FC2ブログ

Post

        

お墓参り

category - 日記
2019/ 03/ 12
                 
今朝、お墓の花を買いに行こうと車庫に向かうとき、ご近所さんに会いました。
ご挨拶して、世間話を少しして、今から仕事?と聞かれましたので、
「お墓の花を買いに行くんですよ」と答えました。
「こんなに水仙が咲いてるのに?これで充分だと思うけど」と言われ、
そうか~と思い直し、「その方がいいかもしれませんね。そうします」と答えました。

ご先祖様は、立派なお花を供えて欲しいわけじゃないですよね。
「今朝、家で摘んだお花です」とお供えする方が素敵かもしれません。

我が家の庭は、義母さんが毎日のようにお墓に通っていた頃は、
お墓のお供えにピッタリのお花ばかり植えてありました。
今の庭はそういうお花が少ないので、つい、買いに行こうと思ったんですけど、
これは頻繁にお墓の花を替えに行かないこともありますね。
お仏壇のお花は普段、庭のお花を使うことが多いですから。

自宅からお墓はすぐ近くで、昔、まだそこそこ歩くことのできた義母さんは、
天気のいい、お散歩日和の日には、午前中にお墓詣りをしていました。
午後からは、遠い親戚の経営していら小さな薬局に通っていました。
喫茶店でコーヒーを飲むように、薬局でリポビタンAを飲んで、おしゃべりして。
ああ、懐かしいなぁと思いだしました。
もうあの薬局はなく、経営していた親戚も亡くなりました。
義母さんは歩くどころかつかまり立ちもできなくなりました。
あの頃には想像もしていない未来でした。

義母さんの元気な頃といえば、嫁いびりが酷かった頃で、
義母さんに関していい思い出は少ないですが、恨みが消えた今では妙に懐かしいです。
想い出の中の景色は、ぴかぴか光っているように感じられました。
元気だった義母さんと親戚のおばさんの笑顔も、小さな薬局の中の風景も思い出されました。

お墓にお供えしたお花は、白の水仙とローズマリーというシンプルなもの。
花を切っている間、鶯の声がしていて、春だなぁと思いました。
鳴き方の下手な鶯の声が続いたときには、愛おしい気持ちになりました。
けきょっ、けきょっ、と下手な鶯の声って、可愛いですよね?

お墓のご先祖様に、久し振りにご挨拶しました。
南無阿弥陀仏を唱えて、後は心の中で。
今日も家族は元気で出かけました。いつも見守ってくださってありがとうございます。
おばあさんも施設で元気に暮らしています。ありがとうございます。
庭で咲いたお花です。今は水仙がたくさん咲いています。

今日は風のない日でよかったです。
昨日はとても風が強くて寒かったのです。

さて、もう少ししたら自転車で仕事に出かけます。
平和な朝が有難いですね。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
私も仏壇のお花はほぼ100%庭の花。菜の花が咲きましたなどと報告しながら,供えています。お墓は、庭の花なら喜ぶだろうと思いながら、つい手ぶらのお参りが多いです。反省しなくては。さっそく、雪柳の報告に行きたいと思います。

姑さんとの辛い過去も消えたのもkoalaさん流の過去の浄化が実ったのでしょう。
私もなにが効果があったのか分かりませんが、嫌な思い出も、事実の記憶はありますが、感情的な怒り、辛さ、絶望などは、完全といっていいほど消えました。人の場合には笑顔で会えるのではないかと思っています。
No title
読み終わって胸が温かくなりました。
私も舅に対しての嫌悪感がいっぱいありましたが、時を経て舅が認知症になったこともあって、こんなにも感情が穏やかで温かくなるものなんだと思ったところです。

水仙がお庭に咲いているって素敵ですね。確かに私の母の田舎でも庭でお花を栽培して仏壇とお墓と仏様にあげていました。私も懐かしく思い出しました。そろそろお彼岸ですね。私もお墓参りに行かなくちゃ!
No title
sioさんへ

私の家からお墓はすぐそこなのですが、ついご無沙汰してしまいます。
でも、罪悪感を感じないようにしようと思っています。
手ぶらで行くというのもありですね。
4つ花入れがありまして、なかなかのお花の量ですので、
それを思うと億劫で、というのが御無沙汰の理由でもあるので。

私の場合は、今はもう義母さんのパワハラ(笑)がないからというのが大きいです。
良く介護殺人の事件などで、長年介護してきて、暴言を浴びてきたなどと聞くと、
それは大変すぎる、どうしてその介護から逃げる道がなかったのか、
逃げれば犯罪者にならずに済んだのにと思います。
話がすごい方向に飛んでごめんなさい。
感情的な怒り、辛さ、絶望が継続中とそうでないことには天と地の開きがありますね。
No title
ミーさんへ

舅さんが今はもうミーさんにパワハラしない、できない、そういう環境ですよね。
私も同様で、義母さんは2泊3日だけお世話すればいい人に変わりました。
自宅介護だったら、私はまだ、どろどろした気持ちのままだったかもと思うと、
施設が有難くてたまりません。
2泊3日だったら、かなり優しいお嫁さんでいられますが、毎日だったら無理です。

もうすぐお彼岸ですね。
昔は山ほどぼた餅を作ったものです。(笑)
No title
おはようございます(^^)。

子供の頃はそうでしたよ(笑)シンプルでも心が篭ってます。

今日も笑顔で素適な一日を過ごしましょう。
No title
みゆきママさんへ

立派なお花がいいという事じゃないですよね。
気持よくお参りできました。
子供の頃、お墓参りした思い出も思い出しました。
No title
こんにちは!
とても温かいお話でした。

家のお花を鶯の声を聴きながら摘んで、義母様の昔の元気な姿を懐かしみ、お花をお墓にお供えして、ご先祖様に近況を報告し感謝の気持ちを伝えるhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/037.png">・・これほど心のこもったお参りはありません。
ご先祖様は、koalaさんやご家族様のことをいつも見守って下さいますね。
来週は、お彼岸。姉と一緒にお参りしてお墓の掃除をしようと思います。私もkoalaさんのような気持ちでお参りしたいです。
No title
ちゃんちゃこりんさんへ

とても素敵な解釈をしていただきありがとうございます。
考えてみれば、とてもいい感じのお参りが出来ていたのですね。

義母さんは、元気な頃は、ほぼ毎日お墓参りしていましたが、
私はなかなか行けていないという心の負い目がずっとあったのですが、
昔の義母さんほどたっぷりの時間がないのが私の現実で、
自分に出来る範囲でお参りして行けばいいんだなと、
ちゃんちゃこりんさんのコメントを読んで、素直に思えました。
ありがとうございました。