FC2ブログ
2010/09/18

Post

        

叔母がだんだん呆けていく・・・?

category - 日記
2010/ 09/ 18
                 

 
☆納豆の油揚げ詰め 大根おろし添え
 
 納豆を刻み、葱、胡麻、梅干を混ぜて中味にします。
スプーンですくって半分に切った納豆に入れて焼き、
大根おろしとお醤油で食べます。
我が家の中高年は好きなんですけどね、
20代前半の子供たちはあんまり喜びませんね~。
 
☆マカロニと卵のサラダ
 
マカロニサラダに卵を入れるかどうかは各家庭によるらしいですね。
私は入れる派なんですが。
 
☆豚肉の青じそ巻き焼き
 
塩コショウした豚肉に、青じそを巻いて焼き、
仕上げにポン酢をジューッとかけてからませます。
冷めてもさっぱりして美味しいです。
 
☆さつまいもご飯と林檎
 
さつまいもが美味しい季節になりましたね~。
 
今日は叔母に会ってきました。
叔母は手が不自由なのですが、銀行に提出する用紙の記入ができず、
血縁者が代筆する決まりになっているそうなので、
代筆のために行ったのですが、ケアマネさんも同席で、
いろいろ叔母の近況など伺いました。
 
叔母は私の実家の敷地に、家を作って住んでいます。
三重県で勤めていて、定年後に生まれた土地である
愛知県の安城市に戻ってきました。
1人暮らしの老人に部屋を貸してくれるところがなかったので、
私の両親が自宅の横の敷地を使っていいと言ったのです。
そこに叔母が退職金を使って家を作ったというわけです。
 
叔母は2年前に亡くなった私の実母の姉なのですが、
最近、物忘れが激しいとケアマネさんから教えていただきました。
過去に2回、脳出血で倒れていて、それぞれに後遺症を負いました。
1回目は右手右足の麻痺、2回目は言語障害でした。
 
ずっと独身で気ままに暮らしてきた人なので、
施設入所などとんでもないと言い、1人暮らししています。
 
国立病院の看護婦長さんを定年まで勤めたので、
それなりの年金をもらっていて、いい施設に入れるのですが、
施設は気苦労があるし、自由度は低いので、いやなんです。
 
ただ、大事なものを閉まった場所を思い出せなかったりして、
日常生活に支障が出始めているようでした。
病院で検査した結果、「痴呆の疑いがある」レベルまで来ています。
 
火は使わないし、お風呂のガスは安全装置がついているので、
そういう面では心配ないのですけど、大丈夫かな。
週2回デイサービスに行き、週4回ヘルパーさんが来てくれるので、
大丈夫だと叔母は言うのですが。
1度ショートステイを利用してごらんよと言うと、
苦笑いして首を振りました。
 
頭のいい、器用な叔母でした。性格は我儘。(爆)
定年後は趣味に生きるんだと言っていました。
それが手が不自由になり、言語障害にもなり、
痴呆になっていくなんて、皮肉な運命です。
 
とりあえず、ケアマネさんには、認知症の外来受診を勧められ、
成年後見制度というものの説明をしていただきました。
お金の管理やいろいろな契約を結ぶなど、
痴呆の傾向があっては難しいことを支援する制度だそうです。
 
時々大事なものをなくしてしまう経験をしている叔母に、
「この間は介護保険証を失くしてショックだったね。
叔母さんはいつもそういうことはきっちりしていたものね。
出来ていた事が出来なくなるのは、ショックだよね。
そういうことが起こると、叔母さんもびっくりしてパニックになるから、
管理してくれる制度があるならお願いしてみる?」と言うと、
あのしっかり者だった叔母がうなずくので、可哀想でした。
 
この叔母は本当に頑固で、人に任せるのが嫌いな人です。
実家の母が大変だった時に骨折で入院し、
まだ退院しなくてもいいから、入院先でリハビリしなさいと言うのに、
早く家に帰りたくてヒステリーを起こして困ったっけ。
 
そんな叔母が素直にうなづいた所を見ると、
自分の状態にかなり危機感があるのです。
 
年を取るって切ないですね。
自分で自分の面倒がみられるのは幸せだと思いました。
 
 
 
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
こんにちは!
油揚げの納豆詰め、私も時々作りますが、梅と胡麻を入れるのは思いつきませんでした!
早速真似させていただいちゃいますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">
私は納豆に葱とお味噌と削り節を混ぜ混ぜっとして詰めています。

叔母様、ご心配ですね。
私の父方の祖母、従姉妹のお姑さんが認知症でしたので、koalaさんのご心痛、拝察いたします。
少しでも叔母様がお元気でいらっしゃれますよう、お祈りしいたしております。
No title
納豆の油揚げ詰めにお味噌と削り節もすごく美味しそう!
私も真似させていただきます♪

