FC2ブログ

Post

        

種をまく人になる・人の重荷を背負うな

category - 日記
2019/ 01/ 12
                 
YouTubeで時々「テレフォン人生相談」を聞いています。
昨日聞いたアドバイスがとても良かったので、ご紹介します。
泣いてしまう相談者さんは、悲劇の主人公になっていることが多くあまり好きではないのですが、
この相談者さんは、そういう方ではありませんでした。


TEL人生相談◆大丈夫ですよ人の重荷は背負うことはありません。涙の相談者 加藤諦三 マドモアゼル愛 2018/02/22◆人生上げてこ

ご両親は、相談者さんの小さい頃から暴言などの心理的DVがひどい親でした。
問題を抱えた親が2人子供を持つと、1人をいじめ、1人を猫かわいがりするそうですね。
言い方を変えると、親は、1人の子供の言いなりになり、もう1人を自分たちの言いなりにさせる。
この相談者さんにはお兄さんがいまして、親はそのお兄さんには言いなりになり、
お兄さんが借金すれば、それを払ってやるような過保護ぶりでした。

相談者さんは、集団就職で家を出て、結婚したのですが、その後離婚したことを契機に、
またご両親と一緒に住むようになります。
12年前、小学生2人の子を抱えての離婚で、相談者さんは親と同居しながら働きました。
母親は出ていけ!お前はどうしようもない奴だ!などと暴言を吐き続けていました。
2年前にはがんになりました。それでも暴言は続きました。

離婚時に小学生だったお子さんが、今、大学2年になり、ふっと相談者さんは、
(ああ、私はちゃんとここまで子供を育てられた。もう家を出ていける)と思ったそうなんです。
子供にも、お母さんは市営住宅に申し込んでくるねと話をしたそうです。

ところがそれを感じ取った両親の態度がころりと変わり、ものすごく優しくなったそうです。
相談者さんとしては、その優しさは空しいだけ。
でも年老いた親を捨てるような事をしたら後悔するのではという気持ちもあり、
どうしたらいいかわからないという相談です。

相談内容は2つありまして、もう一つはお兄さんのことなんですけれど、
そこまで書いているととても長くなるので割愛します。

マドモアゼル愛さんのアドバイス

家を出ようと思ったのは正しい選択。
結果を求めるストレスから自分を解放しましょう。
今、わかってもらおうとしないこと。相手のその能力がない。
私たちは相手の意識を変えることはできない。
でも、ある時、その人の意識が変わって、理解できる日が来るかもしれない。
そういう意識を変えられるかもしれない種まきを、あなたは今までしてきた。

いい種をまくというのは人間として素晴らしい行為であなたはそれをしてきた。
自分を大事にすることと種をまく人になることは矛盾しない。
出来る範囲で、種をまけばいい。

娘を追い詰めることで、あなたの親は、自分たちの問題を回避してきた。
そういう対象になることは、拒否しなくてはいけない。
だから、そういう親と距離を取るのはいいこと。

加藤諦三さんのアドバイス

マドモアゼル愛さんのアドバイスを言い換えるなら、人の重荷を背負うなということ。
これはシーベリーという人の言ったことなのだけれど、
人の重荷を背負うというのは、その人の成長を妨害することだから、いけない。
例えばお兄さんの犠牲になることで、お兄さんはいつまでたっても成長できない。

お母さんはあなたの暴言を吐くけれど、その攻撃性は、本来はお父さんに行くべきもの。
あなたが出て行こうかと思った時に、はじめてお母さんはそれに気が付いた。
何とかしようと思わないこと。
あなたが苦労すればするほど、努力すればするほど、周りはあなたに頼ってくる。
死ぬまであなたに頼りますよ?
あなたがいいことをしようとするとどんどん周りの成長を妨害します。

