FC2ブログ
2012/08/25

Post

        

岐阜旅行1日目 前半

category - 日記
2012/ 08/ 25
                 



最初に向ったのは、下呂市の巌立峡というところです。
巌立峡の駐車場から、遊歩道を歩いてすぐの場所に
「三ッ滝」という滝があるとのことなので、
先ずそこに行ってみました。





遊歩道はこんな感じで、きれいに整備されています。




途中から階段が続くようになりますが、
景色がきれいなのでわくわくします。




  • 三ッ滝です。三段階になった滝なのですが、
    長くて三つが一緒に写りませんでした。(笑)



上のほうはこんな感じです。




階段を上れば、滝を見下ろすことも出来るんですよ。




滝壺が素敵なんです。
神秘的で美しいです。

三ッ滝を後にして、車に乗り込み、
細い山道を車で登って、別の滝の駐車場に。
2キロくらい??歩いても行けますが、
鵜飼参加のため、歩いて向う時間が取れませんでした。

しかし、この山道が途中から、ガードレールも舗装もなくなり、
ガードレールの代わりのポールだけになります。
時々、車ですれ違うための場所が作ってありますが、
それがない所で車に出くわしたらと思うと、
すご~く怖い道でした。
駐車場まで車で5分くらいです。




これが「あかがねとよ」という滝です。
この滝は、岩壁に寄り添うように、ひっそりと存在していました。
私の目には、この滝が一番魅力的でした。
大きなオーブが右に写っています。




滝の上のほうはこんな感じです。
上に登って景色を眺めてみたいなぁ。(←無理です)




あかがねとよの向かい側にある滝が「からたに滝」です。
今は見えませんが、この奥にあるのが音でわかりました。
こちらは水量が多いようで、大きな音がしています。




滝壺がやはりとても美しいです。
すごい数のオーブが写っています。
空気も爽やかで、清清しい場所でした。

この後、「巌立峡 ひめしゃがの湯」という温泉に行きました。
旅先で温泉に入ると、短時間ではあっても、
貸しきり状態になることが結構多いです。
これ、不思議なんですよ。
地元の温泉ではめったにそんなことは起こらないのに。
私の地元の住民が特別温泉好きってことなんでしょうか?
貸しきり状態だった時は、さっと撮影しちゃうようになって
もう何年にもなっています。
よい子は真似しないでね。


  •  



ひめしゃがの湯の源泉は24度前後と低いそうです。
もともとは無色透明なのですが、段々画像のような
オレンジ色のお湯になります。鉄分があるのでしょう。

外の源泉露天風呂では、ごぼごぼと音を立てて、
炭酸ガスが出ていました。
泡がたくさん身体につく、人工炭酸泉を想像していた私は、
ごぼごぼという大きな音に驚きました。(笑)
危険なので、顔を近づけないようにと注意書きがありました。
アブがいっぱいいて怖かったです。
内湯には源泉の湯と、それを適温に沸かした湯がありました。
いいお湯でしたよ。沸かした方と源泉と、交互に入りました。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
素敵なところですね。
滝壺の美しいこと!
神秘的です。

ここの温泉、鉄分が含まれてるんですね。
貸切状態なんて贅沢~。

ナイス!
No title
ねえねさんへ

本当に素敵な滝でした。
滝自体はみんな小さめなんですけれど、
滝壺がとにかく美しいんです。

温泉は、写した後に、他のお客さんが来ました。
おばあちゃまとお母さんと10歳くらいの娘さん。
女3代で温泉なんていいですね。
No title
滝は癒されますよね。
私も滝を見るのが好きですが、旦那は滝より周りにいる虫や魚・爬虫類ばかり見ているので、一緒に楽しんでくれません。
羨ましいなぁ~(o⌒∇⌒o)
No title
CIBさんへ

虫や魚・爬虫類?!
ご主人、生物系なんですね。
虫や魚・爬虫類の説明が聞けて幸せじゃないですか~。
「幸せ~」と言って、「ついでに滝にも興味を持ってくれると最高だわ♪」と付け加えて言ってみると、案外効果があるかも?(謎)