FC2ブログ
2020/07/13

Post

        

自分に言い聞かせよう。 もう1人で頑張らなくていい!

category - 未分類
2020/ 07/ 13
                 
DSC_6447_(2)_convert_20200713093121.jpg

義母さんの施設から電話があって、ちょっとドキドキしました。
高熱が出ました‥なんて言われたら怖いよね。
ありがたいことにそんな電話ではなくて、爪切りの際、左手の薬指に内出血が見つかったとのこと。

義母さんは左半身が不自由なので、左手をどこかにぶつけたとしても痛みを感じにくいです。
左腕は、自分の意思で動かすこともできず、ぶらぶらしてぶつけやすいので、三角巾を使って、骨折した時みたいに固定しています。でもこの三角巾から、自分で左腕をはずしてしまうこともあるんですよね。

本人に聞くと、どこかにぶつけた記憶はない、でも痛みがあると答えたそうです。
痛くて本人が訴えて判明したわけではなく、スタッフさんが爪切りの時に発見したわけですから、そう心配はなさそうですが、施設側としては万一を考えて、レントゲンでも撮って来ていただけませんか?という事で連絡がありました。

DSC_6448_(2)_convert_20200713093140.jpg

私は今週は明日、火曜日だけがお休みで、次のお休みは日曜日ですから病院は休診。
明日の午後にお迎えに行きますということにしました。

基本テレワークの夫なのですが、明日は出社だったから私一人で何とかしなくてはと思いました。

福祉タクシーを予約という手もありますが、あれは行きはいいですが、帰りが困ります。お金もかかるし。
予約制なのですが、帰りの時間なんてわかりませんから、使ったこともあるのですが、自分で行った方がマシ、との結論に達しました。

義母さんがつかまり立ちできる間は、私一人でも全く困らなかったのですが、車椅子と車の間の移動が難しいのです。
上手に行けばいいのですが、いったん浅く座らせてしまうと、私の力では、深く座り直させることが出来ません。

でも、行きは施設のスタッフさんにお願い出来るし、病院で困ったことになったら、大変申し訳ないけれど、病院のスタッフさんに助けていただくことはできる(過去に経験済み)、と考えました。


DSC_6449_(2)_convert_20200713093103.jpg


電話の話を夫にしたら、「明日の午後?午後から半休で休めるから大丈夫」と言うじゃないですか。
ほっとして、思わず「え?休めるの?よかった。ごめんね。」と言った私に、「ごめんって・・俺の親じゃん」と夫。

そうだよね、私、なんで謝ってるんだろう。
自分ばかり介護で大変な頃には、心の中で何度も「あなたの親でしょ?」と突っ込んできた経験があるのに。

施設からの電話で、夫は出社日で休めない→私が一人で頑張らなくちゃ→休めるの?一人で頑張らなくていいの?→ごめんね
この流れですね~。

施設の方との電話で、病院に行く日を即答しなくても、折り返し電話しますとでも言って、在宅の夫と相談するという手もあったのに、そんな考えは、全然思いつきませんでした。
介護のことは自分で背負い込む癖がついてるみたい。

後で考えたらコロナの時代に、義母さんを座り直させる介護を病院の方に頼むっていうのは、非常識極まりないですよね!
こういうとこが、抜けてるんです、私。
そんなことしないで済むことになって本当に良かったです。

自分に言い聞かせよう。
もう1人で頑張らなくていい!
1人で頑張らなくていい方法はきっとある!

昨日はブログをアップしなかったので、夕食2日分。

私、ふと気が向いて体重を測ったら、コロナ前より500g減っていました。コロナで500g増えてたのが戻って、そこから500g減ったので、マイナス1キロ。
夜のお米はやめてるけど、ビールは飲んでても減ってる。
夫も減ってるかもしれないから体重を測ってよと言うんですが、どう見ても痩せてないから測りたくないそうで・・・


DSC_6445_(2)_convert_20200713093157.jpg

一昨日の晩御飯はダイエットを意識してこんにゃくを薄味で煮たのを食べました。
イカと豚肉、ズッキーニ、玉ねぎ、にんじんのソテー。カボチャのサラダ。ひじきの煮物。ナスの辛子漬け。トウモロコシ1/2本。

DSC_6446_(2)_convert_20200713093047.jpg

昨日の晩御飯を作っているときに「そういえば、バイキングってすっかりご無沙汰」という思いが浮かび、バイキングっぽい晩ご飯にしてみました。
一応のメインは、アスパラの豚肉巻き。
長野産の太いアスパラに豚肉を巻いて焼くだけですが、下味はスパイスを振ってから、おろしにんにくとショウガを混ぜたお醤油の上を転がしてから、米粉をつけて焼きました。
この味、大好き。

ピーマンと人参のレモンハーブソルト+オリーブオイルソテー
ふぐの一夜干しをバターで焼いて、仕上げに醤油をじゅっ!
前日のひじきの煮物を混ぜ込んだ卵焼き
炒めたズッキーニの上にとろけるチーズ
厚揚げを炒めてショウガ醤油
青梗菜とにんにくのごま油炒め
サラダとヨーグルト(ゴールドキウイ入り)

バイキング気分は(私だけは)味わえて、お皿の洗いものは少なかったですが、調理の合間にフライパンなどを洗う回数が多く、その辺は疲れました。でも。豪華じゃなくても、バイキングごっこ料理だったせいか、作ってて面白かったです。(笑)
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
エライことじゃなくてまだ良かったね💧
けど、病院へは行かないとアカンのは大変

舅・姑の病院にもずいぶん同伴したけど
そういや、一緒に行ったことほぼなかったなぁ、、
「あの子は仕事やから休ませたらアカンし、沙羅.さんは仕事休めばいいでしょ?」
・・というワケわからん理由で必ずアタシのお呼び出しやった(苦笑)

最後にブチ切れるくらいなら最初から二人で、って思えば良かったんやけどね
(いい嫁であらねば)が優先してたから、当時は

お互いに、、ってところを考えれば、自ずと方法は見えるよね
ご主人が言い出してくれはって良かった良かった♪

No title
車椅子で車の乗り降りはひとりで介助は難しいです
私は長女に頼りっぱなしです
ひとりでは危ないこともありますし、上手に助けを求めることも大切ですね

ナスの辛子漬けってどうやって作るんですか?
よかったらレシピ教えてください〜
うちは年中無休のバイキング状態ですw
No title
こんにちは!
介護のことは自分で背負い込む癖が・・・わかります。
私も義母の介護のころは、介護休暇を取ったこともあって、自分で全部やらなくちゃって思っていました。すぐに動いてくれないであろうつれあいに言うのも面倒だったのかもしれません。
寝たきりになって、トイレ介助や車いすへの移乗、転んだ時の起き上がらせ方など、ネットで見たことを、真似をしながらてやっていました。ただ、だんだん自分の腰に違和感を感じるようになって、これ以上がんばったら私やばいかも・・と思うこともありました。
今は介護は一人でやるものではないと、思っています。亡くなった母が入所した施設では、トイレ介助の時は二人のスタッフさんで行っていました。より安全にまた介護する方の負担も考えてのことだと思います。
koalaさんも一人で頑張らないで、今後は安全を考えて、ご主人といい方法を探ってくださいね。


No title
沙羅さんへ

>「あの子は仕事やから休ませたらアカンし、沙羅.さんは仕事休めばいいでしょ?」
>(いい嫁であらねば)が優先してたから、当時は


情景が目に浮かびます。
うちは、子供が保育園に入ったので仕事したいって言ったら「わしの通院が通うと金曜の3時からだから、、送り迎えできる仕事ならしてもいいよ」と言われました。

沙羅さんは実力がありすぎるから、すごい嫁だったでしょうね。

自分のために嫁が尽くすのは当たり前。
自分もそうだったから。
そんなのが昔話になってよかったです。
No title
パタさんへ

義母さんと伯母(故人)の車椅子解除を長年やってきたので、つかまり立ちできる人の車椅子~車は一人で何年も楽勝でやってきたんです。
全くつかまり立ちが出来ないと、かなり大変。でもやったことは何度もある。
今はコロナの時代っていうのを介護と結び付けて考えていませんでした。
移動は密着するので、家族かスタッフさんのみがいいですよね。
我が家の子供たちはもう社会人なので、急に休ませて介護をというのは避けたいです。

ナスの辛子漬け、うちのは職場で売ってるインスタントで作ってます。
No title
ちゃんちゃこりんさんへ

義母さんの介護、お疲れ様でした。
寝たきりの方の介護は大変でしたね。
お察しします。
私も、義母さんがインフルエンザにかかって、完治するまで施設対処になった時、ちょうど夫の海外出張のと重なって、悪戦苦闘したので、大変さがわかります。
2週間でしたが、これが続いたらメンタルをやられるかもという気がしました。
腰もね~、我が家は夫婦で椎間板ヘルニアですからわかりますよ。無理は禁物。

私たち世代は、夫の仕事を優先する癖がついていますよね。
幸い、夫は今年5月に60歳の定年を迎えまして、これからは嘱託社員なので、責任がぐっと減ります。
老々介護は協力し合わないとね。