FC2ブログ
2013/03/01

Post

        

ランチして、食の安全に思いを馳せた日

category - 日記
2013/ 03/ 01
                 
今日・明日と連休です。
土日は仕事なので、お楽しみの前倒し。
飲み物はノンアルコールビールです、念のため。(笑)

     

  



 
 
 
 
一緒に出かけた知人の行きつけの居酒屋さんで、
ランチを予約してもらったのでした。
ここはランチは普段やっていないので、完全予約制。
貸切でランチという、とても贅沢な状況でした。

丁寧な手作りのおばんさいを頂きながら、普段の生活でも、
豪華じゃなくてもいいから、こんなに品数は多くなくていいから、
家族のために、大丈夫と思われる材料を使って、
食べる相手の体にいいと思われるご飯を作ることって
とても大事だな、としみじみ思いました。

主婦業はパート勤めと違ってお給料はもらえないけれど、
お金にはかえられない大事な仕事です。
時間が取れなくて手を抜く日もたまにはあっていいけれど、
自分の体も家族の体も、とても大事なもの。
でも、いろいろなところに魔の手がある時代なのですよね。

----------------------------------

中国の薬物を過剰に投与されて育てられている鶏のニュースがありましたね。

中国の薬漬け鶏肉使用有無を日本の大手飲食チェーン各社回答

薬物を過剰に投与された鶏は、不自然な飼育により病気になりやすく、
病死した鶏肉が捨てられず出回ったのではないかというのは、
確か昨年末にニュースで読んだ気がします。
それが日本でも出回ったのではないかという疑惑が浮上したので、
今年また騒がれたということなのですが・・・。

中国では、鶏小屋の電気を24時間つけっぱなしで、
大量の抗生物質、成長ホルモン剤を投与して、
短期間で鶏を育ててコストを下げる飼育方法は珍しくないそうで、
今回騒がれた業者以外にもたくさんあるという話もあるようです。
中国産の鶏肉は、日本にもたくさん入ってきているはず。

----------------------------------

お金がとにかく大事だという価値観が沁みついていると、
自分の売ったもので、相手がどうなろうがかまわなくなるのでしょう。

適正価格というものがあります。
普通にある食品を作ればこの値段になる、その価格を破壊して、
こんなに安く買えるの?!という感動的な値段にするためには、
いろいろな創意工夫が必要です。
その創意工夫が、どれほど体に悪くても、安くて、そこそこの味に、
という考えでなされることが多いのは、日本も同じではないでしょうか。
中国より国の規制が厳しい分だけ救いがあるだけで。

----------------------------------

ファミレスお代わり自由コーヒーは食品添加物の液体/食品添加物30

食品添加物のリン酸塩を増量剤として、コーヒーの粉に混ぜると、
リン酸塩の抽出増量作用で、通常の何倍も多く取り出せるそうです。
味が薄まるので、さらに酢酸ベンジルなどの合成香料や苦味料を混ぜ、
コーヒーと同じような味・香りに仕立てるという工夫がなされているそうです。

----------------------------------

回転寿司の真相

回転寿司の玉子焼きは中国などの2年前の冷凍液卵を使っていることもあるそうです。
加工食品や弁当チェーン店・居酒屋・ファミレス・ファストフードなども同様とか。
生の卵を1つずつ割っていたら、手間や価格が高くついて商売にならないからです。
2年前の冷凍液卵では、どんな病原体に汚染されている卵か分かりません。

回転寿司の鱈子や明太子は、魚卵も作り方もニセモノでだそうです。
回転寿司店やよく見掛ける市販の鱈子は、純米みりん・純米酒の代わりに
20種近くの化学物質(食品添加物)を使い、
全く異なる方法で短時間のうちに作ってしまうそうです。

ウナギはもちろん中国産でしょう。
想像以上に水銀や農薬で汚染されているそうです。
次々と水銀・ヒ素やマラカイトグリーンなどの抗菌剤、
大腸菌や日本や欧米で禁止されているDDT・有機塩素系農薬、
その他の違法薬物が検出されているとのこと。

