FC2ブログ

Post

        

シュウトメちゃんのハイチェストは明日到着予定

category - 日記
2013/ 04/ 20
                 
http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fgekiyasukaguya%2Fcabinet%2Fliving3%2Fz110608l2401g.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fgekiyasukaguya%2Fcabinet%2Fliving3%2Fz110608l2401g.jpg%3F_ex%3D64x64

完成品で、激安で、サイズがちょうどよく、中が桐で、
スライドレールのついている、送料無料のこのチェスト、
ハイチェストの方を2つ予約注文してありました。
シュウトメちゃんへのプレゼントです。

ショップさんからのお知らせメールでは、明日到着とのこと。

まあ、シュウトメちゃんも7000円くらい払ってくれて、
(クリーニング代コミで1万円くれてクリーニングが3000円ちょっとだった)
これでタンスを買ってきてくれと言ったのですが、
これでは無理なんて言って、気持ちを翻されたら困るので、
喜んで差額を払うことにしたのですよ。
それにしても、スライドレールのチェストが1つ15,800 円って、
なかなかの激安だと思います。

ちなみに部屋までは運んでくれません。玄関までです。
別料金を払えば運んでくれますが。

これが実はkoala家の場合、とても都合がいいのです。
シュウトメちゃんの部屋は、結局、「捨てられないもの」で
溢れかえっているので、あの部屋に人は通せません・・・。
玄関からシュウトメちゃんの部屋にハイチェスト2つを運ぶのは
かなり大変な作業になりますが、それでもその方がありがたいのです。

実は、到着まで時間があったので、もし、シュウトメちゃんの部屋が
それまでに片付くようだったら、ショップさんに連絡して、
部屋の設置までお願いしようと思っていたのですが、
内心、無理だろうなと思ってて、実際も無理でした。(爆)

しかし、悪戦苦闘の末、それなりに不用品の処分は出来て、
部屋に溢れかえる服は、かなり減ったのでした。
それでも溢れかえっているとはいえ、2つハイチェストが届き、
その中に入れてしまえば、部屋にはちゃんと空間が出来るはず・・・。

途中で「わしはまだ生きとるんだ!」とシュウトメちゃんが叫びだし、
「生きてるから、気持ちよく暮らせる部屋にしてるんですよ」と
鬼嫁はさらっと受け流し・・・とホント、いろいろありました。

シュウトメちゃんは「もうどうしていいかわからん・・・」と
上の義姉に辛い心情を電話で伝えたんですよ。
これが功を奏しました!
上の義姉は、思い切りよく捨てるタイプの人なんです。
シュウトメちゃんは、手伝ってくれと泣きつき、
上の義姉は甥と共に来てくれて、かなり捨ててくれたんです。

鬼嫁が「もう5年以上着てなかったら、着ないんじゃないですか?」
そう聞いても、捨てないと言い張った服たちが、
実の娘に変わったら、どんどんゴミ袋へ。
私は仕事に行く日だったので、お昼食べていってくださいねと
買って来たお寿司とおやつを置いて出かけてしまいましたが、
2時間くらいでかなりゴミ袋が出来たそうです。
義姉さん、グッジョブ!! ありがとう~!!
それでもまだ部屋は捨てられないもので溢れてるっていうのがすごいけど。

その後も「あんた(koala)、○○を間違って捨てただろう?」とか
いわれのない罪を着せられたりしましたが、
何とか乗り切って、やっと明日はハイチェストが到着、
そこに入るだけ入れてしまえれば・・・とりあえずの大整理の決着がつきます。
この1ヶ月間の苦労は、きっと報われる・・・はず。(苦笑)
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
お姑さんのかわし方も道に入ったものですね。
素晴らしい。
No title
1か月かかりましたか、私の予想に反して整理できそうなのは、おっしゃっていたように粘り勝ちですね。

失礼ながら「わしはまだ生きているんだ」というオシュウトメさんのセリフには、思わず笑いが込み上げました。
洋服に埋もれて叫んでいるような場面が想像されて。

とにかく1件落着ですね。

ところで、ハーティから便りが来ましたが、お名前は雅子さんではありませんか。そんな感じがしました。もちろん、ノーコメントで結構ですが。
No title
よかった!よかったわ~
チェストのブログの記事から、随分日にちがかかったんですねぇ。
スライドレールって、軽くていいですね。
うちは台所で使っていますよ。
箪笥、両手でバランスよく引っ張らないと引き出しが開きません。
私も替え時かしら…
No title
箪笥を卒業してチェストですか。
しかもレールつき。
シュウウトメさんも喜ぶでしょう。
我が家のヘルパーさんは段ボールに投げ込み型。

