FC2ブログ
2012/12/24

Post

        

マザック美術館 ブロガーデー報告 その5

category - 日記
2012/ 12/ 24
                 
今まで、エミール・ガレの作品の中でも、
死を意識したものをご紹介しましたが、
もちろんそういう作品ばかりではありません。

こんなコミカルな作品がありました。
ガレ作品の中では、異色なものでしょうけれど、
根底に自然への愛情があるので、コミカルを越えた美がありますね。




ペン皿「緑色の善良な小市民」
葉っぱを食べている赤い虫を、カエルが狙っています。
赤い虫はカエルに食べられる危機的状況にあるのですが、
カエルに気がついていないので、無心に葉っぱを食べているのでした。

北斎漫画の影響があるとのこと。

日本は鎖国を解いてから、磁器を輸出するようになったのですが、
その包装紙に、北斎漫画が載っていたのだそうです。


--------------------------------


ガレが好きなのと、晩年の作品に圧倒されたので、
そういうものばかり先に紹介してしまいましたが、
同時期に活躍したティファニーやドーム兄弟の作品も素敵でした。



 



ティファニーのランプです。
都会的で垢抜けていますね。



--------------------------------





 ドーム   
      右 草花文花器    左 葡萄文花器

ちょっと撮影に失敗しまして、失礼しました。
左の花器の上に後ろの展示品が映ってしまいました。

ドーム兄弟も、ガレと同様、父親の跡を継いだ実業家でした。

ガレの晩年のすごい作品を見た後、こちらを見たので、
正直な所、心惹かれたりしなかったのですが、
商売的にはこちらの方が儲かりそう、なんていう思いも湧きました。
高品質の割に低価格で手に入りそうだし、大量生産向きで、
どんな部屋にも似合いそうです。





  ドーム 花形ランプ

画像ではランプの明るさで見えないですが、
花の葉脈が透けて見える、きれいなランプです。

それにしても、エミール・ガレ、ティファニー、ドーム兄弟、
みんな100年以上前の作品なのに、今見ても実に素晴らしいです。
本物というのは、そうやって時を越えて人の心を打つのですね。
ガラスという材質の、無限の可能性も見せていただいた気分です。



--------------------------------


鑑賞した時間も、ブログを書く時間も、
私にとってとても素敵な時間でした。

ヤマザキマザック美術館は、間違いなく素敵な美術館ですので、
お近くの方はぜひどうぞ。お勧めします。

長いレポを読んでくださった、もしかしたら数少ない(笑)皆様に、
心からのお礼を言いたいと思います。

実のところ、数少ないというのは全く問題ではありません。
私はただ感動して長いブロガーデー報告が書きたくなっただけです。

その私の感動とマッチした波長の感性の方は、
長くても、面白く読んでいただけたでしょうし、
そうでない方には長々としたつまらない報告に思える、
ただ、そういうことだと思うのです。

こういうレポートのブログに限らず、ブログというものは、
波長が、たとえ一部でも、一致する人同士が、
引き合うものなのかもしれませんね。

以上でブロガーデー報告を終わります。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ご紹介くださり有難うございました。
企業が運営してる美術館であるにもかかわらず、見ごたえありますね。

ホント、100年前の作品と思えないくらい新鮮です。

ナイス☆彡
No title
ありがとうございました。
私も、作品を前に巡っていた気分です。
どれも素晴らしくて、感動しました。
それに、koalaさんの解説がとてもわかりやすくて、美術品に疎い私でも、とても興味深く観賞する事ができました。

これ、永久保存版です!

ほんと、ありがとうございます。心が豊かになりました。
No title
koalaさま、おはようございます。
私にもkoalaさまの解説がわかりやすくていいブログです。

こちらは薄っすらと晴れてきました。

冬には、大根、白菜、人参が重宝します。
だから葉っぱつきの大根。
大根の葉っぱは漬物にしました。
塩控えめにネ。
まだ残りがあります。
今日のヘルパーさんにフリカケにしてもらおうかな。
No title
一瞬皿の部分が浮いて見えて芋虫だと思いました。

シェードは綺麗です。教会のステンドガラスもそうですが、日本の美との差異は際立っています。でも両方ともいいと思います。
No title
ねえねさんへ

最初から丁寧に読んでいただき、ありがとうございました。
1時間半ほど解説付きで鑑賞したのですが、
それでも駆け足で見てきた感があり、
もっと丁寧に見たいので、また再訪すると思います。

ナイス、ありがとうございます。
No title
tetsumamaさんへ

お子さんが小さいと、なかなか美術館に行けないですよね。
私も子育ての時期はそうでした。
鑑賞気分で見ていただいてありがとうございます。
No title
dkさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。

dkさんの食生活、とてもいいですね。
ヘルパーさんたちの心がこもってて、dkさんは、その気持ちも一緒に召し上がってる気がします。
元気百倍ですね!(笑)
大根の葉は、菜めしも美味しいけれど、漬物もいいですよね。
油揚げと炒めたのとか、お味噌汁に入れるのも、私、好きですよ。
田舎のメニューだぁ。(笑)
No title
sioさんへ

芋虫に見えると言われて改めて見たら、見えました!(笑)
なので、急きょ、解説を付け足しましたよ。

ステンドグラスのティファニーランプを作ったのは、
ジュエリーの名門ティファニー社の創業者の息子さんでした。
家業を継がずに、ガラス工芸の道を歩んだんです。
ニューヨークに「ティファニースタジオ」と言うのを作って活動しました。
美しいですよね。
私も両方ともいいと思います。(笑)