ネギトロは、偽装魚のアカマンボウを混ぜたり、まぐろを使わずに
白身魚に合成着色料で着色したものさえ出回っています。
このような素材なので、植物油やラードなどの油脂、あるいは
ショートニングや成分不明なとろみ油が混ぜ合わされて作られるとのこと。

----------------------------------

食材のコストをさげるための怖ろしい創意工夫は
いろいろなところでなされていて、それを全て見破るのは無理というもの。
でも、あまりに安い商品には、こうした罠がある可能性があります。

私も節約したいので、安いものによく手を出しますし、
楽したいので、市販品の楽に調理できる物を買うことも多かったですが、
素性の知れた(と思われる)食材を買って、
真面目に作られている(と思われる)調味料を使い、
安全(と思われる)な食事を家族に作りたいし、
家族自身にも、そういう意識を持って欲しいなと思いました。

あまり神経質にならずに、ですけれど。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ランチ、美味しそう。
品数多くて、大満足ですね。

食の安全について
読むと怖くなりますが、安心安全なものを100%摂ろうと思うと、
どれだけのお金と手間がかかるのか?と思います。
インドネシアもひどい状態です。
テレビ観てても奇形児が多いんですよね。
妊婦の体内に化学的な異物が蓄積されてるからでは?なんて
勝手に思ってるんですけど。
個人の努力でどこまで改善できるか分からないけど、
一人一人が関心をもたなくてはいけないです。
でも残念ながら、貧困と不誠実な食品は比例するんですよね。
No title
姉が以前添加物の反対運動をしていたので、食品公害には関心があります。姉の話ですが、先日テレビで、菜食主義に切り替えた女性が原因不明の、身体を引き裂くような苦痛の病気にかかり、ようやく原因を突き止めたら、狂牛病?だったそうです。30年近く潜伏していたのですね。同じことが放射能汚染でもでないかと不安です。

コーヒーのことは知りませんでしたが、外食産業や主婦が料理離れで加工品を使うようになっているので日本の食は危ない感じがします。
企業の論理は、どうしても安全より利益ですから。

キャベツとかもやしとかニンジンとか刻んで一袋にして売っていますが、妻に言わせると、あれは悪くなりにくいから絶対防腐剤が入っているといっています。どうなのでしょう?
No title
ねえねさんへ

インドネシアの場合は、もっと食品添加物の知識が
行き渡ることがきっと大事ですね。
あの、ものすごい色のケーキを、きれいだと言って買って行く人が
多い時点で、かなり問題です。
奇形児が多いんですか?
何も知らないで、食べたものが蓄積されて・・・と思うと本当に気の毒です。
国が規制してくれるといいのにね。

日本の場合、カラフルな色のケーキのような
わかりやすい危険さはないのですが、
危険そうに見えない分、犯罪性は濃いですよね。
No title
sioさんへ

お姉様は添加物の反対運動をしていらしたのですね。

私もその狂牛病のテレビを見ました。
お嬢さんが、どんどん体調を崩して亡くなって行きました。
もともと、牛の骨の粉を牛に食べさせるという、
牛の身になったらホラーのようなことをして生まれた病気です。

食べることへの感謝も忘れ、お金儲けに狂奔した結果だと思います。

食べ物・飲み物という、直接人体に、大きな影響を与えるものに、
わからないように、毒になるようなものを混ぜて安く上げることに従事する人がたくさんいるというのは、怖ろしいことですよね。

野菜は刻んだらすぐ酸化していくものなので、そうならないのは、
切ったあと、薬剤に漬け込んでしまうとか、何かしているんじゃないかなと思います。
昔、カレー店でアルバイトした経験がありますが、本部の指令で、
レタスを薬剤を規定の濃度に薄めた水に漬け込んでから使いました。
びっくりしましたよ。
そのバイトは、結局辞めました。
No title
↑のコメントにもびっくりです。
食品は生協の品(これも怪しい?のが多くなってきました)や、農協、産直市場で求めています。
たまに、大手のスーパーに行くと野菜のきれいな色つやにびっくりします。
消費者がそうさせてしまったんですよね。