従姉妹のお姑さんが認知症でいらしたそうですね。
従姉妹さん、さぞかし大変だったとお察しします。
認知症というのは、周囲もきついですよね。
我が家のシュウトメちゃんも予備軍の様子で不安です。
No title
同じだぁ。。。
私、11年前にここ姫路に引っ越してくるまで大阪に居たの。
それから、姫路に来て同じ敷地内に私の母の姉(私の叔母)が居たんだけど
2007年に亡くなったの。
結婚してなくて、お勤めもした事無くてワガママな叔母で
何回ケンカした事たら。。。(笑)
でも最後に看病出来て、「H子(私の母ね。)が、ぷりんを産んでくれてて良かった。」って。
認知症は、酷くなかったけど手のかかる叔母だったなぁ。(笑)
そん時に、書いてた日記を久しぶりに読み返しちゃった。

http://kindness3.exblog.jp/
今でこそ、泣かなくなったけどふっと…時々隣の家を見て
考えてしまいます。
あっ!うちの叔母も、酷かったのよ~。
だってね、髪の毛だって自分で洗った事もないようなお姫様だったの。(爆)
って、取りとめもない思い出話になってしまいました。(^^ゞ
No title
ぷりんさん

叔母さまの入院中に書かれた日記、読ませていただきました。
よくわかる~~!!
しかし、髪の毛も自分で洗ったことのないお姫様っていうのはすごいですね。

私の叔母は、髪を長く伸ばしてみつあみにしているのが好きで、
実家の母がよく頼まれてみつあみにしていました。
右手が不自由なので、シャンプーもドライヤーも、みつあみも全部やってあげなくちゃいけないでしょう?
母が「普通は相手に悪いからと思って短くすると思うんだけどね、
○○さん(叔母)にはそういう発想は全然ないのよね」と
呆れていたのを懐かしく思い出しました。
No title
こんばんはhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d140.gif">
叔母さんとは同じ敷地内で暮らしていらっしゃるのですね。
2回脳出血されているんですね。私も脳出血を発症したときは右半身麻痺と失語症だったので良く分かります。
脳の疾患は生きている行動全てに及ぶので大変ですよね。
介護が大変になって負担が増えないよう願っています。
No title
koalaさん
納豆の袋詰め!日本酒が欲しくなりますね~♪下ろしポン酢でも
美味しそう~。さつまいもご飯…魅力的な響きですね。
丁度これから美味しくなる季節ですし…うん。真似しよっかな!

始めて書きます。
うちの父、脳梗塞で倒れてるんです(あれ?書いたかな?)。
私の名前だけ、思い出せなくて…結婚して家を出ていたので
仕方なかった事なのですが。なんか、その時の事を思い出しました。
全く違う話で申し訳ないです、すみません。
No title
slowly Kojiさん

来てくださってありがとうございます!

叔母は私の実家の両親の敷地内に住んでいるのです。
片道45分くらいですが、混んでいると1時間以上かかることもあります。

実家の両親の家は空き家になってしまいましたので、
たまに空気を入れ替えに通うとき、叔母に会うくらいです。
なので、介護らしいことは一切していなくて、
ケアマネさんにお任せっぱなしです。

体の麻痺も深刻に辛いですが、言葉も本当に辛いと思います。
叔母の場合は、相手の言う事はわかるのに、発音の能力が欠けてしまって、
何を言っているのかわからない状態でした。
リハビリでそこそこ改善しましたが。
言葉の意味がわからなった人の手記を読んだ事がありますが、
アルファベットの文字から記憶し直すと言うすごい作業をこなして、
本が書けるまでに回復した女性の話でした。
世の中には大変な症状を起こす病気がたくさんあり、
健康が当たり前だなんて思ってはいけないと改めて感じました。
No title
bellさん

あら、bellさんは日本酒派ですか?(笑)
私も日本酒は好きですが、めったに飲まないなぁ。
熱燗かお冷かどちらかがいいです♪

お父様、脳梗塞で倒れられたのですね。
自分の名前だけ思い出してもらえないと切ないですよね。
昨日、下の義姉が、不調を訴え診察を受けたところ、
狭心症と診断されて、ICUに入りました。
平均年齢は高くなったけれど、癌、脳疾患、心臓疾患にかかる率はとても高いですよね。

昔はそれで死んでしまったのに、医療の力で救えるようになったので、一見率が高く感じるだけなのかもしれませんが・・・。
No title
slowly Kojiさん

打ち間違いに気がつきました。
言葉の意味がわからなった人の手記 ではなく、
(脳出血の後遺症で)わからなくなった人、の間違いです。