FC2ブログ
2019/11/27

Post

        

還暦までの1年、私は何を捨てていけるかな?

category - 未分類
2019/ 11/ 27
                 
DSC_5162_(2)_convert_20191124084915.jpg

今日は私の誕生日です。59歳になりました。
この年の誕生日に似合うのは、バラじゃなくてビオラくらいかな?(笑)

年を取ると誕生日なんてめでたくないという人もいますが、
59歳の誕生日を自宅で平和に迎えることが出来て、本当に有難いと思います。

59年前、苦しい思いをして私を産んでくれた、今は亡き母に感謝します。
父も母も、自分のできる範囲で、私を大切に育ててくれたと思います。
誕生日は、今まで生きてきて、私に手を貸してくれ、あたたかい思いを注いでくれた人達に感謝する日です。

年を重ねるとそういう思いが強くなってきます。
両親の亡くなった年に1年1年近づくせいもあるのでしょうか。
私の両親はそれぞれ73歳で亡くなりました。
あと14年だわ~。

若い頃は罰当たりで傲慢だったので、父のここが不満、母のここが不満、なんていう気持ちも結構ありました。
自分が親になってみたら、いい親になろうという意気込みはあったものの、自分のレベルの子育てしかできませんねぇ。
両親もそうだったんだと思い至ることが出来たのは、自分も親になって苦労したおかげかもしれません。

振り返れば、あの時はこんな風に考えたけど、私の間違いだった、こう考えるべきだった、なんて思うんですよ。
でもその時の自分には、その考えは浮かばなかった。
あるいは、こうした方がいいと思いつつも、大変だからできなかったということもあります。
それもその時の自分の器というものがあったのです。

振り返って自分を分析するのは大切ですけれど、若い頃はその反省は自分を責めるという形になりがちでした。
感情的な反応ですね。

子育てに限らず、過去のことを反省するのなら、もう少し過去の自分との距離を取って、客観的に広い視野で、その時の自分の置かれた状況を見るのが大事かなと思います。
感情的には、悔いよりも感謝で締めくくれたらいいですよね。

昨日のブログで、義姉に非難された話を書きましたが、あれも自分のせいである部分がありました。
我が家に、義母さんが帰ってきた際に、夫が席を外しているときに、義姉さんが2人揃って、私を責めだしたのです。
意地悪な顔で、「なんて恥ずかしいことを!」と長い時間。

以前から、私には何を言ってもいいという空気があったからそうなったんです。
私はおとなしく言いなりになる義妹ではありませんでしたので、憎たらしい義妹だったと思います。
そして、ぎゃんぎゃんと言いたててくる義姉さんに、少し反論することはあっても、同じように言い返すようなことはしませんでした。

今振り返ると、「ぎゃんぎゃんと言いたててもいい相手」という認識を与えるような義妹でいたんですね、私は。
「同じ舞台に上がるな」と自分に言い聞かせていましたが、同じように感情的になっていなければ、同じ舞台に上がって「NO!」という姿勢を示した方がよかったと思います。

義姉さんたちは、いい子ぶりっこして「NO!」と言わなかった
自分に問題はないですか?という問題提起を私にしてくれたのでした。

脳のピークは27歳か28歳くらいらしいです。
いろんな情報を脳にインプットする能力のピークという事ですよね。
私は59歳になりましたから、インプットのピークを30年以上過ぎ、どんどん情報を捨てていく能力が進化しています(笑)

その極み、認知症にはなりたくないですが、これは自分の人生に不要だと思うことを捨てていきたいです。

「いい子ぶりっこ」の能力?も捨てていかなくちゃね。
還暦までの1年、私は何を捨てていけるかな?
ちょっと楽しみだったりします。
大事なものを捨てないようにしなくちゃね(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
koalaさん、お誕生日おめでとうございます。
私は以前から自分の誕生日は、産んでくれた母に感謝する日と決めています。ですので盛大なお祝いなどは致しません。いつも通りに
過しています。最近無理の利かなくなった身体の事や、ずっと捨てられない性格を変える時が来たのかなと思う様になりました。
よく耳にする断舎利、その事を考えるようになりました。

