FC2ブログ

Post

        

橋爪文さんの被ばく体験 その2

category - 日記
2013/ 03/ 28
                 
この内容は↓の文字起こしを、koalaが短くしたものです。
お時間のあるかたは、ぜひ全文をお読みください。


3.「生き残り」というのは「あ、こういう事なのか」と思ったんですね 8/5橋爪文氏(文字起こし)


--------------------------------------

みんなピカドン以来、食べ物はほとんど食べないので、
お腹が当然すいていると思います。
それでみんな重症を負っていますね。
でも、お腹がすいていることも、傷が痛いことも、辛いことも、
一言も、誰もそういう事を口にしなかったんです。

家もないので、近所の方と家族と13人で、
焼け跡から4本の焼け残った棒を拾ってきて、
それをがれきに突っ込んで建てたバラックで、上に焼け残ったトタン。
壁ももちろん無いですし、そして下はがれきです。

昼間は木陰も全然ない、見渡す限りがれきの、赤茶けた野原で、
夕方日が落ちると急に寒くなって、みんな重症なので、
夜露に当たらないように、座った人は座ったまま、
外側の人は頭だけ入ればいいっていうふうに、
みんなくっつきあって夜を過ごしたんですね。

ただくっつきあって寝てて、隣の人の体温が伝わってきて、
「ああ、この人は生きていて下さるんだ」と、口にはしませんが、
お互いにそれを感じながら、それで励まし合って、過ごしたそうです。

辛いこともあの時の事を思えば遥かに今の方がいい、
感謝しなければいけないと思うそうです。

自分も重症を負っていたけれど、逃げることはできた16歳の少年が、
橋爪さんのために、一晩中火の中に残って、
彼女の寝ている間、やかんに水を入れて、
死んでいく人達に一口ずつ水を与えて歩いていた姿を見たこと。

重症者達が、痛くて、空腹で、昼間は暑く夜は寒く、
今後どうなるか、わからない中で、
バラックで身体をくっつけあって、何にも苦情を言わなかったこと。

隣の人の事を常に思って過ごした、ああいう極限状態にあった時に、
「人間って素晴らしいな」っていう事を見た、と橋爪さんは言います。

--------------------------------------

ニュージーランドでいろんな中高生と話した時に、
「原爆によって哲学が変わりましたか?」と質問がありました。

「原爆で非常に悲惨で辛い思いをしましたけど、その中で、
極限状態の人間の素晴らしさを見る事が出来ました」と答えました。

次の日に先生が感想文を持ってきて下さった中に、
質問した男子高校生の手紙がありました。

原爆の話はとっても心に衝撃を与えたし感動したけれども、
私が一番感動した事は、文がそんな中にあって人間の素晴らしさを見たっていう、
あの一言に非常に心を打たれて、私もこれから文(橋爪さん)のように
人間の素晴らしさを信じて生きていきます、という手紙でした。
「あぁ、分かってくれたんだな」と思って橋爪さんも感動しました。

--------------------------------------


橋爪さんは、30歳の時に、いろんな病気があって、
病気のために東京に広島から移ったのですが、
通院しながら治療して、完全には治らないんですけれども、
よくなってきたということで30歳で結婚して、
30代で3人の男の子を授かりました。

長男さんが、ふっと橋爪さんと二人だけになった時に、
「お母さんの生き方をしてほしい、せめて5年でいいから
お母さんの、自分のために生きて欲しいね」と言ったそうです。

お金も時間もあまりないので、一つに絞って出来る事をしようと思って、
橋爪さんは、英語を選びました。
世界の中、アフリカとか東南アジアとか中南米、
非常に虐げられて苦しい生活している人たちが大勢います。
その人たちと直に触れて人間って、人間の幸せって何かを知りたい、
そういう方たちと触れ合っていきたい、
そのためには一人で飛行機に乗らなければいけないので、
それで英語の勉強を選んだんだということです。

英会話教室の先生はスコットランド人で、
先生が半年経ってスコットランドに帰る時に、
「文がスコットランドに行ったら英語が話せるようになるよ」って。
「ぼくは帰ったら推薦しておくから」って学校を紹介して帰って下さいました。
そのご縁でスコットランドの学校に行きました。

空の星を沈めた水槽の雨水で
わずかな食べ物を煮炊きした
星の光が痛いほど降る露天風呂で湯を浴びた
両手を思いっきり天に伸ばすと星の話が聞こえた
私は生きている
星がきらめいて答えた
お前は生きている
天の下の水槽の底にはミミズが住んでいた
ミミズと私は一緒に生きていた


その際、自分の被ばく体験を書いた詩を、英訳したものを
持っていって見せたところ、先生が被爆者ということで驚かれ、
まず先生方、それから生徒達に伝わりました。

目の前に原爆の生き残りがいるっていう事に先ずショックを受けて、
そのショックが自分の目の前に今原爆が落ちたようなショックで。
「言葉が通じなくても、私がここに存在するだけでこれだけ訴える力があるんだな」
っていう事を感じました。

「生き残り」というのは、「あ、こういう事なのか」と思ったんですね。

原爆なんて事は遠いアジアの国の昔の事だと思っていたところに、
目の前に生き残りの人がいたのでショックを受けたんだと思います。
14歳で被曝して、その時61歳でしたから。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
とてもいい話を書いていただきありがとうございました。
少年といい、橋爪さんといい、なんて素晴らしい方々だと思います。こういう人の話を読むと希望が湧いてきます。
私は「戦争」という本を大事に持っていますが、人間の奇跡のような勇気ややさしさ、自己犠牲などが描かれています。
ともすれば、虚無的になりがちですが、こういう話を読むと希望と元気が出ます。ありがとうございました。
No title
sioさんへ

読んでくださってありがとうございます。
私も、少年といい、橋爪さんといい、本当にすごい方々だと思います。
清らかな魂の日本人の原点を見る思いです。
妹を助けられなかった少年の痛みがどれほどだったかを思うととても切ないです。

人間の清らかな部分を際立たせてくれる話を見聞きすることは、とても大切なんじゃないかと思うようになりました。
逆に、嫌な部分ばかりを見聞きするようなテレビなどは避けたいという気持もあります。
No title
紹介してくださってありがとうございます。

人間としての崇高さ、感動しました。
私も人としてこうありたい、こうあれるように努めていこうと思いました。
No title
tetsumamaさんへ

読んでいただいてありがとうございます。
私も大変感動したので、ぜひご紹介したいと思い、
要約させていただきましたが、
書いていて、改めて感動したのは言うまでもありません。