FC2ブログ

Post

        

救急車を呼ぶ前の状況

category - 日記
2018/ 11/ 15
                 
先日、私の職場で、体調不良になられたお客様がいらっしゃいました。
救急車を呼んで、病院に行っていただきましたが、発見してくださったお客様は、
偶然ですが、私の知り合いのご夫婦だったことがわかりました。

体調不良で、立った姿勢からうずくまってしまったのを遠めに見つけたそうですが、
うずくまるお客様の近くを、何人もの若いお客様が、知らん顔して通りすぎたそうです。
知り合いのご夫婦は、びっくりして駆け寄って、ご主人が抱き起してくださったそうです。

その後は店のスタッフが対応しましたが、その後、また来店くださった知り合いご夫婦が、
店内に私がいるのを見つけ、あの時のおじいさんは大丈夫でしたか?と声をかけてくださって、
発見・保護してくださったお客様が知り合いのご夫婦だったとわかりました。
詳しい話を聞かせてくださいました。

「ありがとうございました!見つけてくださったのが〇〇さんご夫婦だったなんて知りませんでした。
あの後すぐに救急車を呼びましたが、大丈夫だったと思います。
ああいう時は、一刻を争うかもしれません。
すぐスタッフが発見できなくてごめんなさい。助かりました。ありがとうございました。」

お礼を言っていると、ご夫婦が、こうおっしゃいました。
「私たちより近くにいた人たちが、知らん顔して通り過ぎちゃうのを見てびっくりしたわ。
日本っていつからそんな国になっちゃったんだろうって。
よろよろと倒れてうずくまったんだもの、誰も気がつかなかったとは思えない。
私たちの年代ではありえない。それがとってもショックだった。」

私も話を聞いてショックでした。
知り合いのご夫婦が助け起こした後ならば、ご夫婦を倒れた方の知り合いと勘違いして、
御家族が快方していると思い、知らないふりをしても仕方ないかもしれません。
でもその場合だって、例えば自分がその場に居合わせた客だったとしたら、
大丈夫ですか?店の人を呼んできましょうか?と声をかけるんじゃないかと思います。
それが私の知っている、普通の反応だと思っていました。
知り合いのご夫婦もそう思っていらしたところ、全然違った、という話です。
救急車を呼ぶ前にそんな状況だったのですね。
怖いなぁ。



スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
倒れたお客様、その後は大丈夫でしょうか?
早い回復お祈りします。

知らないふりって、なんだか悲しいですね。
こちらは、例えばバイクでこけたりしたら、そんなにたいしたことなくても、物凄い人がどこからともなく出てきて、助けてくれます。
私が転倒した時も夜中で、人のいないような道だったんだけど、
工事してるような人(?)が起こしてくれて、すぐに近所の人が何人も出てきて、お水くださって、すりむいたところ手当してくれました。痛くてバイクに乗れなかったので、家まで送ってくれ、
私のバイクは違う人が運んでくれて、すごく有難かったです。

ともすればお節介になるほど、助けてくれます。
しかし一方では、病院行っても、適当な対応されたり、外国人だから
VIP料金取ったりして、日本とは別の次元の酷さも横行しています。
No title
わ~、怖いですね、知らん顔して通り過ぎるなんて。
知り合いの人だったから入ってきたお話ですね。
なんだか冷たい世の中になってきてるんでしょうか。
No title
おはようございます(^^)。

恐い話ですね。。。
こちらはお金が無ければ診ては貰えませんが…でもここマリンドゥケは大丈夫ですよ!
親切に診て貰えお金が無ければ色んな助け舟が、、、だから良いところです。

今日も笑顔で素適な一日を過ごしましょう。
No title
発見が早くて良かったです。
私も過去に4回、年配の方の転倒に遭遇したことがありまして。幸い4回とも救急車を呼ぶほどではなく済んだのですが、やはり誰一人駆け寄る人はいなかったんですよね。それは若い人に限らず、中高年のオジサンだったり、隣で同じ状況を目撃していたはずの我が姉だったり。私が駆け寄って、ようやく自分も近寄る…みたいな。私が「行ってあげて」と促して(私が運転中だったので)ようやく腰を上げるみたいな。
なんでしょう?知らない人と関わる事が怖いのか、目の前の状況が認識できてないのか、認識できても「うずくまってる?」としか思わなくて「助けなくちゃ!」に発想が達しないのか。
No title
ねえねさんへ

例えばバイクでこけたりしたら、そんなにたいしたことなくても、
物凄い人がどこからともなく出てきて、助けてくれる社会。
私、そういう社会が好きですよ。
もちろんそういう社会は、ニュピの時に灯りをつけていないか
見張りをするような社会でもあるのですけど、無関心よりずっと人間的。
目の前で人が倒れて行って、知らない顔できるなんて信じられません。
No title
ミセスRさんへ

いろんな方がいらっしゃるのが社会ですけど、
こういう無関心はとても怖いです。理解不能・・・。
もし、一刻を争うような症状だったら?とか考えないのですかね。
何か手助け出来ないか?という感覚がない人が増えるのは恐ろしいと思います。
No title
みゆきママさんへ

フィリピンはお金がないと病院で診てもらえないですか?
アメリカはそうだって言いますね。
マリンドゥケは大丈夫ということでほっとしました。
人情が経済を上回っているのですね。
No title
まめクロさんへ

4回も転倒に遭遇ってすごいですね。
神業的なテルテル坊主といい、まめクロさんって神通力があるのかも。
しかし、4回とも、誰一人駆け寄る人はいなかったって・・・
なんで、明らかに様子がおかしいのに、「助けなきゃ」と咄嗟に思わないのか
反射的にそう思いそうな気がするので、ちょっと理解できないんですが。

今回の場合、店内のことなので、関わるのが怖かったら、
「すぐ店員さんを呼んできますからね」と言って、呼ぶだけでもいいのに。
まめクロさん、運転中だったのに、咄嗟に行動出来てさすがです。
No title
我家でも、主人が駅で倒れた時、だれもたすけてくれなくて、知り合いが駅員に言ったそうですが、その知り合いも、主人に声駆けもせず、通り過ぎ駅員に「たおれているひとがいる」と言ったそうです。
務めている頃の帰りなので、人はかなり多くのの人が通り過ぎています。
救急車に乗るほどではなかったのでタクシーで帰宅しましたが・・・
白髪になる前だったので、酔っ払いと思われたようです。
医者からおかしいと思ったら飲むように渡されていた薬を飲んだら、動けなくなったようです。
最近の日本は怖いこと多いですよね!
No title
みつきさんへ

酔っ払いだったら怖いと思ってスルーされたのでしょうか。
近寄ってもお酒の匂いなどしなかったでしょうに。
大したことにならずによかったです。
外で倒れてしまう方の中には、誰かが手助けしてくれて、
もう少し早く適切な処置が受けられたらよかったのに・・・という場合も
たくさんあるだろうにと思うと、今の日本が恐ろしいです。