つい先日25年以上使っている応接セットを新しい3人掛けに買い直し、古い物を捨てる事にしました。今までだったら勿体ないので取っておこうと思いましたが、取っておいても場所を占領するばかりで、使い道は有りません。そんな物だらけで物置は溢れています。取っておいて誰が使うのか?誰も使わないんですよね。使わなくなった物はゴミ。それも有料になったので捨てるのにお金が掛かります。妻の言う事を聞いて早くに捨てておくべきでした。
No title
Koalaさん お誕生日おめでとうございます。59才ですか~~若いです。
まだまだですよ~~ 私は今年68才になりましたが、年金の関係で66才まで働きました。週に3日だけですが、
それでも仕事はもう沢山だと思って止めました。
18才から働いて48年間は働いたので、60才からはまだ十分好きなこと、
やりたかった事ができます。
私はクラッシクギターを中途半端はいけないと思って、毎日練習をして今は、かなり弾けるようになりました。
アルハンブラを目標にしましたが、他の曲もかなり弾けます。
今も毎日少しづつ弾いています。
水彩画は昨年から習いだして、なんとなく描けるようになってきました。
まだまだです、これからでもやりたかったこと、習いたかったこと十分できます。断捨離は75才からで良いです。
ではまた やまねこ
No title
koalaさんお誕生日おめでとうございます♪
お誕生日は感謝する日か~
私は誕生日はめでたい~!祝ってくれ~!プレゼントくれ~!と
騒ぎ立ててる愚か者でございます(笑)
koalaさんを見習ってもう少し大人にならなければ・・・(;^_^A

私は介護と子育てが一段落した時(まだ色々とありますが)
お洒落もして、旅行にも行って、自分の時間を楽しもう!
これからは少し自分に優しくなろうと思いました。

NOと言うのも自分に優しくなることの一つだと思います(^^)v

私の場合好き勝手しすぎて大事なものを捨てないように気をつけなきゃ~(笑)
koalaさんのブログは今の私にとって貴重なバイブルとなっています!
知り合えたことに感謝しています。
No title
こんばんは

お誕生日おめでとうございます💐
幾つになっても🌹は似合いますよー
でもビオラも可愛いですよね。私は好きです
誕生日はいくつになってもおめでたいと思います。そしてお祝いの言葉を貰えたら嬉しいですよね。
生きたくても生きられなかった人もいますし、無事に誕生日を迎えられるって幸せなことだと思います(*^▽^*)
私もこの年まで生きてこれたことに感謝をして、まだまだいっぱいやりたいことがあるので、元気で次の誕生日を迎えていきたいと思います。

人生色々ありますよね。
後から考えるとあの時ああしておけば良かったということも多いです。
何が正解だったかは分かりませんが、いろんな経験をして今の自分があるんだと思います。
No title
お誕生日おめでとうございます^^
koalaさんの言葉も、他の方のコメントの言葉も深いものがありますね。

>それもその時の自分の器というものがあったのです。

振り返って自分を分析するのは大切ですけれど、若い頃はその反省は自分を責めるという形になりがちでした。
感情的な反応ですね。

私の器はまだまだ小さく、若い頃とあまり変わらず自分を責めることが多いです。
還暦近いというのにね・・(´Д`)

koalaさんのブログを読んでいると、穏やかな気持ちになれます^0^
No title
fukawa農園さんへ

私の場合は、両親と叔母が断捨離なしのまま他界してしまったので、私が全部しなくてはいけませんでした。

業者に丸投げという手もありますが、両親と伯母にそれは冷たいと思えて。
大きな家具などは業者さんに依頼しましたが、時間をかけて処分しました。
義母さんも捨てられない人でしたので、処分は私がすることになるでしょう。

私が同じことを子供にさせちゃいけないなという思いがあります。
思いはあっても差し迫った感はないのでのんきでいけません。(苦笑)

