FC2ブログ
2013/07/14

Post

        

痛みと不自由さを受け入れていくしかない生活というのは大変!

category - 日記
2013/ 07/ 14
                 
 
実は金~日のこの3日間、元々はシュウトメちゃんが既に入所の予定で、
何の心配もなく、旅行に行こう!なんて休みを取ってあったんです。
2泊3日って、もう長いことしていません。
シュウトメちゃんを残しての旅行は1泊がせいぜい、それでも大騒ぎ。
その後、施設がいっぱいで入所はキャンセル待ちということになり、
旅行どころじゃないね、と慌てて予定は中止。

今日はせめてランチしようと、ネットで調べたタイ料理屋さんに行きました。
ところが、満席で入れなかったんですよ~。
それで、結局は知っているうなぎ店で、ひつまぶしを食べました。
行列の出来ない、日曜日でもすっと入れるお店です。(笑)
でも、けっこう美味しいと思うんですけどね。
 

 
これはひつまぶし2人櫃。2人分がひとつのお櫃で出てきます。
愛知県以外のうなぎ屋さんって、ホントに「ひつまぶし」がメニューにないの?
素朴な疑問です。うなぎのお茶浸けを仕上げに食べるの、美味しいのに。
 
------------------------------
 
久々に叔母の施設に面会に行きました。
足に痛みがあるとのことなので、
水曜日に病院に連れて行く約束をしました。

叔母は以前にも足の痛みを訴えたことがあります。
その時は痛みが強かったので、
車椅子からベッドや車の椅子に移る際に、
全く自分で立てない状態でした。

叔母の痛みと不自由さも、本当に気の毒でした。

病院で受診するのも、腰を痛めた私には、車に乗せることも、
車から車椅子に移動させることも、トイレの際に
便座に座らせることも出来なくて、
病院のスタッフの方にお手伝いいただくしかなく、
親切に手を貸してくださったこの病院の皆さんには、
とても感謝しています。

今回はそこまでの痛さではないようでよかったですが、
膝周辺と足首周辺が痛いようです。
前回いただいた、痛み止めのお薬と塗り薬で、
様子を見ていたとのことですが、
悪化もしない代わり、好転もしないとのことでした。

------------------------------

シュウトメちゃんも、足の痛みは毎日あって、
毎日右ひざの表も裏も、痛み止めの湿布を貼り、
膝を支えるような装具をつけています。
装具が直接皮膚に当たるとすれて痛いので、
真夏でも、膝下まである下着を欠かせません。

17日(水)はシュウトメちゃんの施設入所の日です。
私は休みを取ってあります。
午前10時半に伺うことになっています。
叔母の病院送迎は午後3時半に施設に伺うことにしました。

叔母は施設でマッサージを受けているので、許可の書類を
主治医に書いてもらうように書類を預かりました。
叔母の主治医は内科の先生で、火曜日にしかいらっしゃらないので、
前日にも病院に伺おうかと思っています。

ついでに受診できればいいのですが、その日は仕事が休みでないし、
シュウトメちゃんのケアマネさんの訪問もあるので、
叔母の送迎と受診をするだけの時間は取れませんので、
2日連続で病院に行くしかないみたいです。
病院は自宅から近いので助かります~。

------------------------------

シュウトメちゃんにしても、叔母にしても、
痛みと不自由さを受け入れていくしかない生活というのは大変!

シュウトメちゃんが入所に前向きな理由がわかりました。
前回の入所で仲良くなった人たちがまだいることがわかり、
それも3~4人いるらしいので、心強いのでした。

叔母は足が痛いですが、その他は元気そうで、
ニコニコして機嫌も良かったので安心しました。

 
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ひつまぶし?初めて聞きました。昔名古屋の友達にウナギを御馳走になりましたが、ウナギが2段重ねになっていました。これも関東ではありません。おいしそう。

叔母さん、オシュウトメさん、お二人の介護大変ですね。せもオシュウトメさんは、入所を楽しみにしているようで良かったです。それが、せめてもの救いですね。
No title
うちの方にもひつまぶしはないです。
蒲焼か丼。

