FC2ブログ

Post

        

「私は起きてくることを楽しんで受け入れるつもりです。」

category - 日記
2012/ 08/ 18
                 
このごろ思うことというブログがあります。

精神世界では有名な(笑)今は亡き津留晃一さんのお姉さんなので、
「つる姉」をHNになさっています。
昨年、12月に肝臓がんを手術されて、完治かと思っておりましたが、
その後、肺に転移が見つかり、抗がん剤の治療中です。

今日の日記にこんな文章がありました。(青字にします)


先日の診察の時、2週間目くらいが山ですと言われましたので、

まだまだ安心はできませんが、私は起きてくることを楽しんで受け入れるつもりです。

癌とお友達になり、どのくらいかはわかりませんが、孫たちの成長を見守りたいと思います。


この心境はすごいなぁと思います。

偶然にも、私の友人のブログに、こんな話がありました。
お盆に、実家に里帰りして、家族と時間を過ごした際、
妹さんがこんなことを語ったそうです。
「死ぬ前に後悔することのアンケートの中に、
『何が食べたかった』『どこへ行っておきたかった』というのが多いから、
自分は美味しいものを食べて、行きたい所へ行っておくんだ、という話です。

友人はその話を聞いて、もちろん、美味しいものを食べて、
行きたい所へ行けることは幸せだけれども、
一生を振り返るなると、自分自身のプライオリティは、
そこには置かないだろう、と日記にありました。

友人は臨床心理士で、そういう仕事をしています。
そして続けてこう語っています。(青字にします)

心理臨床とは、心の中に幸せを見出す場でもあります。

患者さんは、出会った始めから、治療者に、例え口に出さなくても、
「あなたが私なら、どう考え、何を感じますか?
あなたは人生に何を求めていますか?何が大切だと思っていますか?」と、
絶えず問いかけているものと思っています。


友人のブログを読んで、コメントを書きました。
何気なく書いたけど、後になって、
これって私にとってかなり大事なことだ・・・!と気づき、
ここに転載することにしました。(青点の間の文章です)
自分のコメントを転載って、ヘンなものですけど・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おはようございます
妹さんとの会話が目に見えるようです・・・(笑)

私は死ぬまでに何がしたいのか?と考えたら、
特に何も思い浮かびませんでした。

例えば、後5時間で死にますよと言われたら、
急いで遺書を書くかな?
それとも案外ぼ~っと雲でも眺めているかな?

5時間というからこうなのであって、
5ヶ月とか5年とか、違う単位で考えてみると、
多分、面白そうな出来事が、ちゃんと起こってくるんじゃないかという気がしました。
これは面白そうだ、と感じたことに、すぐ反応できそうな気がします。

いつでもできる、と思っていると、今は忙しいとか、お金がかかるとか、いろんな「出来ない理由」が浮かぶけれど、余命わずかと思ったら、そんな理由は吹き飛ばせそう。
だったら、普段から吹き飛ばせばいいんですよね。
私はきっと、理由をつけて我慢する方向を選択したことが多かったのだと思います。

この日記を読ませていただいて、そのことに気がつきました。
どうもありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは面白そうだ、と思ったら、すぐ反応すればいいんですよね。

少し前、遠方のネット友からメールがあり、
私が透視画を書いていただいた氷室奈美さんに興味が出て、
調べたら、大阪でセミナーがあるので行くことにしたと。
午前・午後で別のことをするのだけれど、
午前は友人の予約で、満席になったそうです。
でも、午後はまだ空いているから急だけどどう?
そんなお誘いでありました。

セミナーは夜に終わるので、泊まりが望ましいです。
大阪なら帰れるんだけど、ネット友と語り明かさないとねぇ。(笑)

私はこの友人が、私のブログを読んだくらいですぐ反応して、
調べて、速攻でセミナーを申し込んだ姿に感動しました。
koalaさんだってそういう性格じゃない?
そう思われるかもしれませんが、それは最近そうなっただけで、
「でも~だから私には無理」と言い続けた長い過去があります。

なので私も速攻でセミナーを探して申し込みました。
ネット友にも「行きます~」と返信しました。
家族には決定事項として伝えました。
それでOKなんですよね。
過去の私は、自分でNG出してただけでした。
もう、そんな過去の自分は丸めてポイしちゃいました。(笑)

あなたは死ぬまでに何をしたいですか?