アボカドは和歌山で作れますよ。
多分、千葉県でも作れるでしょう。
注意点は2つ。
大木になること。
2個以上種蒔きして異種を接ぎ木すること。
No title
ねえねさんへ

いえ、ダメなんですよ。
さらっと言ってかわすだけで、シュウトメちゃんを変える力はありません。
思いこむタイプなので・・かなり今、シュウトメちゃんはひがんでいます。
No title
sioさんへ

義姉にシュウトメちゃんが手伝ってくれと救いを求めなければ、
きっと片付けは不可能だったでしょう。

着なくなった洋服に執着するのは、現実が幸せではないからでしょうか。
シュウトメちゃんはすごく死にたくない人なんですよ。
チェスト騒動は、シュウトメちゃんの一番怖がっている
死を連想させることになってしまいました。
そんなつもり、全く無かったし、想定外でした。

ハーティの件、ありがとうございました。
sioさんはたくさんの方に感謝される道を選んでおられますね。

sioさんより約10歳年上のシュウトメちゃんは、
どこを間違ってしまったのかと考えるのは不遜なのだと思いつつ、つい考えてしまいます。
No title
もこさんへ

私のキッチンもスライドレールのを使っています。
お鍋や保存食品を入れていますが、便利ですよね。

シュウトメちゃんのタンスが開かないし、
衣裳部屋がダンボールや衣装ケースでぐちゃぐちゃだし、
着ない服が大量で場所をとっていたしで、
いいと思って進めたことなんですけど、
今日は怒り狂って叫びだし、泣き出して、びっくりしました。
そんなにダメージがあるなんて思ってなくて。

食事もおやつも食べていたので、深刻ではないと思いますが・・・。
気が重いわ、いくら鬼嫁でもね。
No title
dkさんへ

喜んでくれれば嬉しかったですが、ずっとご機嫌斜めで、
今日は泣き叫んだくらい、本人が動揺していまして、
そんなのを見ると、こちらも動揺してしまい、
想定外だったので、少し唖然としています。
時間が解決してくれるといいんですが。

アボガドは、日本の気候でも大丈夫なのですね。
大木になるんですか?
そしてあのアボガドがいっぱい成るの?
1度見てみたい光景です。
dkさんは物知りですね。
No title
スライドレールは便利ですよね。
父のタンスもスライドレールを選びましたよ。
お店の人からのオススメでした。
年寄りには良いそうですね。
シュウトメさんにも、その良さが伝わるといいですね。
No title
初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉に使われています。
私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
『バザー 豊能障害者労働センター』で検索してみて下さい。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)
No title
ナイス! 鬼嫁!

よかったですね、ガンガン捨ててくれて、さらに、捨てても文句を言いにくい人に捨ててもらったから、見当たらないものは、全部、非難を引き受けていただきましょう。
一度、物のないスッキリしたさわやかな生活を過ごしたら、あれどこ行った病が、少しは良くなるかもしれませんよ。

ファイト!
No title
せきぐちさんへ

ありがとうございます。
シュウトメちゃんの不用品は、人様に差し上げることが出来るようなものではないですが、
確かに、まだ使えるものを捨てずに、それが役に立つ施設に
引き取っていただけると言うのはいいですね。
まだ使える不用品が出ることも今後多いと思いますので、
その際には利用させていただきますね。
No title
tetsumamaさんへ

とんでもない~。
義姉はシュウトメちゃんにとって、とても大切なので、
その義姉が自分にいくらひどいことをしたとしても、
シュウトメちゃんは決して悪く思ったり言ったりしないと思います。
義姉に優しくされたいシュウトメちゃんの心はとてもナイーブです。

今、このコメントを書いていて、ふと思ったのですが、
シュウトメちゃんは他人にとても冷たいところがあるので
今までそう思わなかったんですが、自分の心の問題では、
実にナイーブな人だったのですね!
めちゃくちゃな部屋を少し片付けられただけで参ってしまうほど、ナイーブな人でした。

>一度、物のないスッキリしたさわやかな生活を過ごしたら、あれどこ行った病が、少しは良くなるかもしれませんよ

あれどこ行った病は、今のチェストに慣れたらよくなると思います。
ダンボールをいっぱい開けて調べるより、チェストを見るだけのほうが早いですしね。