FC2ブログ
2012/08/25

Post

        

岐阜旅行1日目 後半

category - 日記
2012/ 08/ 25
                 
旅レポの続きを書く前に、。ご報告
シュウトメちゃんは私の留守中、ポータブルトイレを
1度も使いませんでした。
やればできるじゃん。(上から目線?!)

-------------------------

さて、旅レポの続きです。
巌立峡の温泉を後にして、車で1時間半。

「関観光ホテル」に到着して、さっそく夕食。
小瀬鵜飼というのに興味があったので、
じゃらんで検索したら、このホテルがヒットしました。

鵜飼パックの宿泊客は、5時に夕食。
早いです。晩ご飯食べる時間じゃないです。
お昼は軽くざる蕎麦にしたんですが。
予約してあったのは、鮎づくしコースです。

このホテルも親切でお値打ちで、
船が出るのも目の前の場所でよかったですが、
鵜匠さんの経営する宿もあったみたいです。ここクリック。
帰ってから、私の泊まったホテル客だけじゃないわと思って、
ネットで調べてわかりました。

関観光ホテルの一番安い鵜飼パックと比べ、
1人1万円程プラスにはなりますが、レアな経験なので、
こっちの方が面白かったかも。
行こうかと思われたら、ご検討ください。
まわしものではありません。(笑)
  •  
  • 私が今回感じたのは、鮎大好きというけれど、
    私が好きなのは、ヤナ鮎みたいな場所で、
    三角巾をあたまにつけたおばちゃんが、
    焼きたての塩焼きを持ってきてくれるような、
    そんなのが大好きなのだなぁってこと。
    ホテルでいただく鮎のコースじゃなくてね。
    貧乏性?(笑)

    さて、お待ちかねの鵜飼に出かけました。




ホテルから徒歩で目の前の長良川の川岸に行き、
船に乗り込みました。
私たちの乗った船は、お友達らしい2夫婦のグループと、
若いお嬢さんの2人組と私たちの計8人の乗客。




鵜匠の足立さんの説明がありました。
小瀬鵜飼は、宮内庁式部職の鵜匠さんがやっているそうです。
鵜飼で、本当に鵜を使って天然鮎を取るのが目的で、
年に8回、お納めする鮎を取る日が決まっているそうです。

ちょうどこの日が、その鮎を取る日になっていて、
普段は、見学後の片付けも説明つきで見学できるのが、
今回は、献上する鮎を取るのに忙しいので、
そのサービスがない旨が再び説明されました。
(じゃらんで宿を予約したら、宿から電話がありまして、
その説明をされて、それでもよろしいでしょうかと、
丁寧なお伺いがあったので、知っていました。)

鵜匠さんの乗る船が3つあって、
それについていく、というか、横から見る形で、
乗客を載せた屋形船が一緒に川を下ります。

川の片側は山で、一切の灯りはありません。
闇の中、屋形船の提灯の灯りと、
鵜匠の乗った船の松明の灯りがあるという
なかなか素敵な舞台での催しです。




本当に、すぐ近くでこの風景が見られます。
小さな屋形船で、手を伸ばせば、川の水にも触れられます。

鵜匠さんはかがり火の火の粉をけっこうまともに受けてます。
火の粉から頭を守る帽子、服の胸当てなどは、
必需品なのだとよくわかります。
帽子も服も色が濃いのは、闇に溶け込む色だから。

かがり火で、鵜がよく鮎を見られるようにするため、
時々、木を足していました。
鵜の数は8~10羽くらいかな?と思ってみていました。
鵜が鮎を飲み込んだ!と思われたらすぐに
鵜を船に引っ張り出して、吐き出させていました。
小さな鮎は鵜が飲み込めるようになっていて、
必死で鵜が鮎を取るように、おなかが空いた状態になっています。



  •  



あっという間に船の時間が終わってしまいました。
鵜匠さんたちは、多分必死で、献上する鮎を取り続けていました。
いい鮎がたくさん取れたかな。

-----------------------------

今日も仕事は休みなのですが、キッチンの掃除してます。
28日に床のクッションフロアをはりかえるので。
追いつめられる前に、もっと早く掃除を極めればいいのに、
目前に迫ってから焦っている私。
休憩時間に椅子に座って旅レポ書いてます~。(笑)
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
いかにも楽しそうな旅レポで、私も同じように楽しめました。まだ見ていないので鵜飼は見てみたい。
アユは独特な香りがして美味しいですね。
豊かな思い出がまた一つ増えたことと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オシュウトメさん、よかったですね。気配りをしすぎた面があったのかもしれません。
No title
ねえねさんへ

画像が見えなくて失礼しました。
やり直したのですが、見えるでしょうか。

トイレ問題は、安心しました。
No title
sioさんへ

鵜飼は場所によって特色があるようで、
私の行ったところは、近くにもっと有名な場所があり、
そんなに混まない所なんです。
それほどショー化されていない感じでとてもよかったです。

トイレ問題、安心しました。
頑張ってあと5メートル歩いてくれたんですね。
No title
すてきな旅レポート、ありがとうございました。
私も一緒に旅を楽しむ事が出来ました。

トイレ問題、一件落着でよかったですね。
No title
見えました。有難うございます。

鵜飼って幻想的ですね。
No title
tetsumamaさんへ

ありがとうございます。
トイレ問題、安心しました。
翌日からはポータブル使用に戻っていましたが。
出かける日だけでも、やればできるってわかっただけでも収穫でした。
No title
ねえねさんへ

ご指摘ありがとうございます。

鵜飼、面白かったです。