FC2ブログ
2011/10/26

Post

        

2011年9月 もう何処にも住めない!?全国の瓦礫焼却で放射能再拡散!!

category - 日記
2011/ 10/ 26
                 
2011年9月 もう何処にも住めない!?全国の瓦礫焼却で放射能再拡散!!

本日2つ目の日記です。
1つ目の日記の最初に書いたニュースが心に痛かったので。
「小中学生の体内から少量のセシウム 福島・南相馬で検出」
このニュースを読む前に、you tubeで南相馬の小学生の話を見て、
すでに福島市では二人に一人からセシウムが検出されているそうなので、
南相馬もこうなりそうなのに、防げないかと強く感じたばかりでした。

お見せしたいのは、この動画の最後の1/3にあるガレキの処分問題です。

日本政府は焼却処分を進めるため、法律の値を大幅に上げ、
アメリカであれば、放射性廃棄物として処分して
何千年も地中に埋めなければならないレベルのものを焼却可能にしました。

↑下の要約部分でも強調しましたが、ここはすごく大事だと思います。

それでも焼却不可能な放射能レベルのものは、
汚染されていないガレキと混ぜて焼却可能にしようとしています。

それは福島原発が放出し既に地面に落ちた放射性物質を、焼却によって、
再び空気中に拡散させることになるという指摘があります。
「各地の焼却炉に拡散」どころではないのです。
 


動画の最後1/3の部分を更に要約しましたが、
できれば全部見ていただき、この動画を拡散していただけると嬉しいです。

------------------------------------

東北日本のセシウム降下は大量です。

1kg当たり原子核崩壊数が毎秒8,000個です。
日本政府はその焼却許可をしようとしています。
アメリカであれば、放射性廃棄物として処分して
何千年も地中に埋めなければなりません。
ところが、日本政府は8,000ベクレル以下なら償却許可を与えるというのです。


放射能汚染された瓦礫を他の瓦礫と混ぜる許可もしようとしています。
例えば一つのサンプルが24,000ベクレルで他の二つが未汚染ならば、
全部足して3で割ると平均8,000ベクレルとなり、焼却許可されます。

これを行なえば、深刻な問題が生じます。
まずひとつは、福島原発が放出し既に地面に落ちた放射性物質を
再び空気中に拡散させることになります。故意に!
福島の周辺市町村の除染が済んだ学校周辺や校庭に、
瓦礫の焼却で再びセシウムが降ってきます。


別の地域の放射能の雲が、日本に災いをもたらし、
瓦礫を燃やす地域は、今は汚染がない状態または少ない状態でも
再汚染され線量が高くなるでしょう。


その放射能の雲は、日本だけに留まっているわけではなく
もちろん太平洋を越えて太平洋北西部にも届きます。
汚染瓦礫の焼却許可は、まるで福島原発事故の再現です。
地面に?落ちた汚染物質をもう一度空気中に舞い上げることです。


地面に落ちた放射性物質が川に入り、海に流れているという
福島から比較的離れた地域のデータもあります。
福島原発そのものに注目が集まっている間に、
実際に今は、遠く離れた川が汚染され、海が汚染されているのです。

まず日本人は問題を認める必要があります。
それは深刻であると。
問題解決には多額の費用がかかることも認めなければいけません。
しかし、問題は解決可能です。
もし、解決すべき深刻な問題があるとの認識から始めれば。


------------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
福島県民より一言申し述べさせて頂きます.
しかしまあー、このよう馬鹿げた事なんぞ申されますよね.
多分、貴方様は原子力発電所を押し付けた首都圏なんぞの住民なんぞで御座りましょう.何一つ自給出来無い地域ながら、電力も水も、端金で済まして参られたのです.貴方様方々が、もう少し賢い頭脳なんぞが御座りましたら、今回の事故は防ぐ事なんぞ出来たかも.言わば自業自得なんぞ御座りませんでしょうかね?
リスクだけ押し付けて、リスクの共有もせず、更に責任回避とは、悪賢さはにも程が御座りませんでしょうかね.
そんなに怖いならば、とっとと未開の島でも逃げ出したら如何なるものでしょう.首都圏なんぞ福島県に較べ別天地、避難するには最適故、県民は助かります.
さあーお逃げくださいまし.
No title
MAUNOさん

福島県の方が私のブログを読んだら激怒されることは覚悟しておりました。
福島にとどまり、一生懸命地区の再生に励んでおられる皆さんのお気持ちを逆なですることは、本位ではないにしろ、逆なですることが事実である以上、私は加害者だと思っています。
本当に申し訳ありませんでした。

MAUNOさんは、リスクの共有とおっしゃいますが、ガレキの焼却は福島にとっても危険だと思っています。
1度地面に落ちた放射能を、再び灰にして、空中に巻き上げるのです。

私は首都圏の人間ではありませんが、比較的安全と言われる地区に住んでいます。
そのようないわば安全地区から勝手なことを書いている、福島の方たちからしたら、死んでしまえ!と感じる類の人間かもしれません。

1人の母親として、福島市や南相馬市の子供たちからセシウムが検出されたことについて、福島の皆さんのレベルとは段違いとはいえ、やはり心が痛いです。
この現状から福島の子供たちを何とか救えないか、全国にこういう状況を拡散させてはいけない、など
足りない頭を悩ますだけで何も出来ない主婦のブログです。
No title
訪問ありがとうございました。放射性物質の危険性はどこにいても同じです。福島県民以外の方でも、率直に述べられて結構だと思います。女性の目線、主婦目線が健康なのです。正しいのだと思います。今回は女性がしっかり意見を言う必要があると思ってます。
No title
マミティさん

いろいろなご心痛、お察しします。
母親として子供を守りたいという目線と、
今の政府のありかたが、これほどかけ離れているのは、
とんでもないことなので、訴えていかなくてはいけないですね。
急に寒くなりました。お体、ご自愛ください。