FC2ブログ

Post

        

運命は自分が生まれる前に書いた青写真だと感じてます

category - 日記
2013/ 02/ 20
                 
叔母が立てなくなったことも、自分の椎間板ヘルニアも、
シュウトメちゃんの足が弱っていることも、
いい方向に進むといいなとはもちろん思います。

でも、いいと思えない方向に進んだとしても、
そうだったら生まれる前に了承済みの運命、という
スピリチュアルおたく特有の(?)感覚があるので、
ものすごく心配、という気持ちではありません。

両親がそれぞれ末期がん宣告を受けた時、この気持ちがあったら、
もう少し辛くなかったんじゃないかと思いますが、
それはそれで仕方ない事ですね。
私は、その苦しみを受け入れるつもりがあったのだと思います。



---------------------------------


昨年の9月に大阪で、瞑想セラピーを受けたんです。
途中、病気を背負って生まれた長男のことで、
かわってあげたかった!と私は泣き出し、
そして、突然、わかって、こう言いました。

そうか、大丈夫だったんだ!
あなた(長男)が経験しようと思ったことが起きただけだった!

その後も長男への子育ての反省の言葉が続くのですが、
これも途中で、突然わかるんですよ。

(ふっと気がついて、びっくりして)
可哀想な人なんていないの?!
みんな、自分が経験しようとしたこと経験してるだけ?!

---------------------------------


私は若い頃は、ずっと自分を責めていました。。
長男を病気で産んだのは、妊娠初期に、
心配で嫌だったのに、大姑の介護を姑に命じられてやっていて、
それがおなかの子に悪くかったためだ、私しか守れなかったのにと。
ハンディがある子を育てるのだと気負いすぎ、
子育ても振り返ると、反省すべきことだらけで、
やはり自分を責めるしかできませんでした。

その後、いろいろ有益なアドバイスをしてくださる方に出会い、
自分を責めるのは間違っていたと思うようになっていて、
もう責める気持ちから卒業したと思っていたのですが、
瞑想したら、あっという間に自分を責める気持ちが出てきて、
その後、そうだったんだ!と大きな声で言いはじめました。


---------------------------------


詳しくは↓を。その時の日記です。
 
 
 
(最初、うっかりして楽天ブログのリンクを貼りました。
以前は楽天ブログとヤフーブログは違う内容のブログでした。
こちらは元々は「koala家の食卓」という晩ご飯アップのブログでして、
その後、放射能ブログになった経緯があります。
現在、2つのブログを書く元気がなくなって(笑)、でも、それぞれにネット友ができたので、
同じブログをコピーしてアップしています。
全く同じ内容なので、ややこしくなくすため、ヤフーのリンクに貼りなおしておきました。)
 
料理ブログだった頃はこんな記事⇒ ここをクリック
原発ブログだった頃はこんな記事⇒ ここをクリック

---------------------------------


この時の瞑想の印象が、今も強く残っています。
運命は、自分で経験したくて生まれる前に選んだもの。
瞑想からさめてみれば、時々は「違うんじゃない?」と
疑念が湧くこともあるんですけど、どうも確信があるの。(笑)

自分に関して言えば、運命は多分自分で決めてきたので、
自己責任で(笑)受け入れようかなと思っています。

こんな運命は嫌だと思ったら、選んだ理由を考えて、
その理由を自分の中から消すという裏技も、
使えるケースもありそうと個人的に感じています。

時々怪しくなるkoalaの日記、本日は怪しい日でした。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
Koalaさん、楽天ブログもされてるんですね。
そちらの方も読ませて頂きました。

私も概ねKoalaさんと同じ考えです。
「運命は自分が生まれる前に書いた青写真」だと。
なので何があっても、自分の計画通りにうまくいっている~と
思える(思うようにしてる)のですが、今までの自分の人生が
自分の人間の器の許容範囲内だからかもしれません。

例えば、津波で家が流され、家族友達全員死んで、仕事も健康も失ったとします(そういう人、大勢います)。
それが自分だったとしたら「自分が書いた青写真」と思えるかどうか・・・自信ありません。

「運命は自分が生まれる前に書いた青写真」かどうか、本当のところは分からないけど(死んでないので)、そう思った方が生きるのが楽だからそう思うようにしています。
「自分で書いた青写真」だということを、受け入れた人にだけ
当てはまり、そうでない人には当てはまらない理屈なのかも。

深刻な事態に陥っても、どっか面白がるように心がけています。
No title
なるほど…胃が痛くなる気持ちから解放されそうです(o⌒∇⌒o)
ジタバタしても仕方が無いんだよね。うん、了承していたんだ。…と思うようにします。
シメるトコはきっちりしながら、割り切って笑って過ごしたいですね。
No title
ねえねさんへ

