FC2ブログ
2011/12/15

Post

        

「何よりも子供の命を守るのが最優先」と言って欲しい

category - 日記
2011/ 12/ 15
                 
静岡県島田市、震災がれき受け入れ方針

【緊急署名】 ガレキ受入やめて @静岡県内
  ここで反対署名ができます。

-------------------------------------

<震災がれき>大阪府、年内にも処理指針

瓦礫受け入れやめて@大阪
  ここで反対署名ができます。

-------------------------------------

瓦礫問題について、私は日本人にこう言って欲しいんです。
「何よりも子供の命を守るのが最優先」
「何よりも」というのは「復興」も入ります。


瓦礫を運んで燃やせば、放射性物質はガスになります。
フィルターはガスは通してしまいます。

安全な瓦礫焼却などありえません。
基準値より下だと言っても、それはただ、
国がそのために基準値を大幅に上げただけです。

焼却を進めるのは、そこに利権があるからだと思います。
瓦礫処理を請け負うと巨額のお金が動きます。

チェルノブイリという教訓があるのに、それを生かさず、
国民の被曝を防ごうと考えない政府のやってきたこと、
やろうとすることは、権力と利権に結びついたことばかり。

本当は違う方法が日本のためだとわかっていたとしても、
政府が推進するのは、今までのように官僚が、
権力と利権を搾取できる構造になっているやり方なのだと思います。
善意の人たちがそれにだまさているような気がしてなりません。


1度瓦礫についた放射性物質は、ガスになって再び舞い、
焼却場の周囲の子供たち派それを吸い込んで、内部被曝するでしょう。
そして地面や植物について、その土地を汚染し、外部被曝させるでしょう。
特に子供の遺伝子に悪影響を与えるでしょう。
土壌も汚染して安全な食べ物がまた減るでしょう。


-------------------------------------

5年後、10年後に体調をひどく壊す子供が増えても、
因果関係は証明できないでしょう。
チェルノブイリ事故後には、癌だけではなく、心臓病や糖尿病も激増し、
免疫力が落ちるので、あらゆる病気が増えました。
特に子供時代に被曝した人が病気を持った大人になりました。

子供たちから健康な体を持った上での人生を奪うことは、
復興のための痛み分けだから仕方ないと思いますか?
思わないけど瓦礫を燃やして灰は埋めていいと言う人は、
放射能の危険を過小評価していると思います。


福島の原発事故から9ヶ月経っています。
その間、瓦礫をどうするのが一番いいか、
放射能に詳しい研究者や除染に詳しい企業の方たちを集め、
きちんとした議論は行われたのでしょうか?


議論の結果が「燃やしちゃえ。灰は埋めちゃえ。」だったのでしょうか?
「もし子供たちが将来病気になったって、証拠なんか出ないさ。
子供の命より復興が大事に決まってるよ。」
が結論だった?

専門家を集めた議論などしていないような気がします。
「危険だけど、経済第一だから原発をどんどん作っちゃえ。
日本としては不経済だけど原子力村が儲かればいいんだから」
そんな風に原発を増やしてきた勢力が、瓦礫に関しても、
「燃やしたって灰を埋めたって被爆させたって大丈夫」
平気で人命を犠牲に出来ても不思議ではありません。
どうしてこういう人たちに従わなくちゃいけないんですか?

個人的には、瓦礫は決して燃やさず、住めなくなった土地に運んで、
除染効果のあるような、それが無理なら放射能を伝えにくいもので
包み込んで放置するべきではないのかと思いますが、

瓦礫の処理方法は、御用学者でない、マトモな放射能の専門家を集めて、
大至急、一番放射能を撒き散らさない方法を決めて欲しいです。 
それが復興の本当の早道だと思います。
 

それをしないで燃やすというのは、原子力村にお金が降り注ぐことを、
何より優先してきた過去の過ちと同じく、
目先の都合を優先する、誤った道だと思います。
あまりに野蛮に思えます。

繰り返しますが、焼却を進めるのは、そこに利権があるからだと思います。
原子力村にお金は降り注がないけれど、日本のためになる
瓦礫の処理方法はきっとあると思います。


----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント