FC2ブログ
2020/01/28

Post

        

自己憐憫にふけるような愚痴はNGと思ってます

category - 未分類
2020/ 01/ 28
                 
DSC_5412_(2)_convert_20200128111158.jpg

珈琲の福袋が届きました。
もう何年も、加藤珈琲店さんの珈琲を飲んでいます。
豆ごとに香り、コク、苦味、甘味、酸味の表示があるので、選びやすいんですよ。

昨日は愚痴ブログを書いて出勤し、仕事中も、ちょっともやもやしてしまいました。
リアルタイムの愚痴を卒業できるほど、精神が成熟していないので、それはいいんです。

私は、義姉さんたちが来るたびに、何時間も愚痴を聞かされるのがストレスで、伺いますと言われると、ナーバスになってしまいます。

実際には、出すお食事は、義母さんの帰宅と通院で忙しいという事で、買ってきたお寿司とお惣菜なので、お金はかかりますが手間はかかりません。

3~4時間、義姉さんの愚痴が続くのが最近の通例ですが、今回は上の義姉さんのお孫ちゃんが増えたばかりなので、今回はおめでたい話が多いはずで、愚痴の時間は少ないはず。

だから、大きなストレスじゃないんです。

でも、こういうことって想像しただけでストレスになるんですよね。
想像しなければいいのに。
↑これですよね、解決策は。(笑)

想像すると、過去のいろいろな嫌な経験も思い出され、それに対する愚痴も出てきて、愚痴ブログになりました。

大昔の愚痴、これは趣味じゃない!と思いました。

昔、こういうことを言われた、こういう仕打ちを受けたという愚痴は、同居時代、毎日義母さんに聞かされました。
聞いていると気持ち悪くなるので、やめて欲しいと言いましたし逃げもしました。
でも、私に聞かせないと気が済まないんです。

義母さんの中には、解決されない怒りと哀しみがぐちゃぐちゃに詰まっていたように思います。
大変な、辛い経験がいっぱいあったんです。
義姉さんだって同様で、だから心の奥の怒りや悲しみが出口を求めて愚痴になったのだと思います。

(自分は正しいのに、こんな目に遭って可哀想!被害者なの!わかって!)という気持ちであふれていた義母さん。
今の義姉さんだって同様なのだと思います。

私はそんなに混乱した状況にあるのかと言えば、そこまで追い込まれたわけではない気がします。
大変な同居生活からは解放され、義母さんと義姉さんたちとの接点もほんの少し。

昔に比べてとても幸せです。
それに、可愛そうだなんて思われたくない方です。

幸せな中にあって、過去の恨みつらみに身をゆだねるような生き方はしたくないのに、私、何をやってるんだろう、と思いました。

嫌な経験を追体験して自己憐憫に耽りたくはありません。

そんな時間があったら、今の目の前の生活をちょっと楽しくなることをした方がずっといい、と思いました。

これからもリアルタイムの愚痴はたくさん書くかもしれません。
でも深刻な愚痴じゃない、自分のダメージは大きくないことがわかっています。

いろんなことがあるし、いろんな人がいるから、しょうがないよね~と流せるのが理想かな。

愚痴ブログを削除しましたというような内容に、親身なコメントをくださった皆様に、心から感謝します。
とっても気持ちが軽くなりました。
ありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
昨日は的外れなコメントをしてしまってごめんなさいね(;^_^A
koalaさんの仰りたかった事コメントのお返事でよくわかりました(^^)v

リアルタイムのことの愚痴ではなく、過去の嫌だったことを思い出しての愚痴は卒業したいと言うことだったのですね!

そうですね!リアルタイムの愚痴なら小出しにした方がいいと思いますが、
過ぎ去ったことを思い出して愚痴を言ったところで、何か変わるわけでもありませんものね!
もちろん過去のトラウマなどが原因で精神疾患に移行するような場合は別ですが・・・

私もkoalaさんも一番大変な時期は乗り越えて、旅行や温泉やランチを楽しめる自由な時間ができたのです♪
旦那がいて、子供達がいて、友がいて、幸せ~(^_-)-☆
楽しまなくっちゃ損ですよね!
No title
nicoさんへ

いえいえ、あのコメントをくださってありがとう。
本当に感謝しています。
自分の気持ちは一番自分がわかってる、なんて若い頃は思っていましたが、経験を重ねると、それは違うというのがわかってきます。
自分の気持ちの本当のところなんて、なかなかわかりません。
自分のその時の気持ちを書きだして、他の方のコメントもいただいて、いろいろ考えてわかったような気になって、でもやっぱりちょっと違ってる、そんな感じがしています。

ヨガの先生が、と「ヨガでは、私たちの肉体は、自分を知るための道具としてお借りしているものと考えます」とおっしゃっていたけれど、人生って自分を知る旅なんだなぁって思います。

旅は道連れと言いますが、出会う方たちとのご縁もきっと、自分を知るための大事なご縁を天からいただいたのかな~。
nicoさんとのご縁、とてもありがたいんです。
これからもよろしくお願いします。
ミーです
すごいな~koalaさんって。前向きすぎます。

長年の同居生活の中でいろいろと苦労をしてきたkoalaさんの実体験ですし、しかも嫌な思いをたくさんしています。グチがあるのは当然のことです!
現在は同居生活からは解放されていますが、義母さんが泊りに帰ってくるっていうことは…その時の嫌な思いが蘇るのは当然のことだと思います。
早々に忘れるなんて無理ですし、そうなる時って義母さんと触れることがなくなってからではないのでしょうか…。

自分の気持ちにムリはしないでくださいね。koalaさんなら、懐かしく微笑むぐらいの過去にしていかれると思いますから~大丈夫ですヨ。
私達、嫁として苦労はしていますがいい経験をしていて、人として深み!?(笑)が増してるっていうことですよね!私もkoalaさんを見習って前向きィ~♪(笑)
No title
以前、日本ヨーガ学会の田原豊道会長が
「愚痴や不満は一晩かかっても言い尽くせないけど、自分の身に起きた幸せなことや嬉しい事は、30分で終わる」と仰った事があります。
教室での雑談によく使います。
生徒さんは、お嫁さんだったりお姑さんだったりするので、大笑いします。
皆身に覚えがあるんですよね。
私も(爆)
No title
ミーさんへ

こういう気持ちって、困ったお年寄りと同居して、義姉妹に泣かされた経験がないと、ちょっとわからないかもしれませんね。

義母さんが帰ってくることで記憶が蘇るというよりも、義姉さんたちの愚痴モードがまだまだ健在なので、また何時間も愚痴やを聞かされる、運が悪いと嫌味も聞かされる、と思うとブルーになって、過去のあれこれが…という感じです。
想像しちゃいけません。精神衛生に悪いし、被害者モードからは離れたいし。

>私達、嫁として苦労はしていますがいい経験をしていて、人として深み!?(笑)が増してるっていうことですよね!
そうですよね!(笑)
No title
悦子さんへ

>「愚痴や不満は一晩かかっても言い尽くせないけど、自分の身に起きた幸せなことや嬉しい事は、30分で終わる」

本当にねぇ。(笑)
思い当ることあり過ぎです~。
生徒さんたちの笑い声が聞こえてきそうです。

逆がいいですね。
精神衛生のためにもそう心がけようと思います。ありがたいこと、いっぱいありますもんね。