにも疲れていたこと、
同じデイサービスを利用していた人が、着くなり体調不良で、
そのまま病院に運ばれましたが、脳梗塞を起こしていて、
引き金になったのは熱中症だろうという話を聞いていたこと、
前の入所の時に仲良くなった人が数人、今でも入所していたこと、
その3つが大きい理由かなと思っています。

ラッキーなことに、前回仲良くなった人が同室になっていました。
シュウトメちゃんの喜んだこと。よかった~。
何だか天に味方されてる気がします。(←単純なの、私。)

この上機嫌はいつまで続くのかわかりませんけれど、
入所理由を本人が納得しているので、あまり心配していません。

熱中症の予防が第一の目的であること、
家ではほとんど歩かないでエアコンの部屋にいるので、
施設のリハビリで足の力が弱まるのをなるべく防ぎたい、
水虫の傷から黴菌が入るのが心配なので願いします、などと
シュウトメちゃんの前で、スタッフさんに言った際に、
シュウトメちゃんもとても納得しているのがわかりました。

熱中症で死亡とか重体とか言われますが、
実際にはその何倍ものお年寄りが、熱中症が引き金になって、
狭心症を起こしたり、脳梗塞を起こしたりして、
死亡したり、重体になったり、そこまでいかなくても入院したりと
大変な目にあっているそうです。
だからくれぐれも気をつけてくださいという話を
デイサービスなどで聞いているので、理解が深まってます。

もちろん介護者の夏休み♪というのもあるんですけどね、
そのために入所してもいいなんて考える優しいお年寄りは少ないでしょうね。

3ヶ月の介護の夏休みをゲットしたのだけれど、
長男の生まれつきの病気の一つが悪化してしまい、
本人が結構ダメージを受けているのでルンルンとはいきません。
長男の病名は最後に「症候群」がつくのですよ。
同じ病名でも、多彩な症状が出る人もいれば、
出ないで済む人もいまして、長男は中程度、なのかなぁ・・・。
自分で受け入れて行くしかないことなので、
声かけして、子供の立ち直る力を信じて、見守るだけですね、親は。


------------------------

午後は膝の痛い叔母を病院に連れて行きました。

叔母の膝の痛みは、関節が磨り減っているためでした。
レントゲンを撮ってはっきりしました。
叔母も79歳だし、定年までは本当に動き回る生活で、
関節を酷使してきたし、仕方ないのでしょう。

痛み止めが処方され、膝にヒアルロン酸を入れていただきました。
これはとても痛い注射なので、叔母は嫌がりましたが・・・。

シュウトメちゃんも同じ症状があり、同じ注射を打っています。
私も明日は我が身、ですよね。
椎間板が磨り減ってるのだから、膝の関節も多分磨り減ってます。

人間の膝は酷使してしまうと、80歳くらいまでしかもたないのかな・・・。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
お姑さんの入所、延期されたんですね。
Koalaさん、ゆっくりされてくださいね。
息子さん、心配ですね。改善されますように!
No title
オシュウトメさん、入所を喜んでいるようでなによりです。3か月というとかなり長いですから、十分納得しているのでしょう。失礼ながら、将来入所することになると思いますが、それに慣れる意味でもとても良かったと思います。

ご子息ご心配ですね。私も病気ではないのですが、次男に心配な点があるのですが、親は自分を受け入れる、自律(自立でなく)できるように、支援するしかないですね。なかなか、理解してくれませんが。

よい夏休みになるように
No title
自分の身体を整えるだけでも大変になってきますので、
オシュウトメちゃんの3か月の入所はありがたいですね。
こういう朗報を知ると、介護保険の制度はよかったなと思います。
今日のようにちょっと涼やかな風があると、私は元気が出ますわ~
koalaさんもお大事にね。
No title
シュウトメさんの前向きは本当に嬉しいですね。
息子さん症状心配ですが、少しでも症状が和らぐと良いですね。
叔母さまの膝の痛みも良くなりますようにhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s357.gif">
No title
ねえねさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
入所は3ヶ月間になって、とてもありがたいです。
息子のことは心配ですが、受け入れるしかないことなので、
前向きにいようと思っています。
No title
sioさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
そう長くない先に、入所が待っている可能性もありますね。
急速に弱ってしまったらという場合ですが。
そうならないように、リハビリもしてねと言ってあります。
今、入所している施設はリハビリもしてもらえるのでありがたいです。

次男さんに心配な点がおありなのですね。
親はつい、何とか未然に防いでやりたいと願うものですが、
本当に、いろんなことが起きてくるのが人生で、
コントロールして安全な道を歩くなどということは不可能ですね。
一寸先は闇などと、昔の人はうまいことを言いました。
未来は見えません。手探りで生きています。
未来が見えないことを受け入れていくしかないのでしょう。
No title
もこさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
最初はてっきり28日だけの入所かと思ったので、
暑い盛りの帰宅は、入所で熱中症を予防しようという点からしたら、逆効果なのではないかと心が揺らぎました。

介護保険は本当にありがたいです。
大姑さんの時代にはありませんでした。
ただ、これが今後、どれほど国の財政を圧迫するかは
想像するだけで怖ろしいです。
No title
cibさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
本当にシュウトメちゃんが今回の入所を、
熱中症や水虫の傷から黴菌が入ったりすることから
自分を守るために有効なのだと考えてくれているだけでも、
どれだけ気楽かわからないほどです。
長男と叔母のことも気にかけてくださってありがとう。
No title
koalaさん、おはようございます。

いよいよ夏休みですね。
息子さんの事も含め、すこしでも楽しい三ヶ月を過ごされますように。
オシュウトメさんも、お友達とお喋りにリハビリにと気がまぎれて大丈夫ですよ。

膝の痛みといえば、母も先週位から旧にひざが痛くなり、立つのも座るのもとても痛そうでした。
「突然痛くなったから、多分突然直ると思う」とわけのわからないことをいうのを、
怒ってやっと病院に行かせました(87歳です)
結果「油切れやて~」
二週間に一度ヒアルロンサンを注射しましょうという事になりました。
とても痛いけど、一日中膝が痛かったのを思えば我慢できると言っています。

こうやって私も年を取るのだろうと、研修している毎日です(笑)
No title
悦子さんへ

ありがとうございます。
せっかくの3ヶ月の夏休み、有意義に過ごしたいです。

お母様の膝の痛み、私の叔母と同じですね。
油切れ。叔母のお医者様も同じ表現を使われましたよ。

関節って、使いますよね。
きっと使用期限が切れちゃうんですよね、使いすぎで。
私も既に左足の裏に水が溜まる、ベーカー嚢胞になっています。
関節の使いすぎでしょう、とのこと。
使いすぎてしまったものは元に戻らないのよね。

お母様、お大事に。
そう、明日は我が身ですよね、こういうことって。