FC2ブログ

Post

        

日帰り「はづ木」レポ

category - 日記
2011/ 07/ 22
                 
お疲れ気味のオットと出かけるにはどこがいいかなと
検索して迷って、決めたのは古い旅館の日帰り利用でした。

愛知県新城市には「はづグループ」の旅館がいくつかあり、
そのうちのひとつが漢方薬膳会席料理の「はづ木」です。
以前利用した同グループの「はづ合掌」がとてもよかったのです。
当日朝の電話予約でも大丈夫なので、今朝になって予約しました。

ちょっと道に迷ってしまったんですけどね、
実は以前友人と何年も前に出かけたお食事処「ゆかわ」の
目と鼻の先にある旅館さんでありました。

到着したら先ずロビーでお茶とお茶菓子が出ます。
写真を撮るの忘れちゃいましたが、
お茶菓子が、消化を良くする薬膳菓子で、
お茶も薬効を忘れましたが漢方のお茶です。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/58/imgc17d0150zik7zj.jpeg

ここがロビーです。夏休みに入りましたがとても静か。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/59/img563ab956zikfzj.jpeg

川のせせらぎの音だけが聞こえました。
この川は宇連川といいますが、板敷川という別名もあります。
川底が一枚板のような石で出来ているためにつけられた名前です。

ランチ客は私たち1組だということで、
素敵な露天風呂は貸切でした。
とてもいいお湯でした。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/62/img49b19277zik4zj.jpeg


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/61/img07d3a6edzikfzj.jpeg

お風呂上りのお茶が用意されている場所が
なんともレトロでいい感じ。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/63/img4f898fc1zik1zj.jpeg

お食事処は個室でした。
+2100円でお泊りのお部屋食にできるとのことでしたが、
お食事処がこんなに素敵なら、お泊りのお部屋はさぞかし・・。
お部屋食にしていただけばよかったかしらん?!

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/65/imgfb6cdcd2zikfzj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/64/img567213c8zik8zj.jpeg
 まず、人を若くきれいにする老酒!と鳥胸肉のスープと紅花入り海老の炒め物
 魅力的な老酒でしょう?(笑)海老料理が海老の器で可愛かったです。
 海老がとっても美味しかった~。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/67/img9e7d2be1zik7zj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/66/img6751af2bzikezj.jpeg

 魚の蒸し料理はお魚の器でした。お肉はなんとダチョウ。
 食用菊の花が添えられていて、煮込みに自分で菊を散らしました。
 薬膳料理って、もっと漢方薬臭いかと思ったら、上品で美味しい!

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/69/imge2b33180zik5zj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/68/imgf90a6d34zikazj.jpeg

 真珠の粉のはいった小さな肉まん、タピオカ入りのお汁粉、
 チンゲンサイの炒め物です。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/71/img8f009835zikdzj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/70/img49065432zik4zj.jpeg

 卵白と貝柱の炒め物、鳥骨鶏のスープと炊き込みご飯、羅漢果のお茶、お漬物
 このスープのお味がすごく私の好みでした。
 しかし、器の持ち手が人間の顔だったのでびっくり。
 海老には海老の、魚には魚の器だったので、
 鳥骨鶏のスープにはてっきり鶏のデザインがついていると思って見たら、
 丸坊主の男性の顔なんだもん・・・。器は中国のものだそうです。
 そうですね、日本人のセンスではありえないよね。(笑)

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/74/img6ebbbe2azikczj.jpeg

 白きくらげと果物のデザートとタンポポコーヒー

以上、お食事は1時間半ほどでした。

実はこの後、滝を見に行く予定だったのですが、
2人とも、怖ろしく眠くなってきました。
温泉の効果か、薬膳の効果か、ただの寝不足か?

県内だし、また滝はいつでも見に来られるねと言い、
(でも多分、わざわざ滝のためには来ないんですよね)
そのまま帰宅して、2人とも昼寝しちゃいました。
これは想定外でしたよ。
もう若くないので、夏の暑さの疲れがどっと出たのでしょうか。
まだ7月なんですけどね・・・。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
なんだかとても凝ったお料理ですね。
薬膳というと、ちょっとクセのあるイメージがありますが、
ここのはとても食べやすそうです。
ダチョウの肉は、高タンパク低カロリーだと聞いてますが、
お味の方はいかがでしたか?
真珠の粉のはいった肉まんというのに興味津々です。
品数は多いけど、スッとはいりそうなお料理ばかりですね。
ご馳走食べて、お風呂をいただく・・・贅沢です~。
No title
ねえねさん

私は薬膳会席を食べるの、初めてでした。
美味しかったです。
もっと漢方薬臭いのかと思っていました。
ダチョウはよく煮込まれていて美味しかったですよ。
繊維の感じが鶏肉に似ていましたが、
昔食べた鯨の角煮とも似た食感でした。
ねえねさんの世代では鯨なんて食べてないかな~。
真珠の粉の味は全く分かりませんでしたが、
美肌効果があるそうです。(笑)