私は面白いと感じたことにちゃんと反応して、
残りの人生を深く味わって死にたいです。

人生の達人、つる姉さんが再発癌の治療中のブログで
「私は起きてくることを楽しんで受け入れるつもりです。」と
きっぱりおっしゃった言葉を座右の銘にしていきたいです。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
死に際に思うことが、何を食べたい!だけでは寂しい気もします。
人生を振り返って満足できるような、そんな生き方をしたいですね!
No title
死ぬまでになにをしたいかということは毎日考えていますが、今のところの結論は、今の生活を続けることですね。多くの人の到達点もそこにあるようです。買い物に行く、子供の勉強を見てやる、犬と散歩する・・・。
ただ、やりたいこと、楽しみたいことは先に延ばさないというところが、死を見据えて生きる人間に必要なことだと思います。
koalaさんの年代から、「でも」をいわない生活をしたら、非常に満足感がある生活ができるでしょう。
私などはそういう生活態度になったのは、ここ数年です。それまでは「明日のために」今を我慢することが多かったと思います。特に後悔はしていませんが。
No title
死ぬまで生きる~(*´∀`*)それだけかな。

長いスパンで考えたら、人の役に立つ人間になりたいです。
今の自分は、迷惑もかけてないかわりに、人の役にも
立ってないような。。。(苦笑)

あと数日しか生きれないと分かっていたら、大切な人に
感謝の手紙を書きますね。
数十人はいるから、数日では足りないかな。
それを妹か誰か、近い人に託して、死後に届くようにしてもらいます。
No title
私は旦那と一緒にいたいです。
ただたわいもない会話をして、手を繋いでいたいですね。
ちび達とも一緒にいて貰えたら最高~♪です。

何が食べたい?と聞かれたら、即答で「チョコ・蟹・牡蛎」です(笑)
これは譲れません(笑)
No title
イソップさんへ

>人生を振り返って満足できるような、そんな生き方をしたいですね!

同感です。
『どこへ行っておきたかった』は、まだわかる気がするのですが、『何が食べたかった』っていうのは全然理解できないです。死ぬ前にそんなこと、本当に思うんでしょうか。

感謝いっぱいで死にたいものです。
No title
sioさんへ

>死ぬまでになにをしたいかということは毎日考えていますが、

100歳を越える人が珍しくない今の世の中、
sioさんは、まだまだ晩年ではない気がするのですが、
毎日考えていらっしゃるのですね。
命を大事にしていらっしゃって素晴らしいです。

>ただ、やりたいこと、楽しみたいことは先に延ばさないというところが、死を見据えて生きる人間に必要なことだと思います。

これは本当にそうですよね。
我慢が美徳という価値観を受け継ぎ、
アリとキリギリスの話を聞いて育ってきたので、
自分の愉しみは後回し、ということになりがちな人は多いと思います。
バランスが大事なのでしょうね。

sioさんの影響で、不用品の処理が進んでおります。
No title
ねえねさんへ

> 死ぬまで生きる~(*´∀`*)それだけかな。

何気に素敵な言葉ですね!


感謝のお手紙を、死ぬ前の貴重な時間を使って書きたい人が、数十人いらっしゃるんですか?!
すごいです。お人柄ですね。

私、ヘタしたら、心の中では感謝しつつ、
もうすぐ死んじゃうから時間がなくてごめんねぇと
自分の子供だけにしか、手紙を書かないかもしれません。(爆)
No title
CIBさんへ

私もオットといたいです。
私が先に死んでも、残りの人生を楽しんで欲しいと、
それだけは強調して言っておきたいですね。(笑)

チョコ・蟹・牡蛎、なんですね。
でも、一緒に食べるには、チョコは無理があるような気が・・・。(笑)
No title
気づきをもらえました。ありがとうございます。人の命は永遠でないことをわかっているだけで、日々の生活は変わりますよね。毎日を精一杯生きることが目標ですが、そのことすら忙しさに忘れてました。
No title
Sachiさんへ

コメントありがとうございます。
日々の忙しさの中で、思考がそんな方向に向わなくなることがありますよね。
次はあれをして、これをして・・・っていつも考えてる所が私もあります。
お若いうちから、毎日を精一杯生きることが目標といっしゃるSachiさんは、立派ですね。