FC2ブログ
2019/06/24

Post

        

夫の従兄弟が緊急入院しました

category - 未分類
2019/ 06/ 24
                 
土曜日白、夫の従兄弟の奥さんから電話が入りました。
従兄弟が大学病院のICUに緊急入院したとのこと。
この従兄弟は、来週四十九日の法要になる叔父のお姉さんの長男さんです。

もう30年以上前に、手術できない場所にがんが出来ているのが見つかりました。
余命1年と言われたのですが、奇跡的に30年以上、がんと共存できていて、
定期的に大学病院に通ってはいましたが、数年前までそこそこ元気だったんです。
亡くなった叔父の手術の立ち合いで、3月に、この夫の従兄弟さんに会いましたが、
ずいぶん辛そうで、無理して立ち合いに来たのがわかりました。

何月何日の何時から手術ですという連絡があったという事は、来いということなので、
無理して来たのですが、予定よりずいぶん時間がかかったので
すみませんがお先に失礼しますと帰って行かれたのを覚えています。
体調不良で行けませんと断っていただいてよかったのにと心が痛んだことを思い出しました。

でもがんが大きくなったとかそういうことではなく、ある数値が上がってきて、
体調も良くなくて、どうしてだろうと言っていたところ、急に体調が悪化。
背中の傷から何か悪い菌が入ったことがわかったらしいです。

我が家は本家なので、こういう際は、我が家に連絡が入ります。
こういうの、都会の人にはわからないかもしれませんけど、
叔父や叔母の実家という立場はその実両親が亡くなった後も、
実両親の子供が受け継ぐようになっています。今のところは、ですけど。
夫は他のいとこたちとこの間ご主人を失くした叔母に連絡し、
その日都合の付いた人と、お見舞い袋を持って、病院へ行きました。
私まで行くと大げさになるとの判断で、私は留守番していました。

入院中の夫の従兄弟さんには、冠婚葬祭のたびにお会いしてきたので、よく知っています。
確か65歳です。
痛みが酷くありませんように。

DSC_4513_(2)_convert_20190624090452.jpg

庭のキキョウが咲き始めました。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ご主人の従兄弟さん若くしてガンになられたのですね!
しかし余命一年が、30年以上ガンと共存とは・・・すごいです。

従兄弟さん重篤な状態なのでしょうか?
ガンをも乗り超える生命力をお持ちなので、
どうかまた元気になられますように!
No title
こんばんは

従兄弟さん心配ですね。
余命1年と診断されて30年も頑張ってるのですか( ゚Д゚)凄い生命力です。
きっと大丈夫、良くなると信じましょう。

それにしてもnanakoalaさん地域の本家って大変なのですね。
私の実家は、ほぼ親戚づきあいしなかったので、もし自分だったら絶対無理そうです
nanakoalaさん尊敬しちゃいます。
色々大変そうですが、nanakoalaさんも無理しないでくださいね
No title
こんばんは~
従兄弟さん、無理して手術にも立ち会われていたのですね。辛かったでしょうね。
余命1年って言われていた人が30年もガンと共存するって、そんなことがあるんですね~驚きました。
それにしてもkoalaさんの地域の習慣はなかなか大変ですね。長男さんの家は大変なのですね。koalaさんご自愛くださいね。
No title
nicoさんへ

夫の従兄弟さん、がんのサバイバーなんですよ。
余命宣告を受けた時、お子さんがまだ小さくて、みんな涙を流したものですが、もうお子さん、立派な大人です。

また奇跡が起きる事を願う反面、従兄弟さんに前回お会いした時の辛そうな様子を思うと複雑な気持です。
No title
ぷーにゃんさんへ

あの余命宣告は何だったんだろうと思いますが、かなり危険な状態だったことは間違いないのかなと思います。

田舎の本家って、いろいろ半端なく大変です。時代とともに、ずいぶん楽にはなってきていますが。
義母さんの時代、女きょうだいには嫁入り自宅、男きょうだいには土地と家を出すのが本家の仕事でした。
この間亡くなった叔父の家のローンは義両親が払ってきましたし、土地も義両親の土地(親から引き継いだ土地ですが)を提供しました。
昔はきょうだいが多いのでえらいこっちゃ~です。
No title
Rさんへ

従兄弟は杖なしでは歩けない状態で、手術に立ち会いました。
そんな状態とは知らなかったので、伯母に連絡してくれと言われて、そのまま連絡したのですが・・・
仕事で来られませんと言ってパスした従兄弟もいたし、強制ではないので、体調不良でと言って断ってくださってもよかったのですが、そう言いたくないものがあったのでしょう。
思う出すと切ないです。