だんだん物を捨てるのが大変な時代になってきますから、早めがいいですよね。
No title
yamanekoさんへ

59歳は若いですか?(笑)
こういうのは比較の問題ですね。

yamanekoさんは、いつも、定年後の人生を謳歌なさっているのを眩しい思いで拝見しています。
御趣味も、山登りにカメラ、水彩画にクラシックギターと充実しておいでで楽しそうです。

私も定年後はそういう生活を送りたいなと感じます。
仕事も楽しいですが、自分の時間の切り売りという側面も大きいですよね。

断捨離は75歳からとおっしゃるのは、多分、大物は片付いておいでだからじゃないですか?

両親と伯母の断捨離せずに残したものの処分がやっと終わりそうで、それ以前は、家が古いので、使わなくなったものが大量にあり、それを処分してきました。
気がついたら自分のものの処分が追い付いていません。
買わなければ物は増えないんですが・・・(苦笑)

No title
nicoさんへ

nicoさんのご家庭は、家族の誕生日には大盛り上がりでしょうね!
うちも昔は盛り上がっていましたが、子供が成長してきましたのでね~。

下の子がもう30歳です。
自立させるべきかもしれませんが、お給料安いので、アパート代払うのも大変だから家にいなさいよ~とダメ親やってます。

nicoさん、介護と子育てが一段落したら、思いきり羽を伸ばして下さいね。

私は30年以上同居してきたので、施設にいる時間が長くなってきた時は、それは解放感を味わいました。
義母さんの生活能力が落ちた結果なので、解放感と言っては申し訳ないんですけど、気の合わない我儘な義母さんの介護は本当に疲れました。
人生いろいろありますね。
お互い、励ましあって頑張って乗り切りましょう。よろしくお願いします。
No title
ぷーにゃんさんへ

幾つになっても薔薇は似合いますか?
ありがとうございます。

>生きたくても生きられなかった人もいますし、無事に誕生日を迎えられるって幸せなことだと思います。

本当にそうですよね。
私は昔、自分の誕生日を、母がいるホスピスで過ごしました。
大事な母が死に向かっていくのを、どうすることもできないのが切なかったです。

だから誕生日に、家族みんなが元気でいて、自分もぴんぴんしているだけで、本当にありがとうございます、という気持ちになります。

次の誕生日に、私はどんな私になっているかな?と思います。
No title
しじみさんへ

自分を責めることからは、なかなか自由になれないですよね。

私も完全に自由になっているわけではなくて、責めたらあかん、あの時の自分はそれなりに頑張って一生懸命だったんだと自分をなだめますよ~。

そりゃ、全力で頑張っていたかと聞かれたら、もっと頑張れたはずと思うけど、そもそも全力で頑張るってすごく難しいことですしね。
人間、余力も必要だもの。

アラカンの今は、脳の力が、胃ソロしいスピードで落ちていっているわけなので、過去の選択の過ちに気が付いたら、「あ、賢くなった!」と思えばいいんじゃないか~?とゆるく考えています。(笑)

お誕生日おめでとうございます!
こんにちは!
誕生日は感謝をする日、そうですね。
平和に穏やかに迎えられたこと、おめでとうございます。
私は59歳になった時、あと1年最後の50代を楽しまなくちゃ思っていましたが、あっという間に60歳を迎えていました。でも、60以上の割引や買い物したものを持ってきてくださるサービスなんかもあったりして、ラッキーなこともあるんでよね(ははっ)
いい子ぶりっこの能力、私も捨てたいですね。ただ、親類から嫌なことを言われて反論したいこともありましたが、無理に反論したりするのも面倒で、そう思う人は思う人でいいや、誤解を解いても解かなくてもきっと、変わらないだろうとやり過ごしました。
でも義母が認知症になってしまって理不尽なことばかり言われた時は、いい子ぶりっこも限界になり時には立ち向かいました。それで母との距離が縮まって、前よりいい関係になったと感じたこともありました。
一年、あっという間ですよ~、
楽しんでくださいね。