FC2ブログ

Post

        

いつかそういう時間が終わる、その日は来る

category - 日記
2018/ 11/ 27
                 
誤解されるような表現がありまして、冒頭で補足を書きます。
叔父は末期がんではありますが、余命〇年と言われておりまして、
今すぐひどいことになってしまうという状況ではありません。
今回も、入院は2週間ほどの予定と言われていますし、
退院後の治療計画の話も出ています。
この病院は、緩和ケアもある大きな病院で、いよいよとなったら、
緩和ケアを勧められます。
タイトルからして、危篤が近いように誤解を生むようなブログで反省しています。
5年、10年という感じで、そこそこ元気な寿命が延びますようにと願っています。

朝6時10分、近くに住む叔母から電話がありました。
早朝の電話って、たいてい悪い電話です。
叔父には日曜日に夫が会っています。
末期がん宣告を受けている叔父ですが、医学の進歩にかけています。。
夫と叔父が会ったのは、日曜日に私が仕事に行っている間のことで、
叔父はお歳暮を持ってきてくれたのでした。
月曜日にまた耳鼻科に入院すると言っていたそうです。

叔父は立ちくらみ・ふらつきがあり、食欲がなく、下痢がひどくなり、
耳鼻科ではなく、内科に入院したそうです。
すぐに下痢は止まり、食欲はないままですが、点滴で栄養補給されたためか、
立ちくらみ・ふらつきも収まったということです。
体調が落ちついたらいろいろな検査が待っています。

叔父と伯母は2人暮らしなので、叔母は格別細いのでしょう。
話しだしたら止まらず、1時間ほど話し込んで、
バスに乗らなくちゃ、と言って電話を切りました。

酒豪で陽気なご夫婦だったのですが、
叔母は感情の起伏が激しくて、落ち込む方も激しいところがあって心配。
長男ご夫婦さんと2人のお孫ちゃんが、励ましてくれていると思いますし、
叔母の妹さんご夫婦も、力になってくれているのですが、
誰だって、配偶者が末期がん宣言されたら、激しく動揺しますよね。

父が末期がん宣言された時、母はどれほど動揺しただろうかと思いました。
私もとても動揺しましたが、母はもっともっと動揺したことでしょう。
宣言された時、私が一緒にいてあげられてよかったですが、
父と2人暮らしで生きてきた母にとって、どれほどの衝撃だったことか。
余命半年と言われましたが、2年半以上大丈夫でしたし、
2年間はかなり元気で、一緒に旅行したりしていました。

その後、母も末期がん宣告を受けました。
余命3か月、半年は望まないでくださいと言われましたが、
胃に入れたステントのお蔭で、食欲と体力が回復し、1年10ヵ月過ごしました。
父の時と一緒で、最後の日々以外は、そこそこ元気で、私と毎日出かけて歩きました。

もうずっとずっと前の話。
医学は進歩しているので、そこに期待しましょう。

両親も、母の姉である昨年亡くなった伯母も、
この世よりいいところに行って安らかでいるのだと思えるので、
私の感覚では、死は怖いというのは薄いのですが、
叔父に万一のことがあったら、現世での関わりを持てなくなってしまう、
叔母の淋しさを想像すると、叔父の寿命をうんと伸ばせるといいなぁと思います。

今日は私の58歳の誕生日。
誕生日の朝にこんな電話を受けました。

今、元気に生きているのは決して当たり前なんかじゃないのだよ
この世で他の人たちとの関わりを持って過ごしているのも、当たり前じゃない、
いつかそういう時間が終わる、その日は来る、というのをしっかり意識して、
この世のひと時を感謝して過ごしなさいねということかなぁと
しみじみ感じた朝なのでありました。






スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
叔父様おいくつですか?
高齢なら痛みも激しくないかもしれませんし、医療の進歩により、
末期であっても、穏やかに過ごせることもあると思うので、
どうか叔父様やご家族の皆様が、普段と同じような身体と心で変わらず生活していけますように。
No title
お誕生日おめでとうございます。
おめでとうございますというのは「生まれてきて良かった」ということですから、決して当たり前のことではなく、有ること難しで、感謝ですね。58本のロウソクの一本一本が感謝の灯でしょう。

私もそんな感謝の80歳の誕生日を来年迎えたいです。
No title
お誕生日おめでとうございます。
叔母様からの早朝に電話。しみじみ人生を感じますね。
叔父様の寿命が少しでも長く、苦痛なくおられるようにと祈ります。

私も11月生まれ。ちょうど10歳違いですね。
No title
ねえねさんへ

ありがとうございます。叔父は70代です。
金曜日から体調が悪くなったのに、依然調子の悪かった日曜日にも、
1人で我が家に来て、夫と話しています。
その後体調をさらに崩したようですが、入院1日目で下痢は止まり、
全身状態も回復してきたそうです。
体調が回復したまま、そこそこ元気で過ごしてほしいです。
No title
sioさんへ

おめでとうございますというのは「生まれてきて良かった」ということなんですね。
生まれてこなければできなかった経験は、喜怒哀楽全て含めて、
かけがえのないものなのでしょう。
怒りと哀しみについても、経験しないとわからないことがわかったわけですし。

私はすでにちょっと人生に疲れてはおりますが、やはり生きていることは有難いです。
sioさん、今度のお誕生日は80歳なのですか?
義母さんは次の誕生日で89歳です。
No title
ミセスRさんへ

ありがとうございます。
ミセスRさんは10歳先輩なのですね。
素敵な先輩に出会えてありがたいことです。

叔母は本当は別に早朝に電話をかけてくる理由はなかったのです。
我が家は早起きだし、子供の手も離れた年齢なので、6時10分から
1時間電話をされても困りませんが、普通はそれは非常識です。
心が乱れて、判断能力が落ちているので、落ち着かせてあげなくちゃと感じました。
No title
(☆-Ⅴ・)p||*:;;;:*HДРРЧ ВIЯтH DДЧ*:;;;:*||q・Ⅴ-★)
No title
ねえねさんへ

ありがとうございます。
また少し還暦に近づきましたよ~。(爆)
No title
遅くなりました。お誕生日 おめでとうございます これからも ブログ 時々 見に来ますね。