お前の重荷はお前が背負え。
あなたが家を出ていけば、それぞれの重荷を自分で背負ってもらうことになる。
最期はあなたが人生の勝者です。

いい話を聞きました。

こんなにひどくないけれど、義母さんも義姉さんもそういう傾向があるので、
種をまく人になる・人の重荷を背負うなというアドバイス、心に染みました。

相談者さん、幸せになってね~!
この人なら大丈夫って思えます。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
記事と関係ないコメントになって申し訳ないですが~
マドモアゼル愛先生って、少女漫画雑誌の占いのコーナーを担当してましたよね?私、ずっと、貴婦人みたいなお姉さまだと思ってたんです、マドモアゼル愛先生のことを(お名前から)。
オッサンだと知った時のショック(笑)。
No title
koalaさんは、少なくとも過去に重荷を背負ってきたのでこの回答にとても共感したのだと思います。私も、しきたりや世間的で重荷を背負うのは間違っていると思います。
ただ、不本意であっても重荷を背負うということは(つまり自己犠牲は)は、人間だけができる美しい行為という側面を見落としてはならないと感じます。
No title
いいお話でした。
「人の重荷を背負うな」その理由が「その人の成長を妨害すること」…ふっと主人が頭に浮かびました。私がやればやるほど主人は私を頼ってくる構図に似ていると思ったからです。主人が舅に対して変わらないのは、私が妨害しているからなんですね…。
「お前の重荷はお前が背負え」っていう言葉を聞いて、私は自分のことを優先していいんだって思いました。そう思ったら気持ちが軽くなりました。私もやり方を変えて、種をまく人にならないといけないなって思いました。

余談ですが…
私も「マドモアゼル愛先生」って言っているので、きらびやかな女性をイメージしていたので、男性の声が聞こえた時は驚きました(笑)加藤先生っていい声をしていますね。
No title
ねえねさんへ

マドモアゼル愛っていう名前で、まさかオッサンとは思いませんよね。
自分の占いでこの名前がいいって出たんだろうか?(謎)
ねえねさんのように、全てOKという肯定感のある方には、
テレフォン人生相談なんて全く不要なのですが、この相談者さんは、
暴言浴びて育っている上に、集団就職先でいじめられていますので、
自己肯定感が低いです。
そこを「あなたはいい種まきをしてきた」と彼女の過去の努力を全面的に認め、
「あなたがいいことをしようとするとどんどん周りの成長を妨害します」と後押しして
毒親と距離を置こうとする彼女の背中を、優しく強く後押ししてて感動しました。
私がこんなに感動したのは、自分がまだ自己肯定感が弱いからかなって思いました。
No title
sioさんへ

間違っているのですが、相手はしがみついてくる。(爆)

この相談者さんは大丈夫です。とりあえず、2人で暮らせる毒親なので、
市営住宅に移って離れて暮らし、両親が自宅で暮らせない状態になったら、
介護保険のお世話になって、施設で暮らしていただけばいいです。
相談者さんが同居していれば、入所は嫌だと駄々をこねられますが、
老夫婦2人で暮らしていく中で、いろいろ経験して、学んでいただきましょう。

自己犠牲は美しいですが、自己肯定感の支えの上に築かれないと本人を不幸にします。
なので、自分のために相手を犠牲にしてもらおうと思う人というのは、
まずは徹底的に相手の自己肯定感を崩しにかかります。
私もとにかく嫁いできてからは暴言を浴び、否定され続けました。
この相談者さんは、生まれてずっと否定されてきたので、
刷り込まれた自己否定感がどれほど深いかと想像し、胸が痛くなりました。
No title
ミーさんへ

ご主人や義姉さんに舅さんに無関心なのは、そういう風に育てられたからと
ミーさんが手を引いたらご主人が変わるどうかは難しいところかなと思います。(涙)
日本人の昔の価値観では、介護は嫁の仕事。
うちの義姉2人は、うちに来てきっぱりそう言って、
義姉たちを一切頼るような事はしないで欲しいとくぎを刺していきました。
ミーさんの義姉さんもご主人も、そういう感覚なんじゃないでしょうか。

うちの場合、義母さんがどうしてもつかまり立ちもできなくなって、
私一人での介護は不可能になって、夫が変わりましたが、
つかまり立ちできるままだったら、変わらなかったかも。

ミーさんお一人で介護を支えて来て大変だったと思います。
私もそれぞれはもう大変だったので(苦笑)、お察しします。
同居していて手を引くのは至難のワザ。
でも、自分を大事にしていい!って胸に刻んで、
せっかくの人生、お互いに、楽しんで感謝して過ごしていきたいですよね。