年取ると、意固地になる人も多いけど、
痛みとか不自由さがあって、私も年取ったら気持ちが分かるのかも
しれません。

いずれは通る道ですものね。
No title
sioさんへ

えっ?ひつまぶしって、聞いたこともないですか?
愛知限定ってホントなのね・・・。
うなぎとご飯って美味しいけど、味が単一じゃないですか。
それに変化をつけるために、最初は普通にうなぎとご飯、次に薬味をのせたうなぎご飯、最後にワサビと薬味でお茶漬けにして、
3回味を変えて食べるのがひつまぶしなんですよ~。

うなぎは以前はどこで食べても2段だった気がしますが、
うなぎ価格高騰の今では、そういうのにはお目にかかりません。
お高いお店にはあるのかもしれませんけど。

2人の介護、大変ですけど、最近は「介護されるほうも大変」という気持ちが強くなってきました。
介護される年月って、切ないものでしょうね。
No title
ねえねさんへ

そうなんですか。やはりひつまぶしってないんですね。
愛知県民って、きっと薬味が好きなんでしょうね。
今日のお店は葱と海苔でした。これは一般的なんですが、
青紫蘇も出るお店もあって、私、青紫蘇が合うと思うんですよね~。

機会があったら、ねえねさんにも、ワサビを入れたうなぎのお茶漬け、試していただきたいけれど、バリ島では無理ですね。(笑)

テレビでやっていましたが、脳の老化によって、我慢することが出来なくなるというパターンがあるそうです。
ムッとすると、その気持ちは、ストレートに出すことしか出来ない、
相手にも事情があるのでは?などと思考をめぐらすことも出来ない、んだそうです。

紫蘭さんの年齢の重ね方って、理想ですね。
No title
キホン、大きな鰻屋サンくらいしかないかも・・
それでもメニューにないところは多いと思うゎ

シュウトメちゃん入所すんなり?で良かったね
ウチのバッサマは弟夫婦がみつけた施設で、すでに10日目で文句タラタラ・自室にこもりっきりらしいっす^^;
あっちの施設から「どうしたらいいんでしょう?」と連絡ありました。
ヨロシクネ、的ではありますが。。。
No title
あら、愛知以外でも大きなお店ならメニューにあったりするんですね。
何だかちょっと嬉しい。(笑)

入所すんなり・・・ですが、2ヶ月ほどですから、
また途中で「地獄だ」って言い出すかも。

沙羅さんのお姑さんは、いわば弟さんご夫婦に丸め込まれたというか、
施設に入るなんて知らされずに突っ込まれたわけで、
それはすんなりと慣れることは難しいでしょうね・・・。
「どうしたらいいんでしょう?」というのは、
弟さんご夫婦だけに聞いて欲しいですよね。
らちが明かないから沙羅さんのところに連絡が来たのでしょうけど。
No title
「愛知県民は薬味が好き」っていう、koalaさんの説、
うなづけますねぇ。
ひつまぶしのわさび、ネギは味を引き立ててくれますもの。
うちは素麺にもいろいろ薬味を添えますよ~
No title
もこさんへ

薬味は大事ですよね。(笑)
ひつまぶしはわさびと葱で、こってりしたうなぎが、
ずいぶんさっぱりした味わいに変わりますよね。

私はそうめんの薬味では、紫蘇やみょうがが好きです。
愛知県民万歳?(笑)
No title
東京だから?ひつまぶしありますよ。
ただ本格的なモノなのかはわかりませんけどねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">
愛知出身の鰻屋さんなら、都内でも食べられますよ。

足の痛みは、本当に辛いですよね。
気休めでどうにかなる問題じゃないですからねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">
でも仲良しさんがいてくれて嬉しいですね。
No title
CIBさんへ

東京で、愛知県出身のうなぎ職人さんがお店を開いたら…なるほど!!
本格的とか、そんなたいそうなものではなくて、
薬味とだし汁があればいいだけのメニューですが、
愛知県民はこよなく愛してるの~。

痛いって辛いですよね。
何とかしてあげたいと思いますが、こればかりは…