20210621094041c27.jpg

昨日、出勤前に義母さんの洗濯物を持参しました。
入院時より、元気が出ていてよかったです。
バスタオルの使用が増えていたので、もしかしたら点滴を引っ張って漏らしちゃったりしたのかも・・と不安を感じましたが。私にできることはありません。
出来るとしたら、バスタオルの数を足して、今日も持って行くくらいなので、そうすることにしました。

左目のドライアイが悪化していて、目が真っ赤で可哀想でした。
看護婦さんは忙しいので、特養ほどのケアが出来なくて当たり前です。

しきりに手でベッドの柵をつかんでいたのが気になったけれど、長居できないので、少しだけ話して帰りました。



202106210940504ea.jpg


今は雨が降っています。
画像のポーチュラカは一昨日撮影したものです。
ピンクの八重咲の変わったポーチュラカも可愛いですが、昔からある、普通のポーチュラカもいいものです。



202106210940192c2.jpg



昨日は、勤務先のお店で、怒鳴りだしたお客様がいらしてヒヤッとしました。
それも従業員に対して怒鳴ったのではなく、お客様に、だったので。
小さな男の子が、お母さんとはぐれてしまったらしく、半べそで歩いていました。

泣き出すのをこらえているので、顔が赤かったんです。
それを同時に見つけたのが、通りがかりのお客さまと私。
通りがかりのお客さまは、お子さんの顔色が悪い、早くなにか飲ませないと、おっしゃいました。

「ありがとうございます。親御さんになにか飲ませてと伝えますね」とお客様のお礼を言って、お子さんに「お母さんとはぐれちゃったの?一緒に探そうね」と声をかけると、「早くなにか飲ませて!顔色が普通じゃないんだから!死んじゃう!」と先ほどのお客様の声が響きます。
お子さんに「大丈夫だよ」と声をかけてから、お客さまにも会釈して、「誰と来たのかな?ママ?パパ?」と声掛けしているときに、お母様がいらっしゃいました。

ほんの短い間のことで、本当にちょっとはぐれてしまっただけだったのでしょう。
小さなお子さんは、パッと走って行ってしまうことがあるし、小さなお子さん連れの親御さんはたくさん荷物があって、さっと追えないということはままある事です。

20210621094032aa3.jpg

普通ならそれで一件落着なのですが、お子さんを見つけたお客様が怒鳴りだしたんです。
なんで子供から目を離したのだ!というだけでは飽き足らず、とんでもない暴言で怒鳴りだしたので、お母様はお子さんを抱っこしながら固まっていました。

社員さんを呼んできた方が・・・と思った時に、怒鳴り声を聞きつけた社員さんが来てくれて、怒鳴ったお客様は帰って行ってくれたので、よかったのです。

お母様にお声掛けしたら、大丈夫ですとのことで、よかったですが、びっくりしますよね。
その後、社員さんも、お声掛けして、丁寧にお詫びしていました。

それにしても、ああいう怒鳴るお客様にはどうするのがベストなんでしょうね。
社員さんがお客様にじりじり近づいたら、店外に出て下さったのは助かりました。

とても疲れました。
あの若いお母さま、災難でしたよね。

202106230855480b4.jpg

昨日はいわしが安くて、6匹で300円弱。
でも一度に一人1匹でいいかなというサイズなので、手開きにして、半分は冷蔵庫に保存しました。
今日の夕食もいわし料理かな。
何にしよう?




20210622121839163.jpg

一昨日は鶏ひき肉で肉団子を作り、野菜も入れて、オイスターソースと醤油、ごま油、ショウガで中華風にしました。
久し振りにアサリのお味噌汁にしたけど、アサリの小さいこと!
毎日暑いので、アサリの旬は過ぎてますね~。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
スポンサーサイト