この瞑想会の前日に、氷室奈美さんという霊能者の漫画家さんの
講演会に参加したとき、そういう話が出ました。
その時は、親子の話でしたが、世の中には、虐待する親もいるでしょう?
そんな場合でも、その子供は、その親を選んで生まれてきたのですか?と質問したんですよ。
自分を餓死させたり、タバコの火を押し付けてやけどさせたりする親を選ぶ子供がいるとは思えないと。
信じられないのも無理はないけれど、答えはイエスだと言われました。

こんなに辛い運命を選ぶはずはないと思える状況でも、
何らかの理由で了承したのであって、了承しないことは起きてこない。
東北の津波の犠牲者の方たちについても、同じです。
氷室さんのお考えでは、了承して津波で亡くなる道、あるいは生き延びて苦労をする道を選んだ、ということで、同じようなことをバシャールも言っていました。
今回の放射能の被害にあう人は、前回原爆で亡くなった人たちの転生が多いとも、バシャールは言っていました。

あまりにも壮絶な選択なので・・・虐待の話と同様、自分がそうなったら、そう思えるかはわかりません。
No title
CIBさんへ

胃痛の原因は、例の変なことを言いふらす人ですね。
私も以前、似たような人が会長のとき、副会長をしたので、
お気持ち、わかるんですよ。
周囲の声は一切聞かずに、koalaさんも同意見だと嘘を言って、
暴走しちゃう人だったので、苦情が私に殺到して困りました。

ただその時は、周囲の多くの人は、会のためにどうするのが一番か、
一緒に何度も会長抜きで話し合いをしてくれて、
私の味方になってくれたので、切り抜けられました。

暴走する虚言壁のある人の言うことを信じる人はいますから、
言われる方は、堂々としているしかないですね。
とにかくCIBさんの今回場合は、お友達さえ守れればいいと
腹をくくったら、ちゃんとわかってくれる人はいると思いますよ。
あと少しで任期終了ですね!
No title
私には充分怪しい記事ですが、怪しい記事は好きなのであとで読ませていただきます。

私は親鸞のいう業の概念が心に浸透しているので、自責の念は誤っているという確信は揺るぎません。「人は業がなければ、人を殺したいと思っても殺せないし、業があれば、殺したくないと思っても殺してしまう」という業の教えです。行為は無数の縁によって生じているので、すべてがあるべくしてあるのだと思えます。

四苦からスタートした仏陀が、最期に「人生は甘美である」といいましたが、この人生の肯定観が、頂上で、そこに至る道がkoalaさんはスピリチュアル、私は仏教的という違いなのだと思います。まだ、7合目くらいなので頂上に立ちたいです。
No title
「人は業がなければ、人を殺したいと思っても殺せないし、
業があれば、殺したくないと思っても殺してしまう」

そういう考えがあるのですね!
初めて知りましたが、すごい考えだと思います。

親鸞によれば、その業はどこからくるのでしょうか?

「善人なおもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」と説いたのは、
業を背負っているために悪人となった人間の、
その業を絶つことが、人間の力では難しく、
仏の力で可能であるということなのでしょうか?

仏教にも興味はあり、たまに本なども読むのですが、
今日のsioさんの書き込みくださった内容はとても濃いですね。
「行為は無数の縁によって生じている」というのは、本当にそうだと思いました。
No title
家族がすさまじい状況ですね

運命は自分が生まれる前に書かれた青写真、に引き寄せられてきました。
ならば、自分を責めることも運命の青写真でしょうか?
記事内では、運命は自分で決めてきた自己責任かな?
とあります、気分や都合でどっちつかずはイイのですが俺からしたら

自分を責めることに慣れてしまっている、
現状を自分を責めることで誤魔化している、
自分を責めないと生きてゆけなくなってしまうゆえに
自分が出来ることを探した結果が自分を責めるしかなかった
のだと思います。

それと、
自分を責める余裕がある、から責められたのではないでしょうか?
出来ないことは出来ないで良いんですよ、あなたは無理強いし過ぎている、、逆に現実逃避のために自己防衛本能が自分を責めさせているのかも、責めるのは止めたほうが良いよ負を招きやすくなるから。
No title
T1さんへ

ご訪問&書き込み、ありがとうございます。

>自分を責めることも運命の青写真でしょうか?
素晴らしい慧眼ですね!
そうなんでしょうね、きっと。
気がつかなかったです。

自分を責めないようにと考えると、責める自分を責めるという
笑えないジョークのような状況になることも起こると言われます。
自分はその時の自分に出来ることをしたのだから、
それでいい、んですよね。
でも今の自分はかつての自分の過ちが見えるから、
どうしてあの時その過ちに気がつかなかったんだろうと思ってしまう。

結果を背負うのが自分でなく子供だという点で、
出来ないことは出来ないで良いとは思いにくいのがあります。
子供が自力で自分の人生を切り開いていく力を、
信じることが出来るようになったとき、その呪縛から自由になれる気がします。