FC2ブログ
2018/09/15

Post

        

穂高養生園に行きました 3日目(最終日)

category - 日記
2018/ 09/ 15
                 


朝は8時から、1時間半の森林散歩に参加しました。

歩きはじめてしばらくして、道路を横切るカモシカを発見!
山道に入る前の、車が通る舗装された道の真ん中にいました。
道を横断する途中で人間に出くわしたカモシカさんは、
一瞬立ち止まりましたが、さっと逃げて行きました。
カメラは間に合いませんでしたが、何だか感動しました。

画像のスタッフのガイドさん、お名前はなんとナナちゃん!
こちらのお宿に何度か宿泊されて、1年間のスタッフさんに応募されたとか。
「降りていく生き方」がわかったような気がするっておっしゃってました。
「降りていく生き方」!私の大好きな映画です。

昔描いたブログがこちら



ナナちゃんって、妖精みたいな雰囲気の人だなぁと思いつつ、後をついて行きました。



誰が編んだの?と聞きたくなりません?(笑)
自然ってすごい。面白い。





書き忘れましたが、宿泊棟の出入り口には熊鈴が置いてあり、
必ず持って出るように注意がありました。
割に最近も、熊に出くわした宿泊者の方がいたそうです。
座りたくなったら使ってというミニシートも置いてありました。








あっという間に1時間半は過ぎ、お散歩終了。
私は例のごとく温泉に入り、友人は休憩タイムでした。



今日はパンの日。こだわりの天然酵母のパンです。
山盛りではないですが、バイキング形式で、私はビーツのスープとサラダをお代わりしました。

このお宿は自然を汚さない宿を目指していて、食器洗いはアクリルたわしと書きましたが、
それ以外も、トイレも微生物分解方式なので、ペーパーはごみ箱に入れます。
備え付けのものは、環境にやさしい全身シャンプーとリンス、トイレの手拭きタオルとドライヤーくらい。
パジャマもタオルも各自持参で、洗濯機を使用する際は備え付けの石鹸を利用。
あのきれいな川を、合成洗剤で汚すのは避けたいですよね。

でも、誰の家から出る合成洗剤も地球を汚すのは同じこと。
ごめんね、自宅では合成洗剤のお世話になって、地球を汚してて。



チェックアウト時には、ベッドのシーツ、枕カバーを外して、所定のかごに入れます。
朝食が10時半で、チェックアウトが10時なので、これは朝食前の仕事。
荷物もすべて部屋から出し、鍵もお返しして、朝食会場へ。
宿泊客が最後の朝食をいただいている間に、掃除をするシステムのようでした。

チェックアウトしたら、部屋からは出なくてはいけませんが、
建物の共同部分や温泉は出入り自由なので、帰りの時間まで過ごすことが出来ます。

私たちはこのウッドデッキで、少し離れた場所で、それぞれ寛ぎました。
友人はここでお昼寝!
神経質な人なのに、この宿ではやたら眠くてよく眠れるんですって。
私は座布団を2つお借りして、体操したり瞑想したりして過ごしました。
あ、その前に、温泉にも入りました。(笑)

穂高駅まではバスで帰ります。
有明山神社前というバス停から乗るので、乗る前に有明山神社にお参りしました。








この四角い穴をくぐると吉運を招けるそうですので、もちろんくぐりましたよ。
足るを知るって書いてありますね。
むさぼらない、少しで満足する心が吉運を招くのは本当だと思います。




神社の鳥居にあるしめ縄が、外れてしまって、数人のおじさんたちが直していました。
簡単だと思ったら、こんなに高いか~と嘆きながらも、なんだかとっても楽しそうに。
どのくらいかかってで直ったのかな?
バスが来てしまったので、直る所を見られませんでした。



穂高駅に到着し、会社へのお土産を買って、行きに寄ったカフェ「ひつじや」さんに。
春秋いちごのジュースアイスクリームトッピングをいただきました。
家へのお土産はここで買いました。
「ごまかし」という胡麻のお菓子。



それから、徒歩で行ける穂高神社に行きました。
2泊3日、ほぼずっと、宿と宿の周辺の森でしか過ごさなかったけれど、あっという間でした。

ベッドとベッドサイドの小さなテーブルしかない部屋で過ごした時間を思うと、
我が家はやはりとてもゴチャゴチャしています。
生活するって言うことは、そういう面もあるので、仕方ないですが、
少しずついらないものをそぎ落としていきたいなぁと思いました。

これで今回の旅行記は終わります。
読んでくださった方、ありがとうございました。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
癒し旅ですね。素敵☆
カモシカに遭遇、感激ですね。ガイドさんがナナさんていうお名前っていうのも、なにか計らいって感じがします。

日本人はがむしゃらに頑張って、物質的に豊かになった経験があるから、今一度立ち止まる必要があるんじゃないか?って思い始めてるんだと思います。
自然に触れ内面を見つめる必要性を感じられる人は、
頑張ってきた人たちなので、イケイケどんどん!で生きていたのも
意味がある。ずっとここで生活するのはまたそれはそれで、違うものを求めてしまうと思うし。日常に適度なストレスがあり、たまにこういうところに来るとサイコー!
No title
カモシカなんて写真でしか見たことないですよ、そんな遭遇できるものなんですか!?スゴい!
やっぱり熊も出るんですね(汗)自然豊かで気持ちいいけど、気を付けて散策しないと。
詰め込み型の旅行もいいけど(特に私は詰め込み型)、こういう普段の生活を見つめ直すようなリフレッシュ旅行も良いですね♪
No title
ねえねさんへ

ガイドさんがナナちゃんというのにはびっくりしました。
実は昔、長女が高校生だったとき、家族の北海道旅行に一人だけ
時間の遅い飛行機に乗るということがあったんです。
一人で飛行機に乗るなんて初めてだし少し心配と思っていたら、
優しく接してくれたキャビンアテンダントさんがいて、
そのお名前がフルネーム私と一緒だったんですけど、そのことを思い出しました。

自然に触れ内面を見つめる必要性を感じられる人は、頑張ってきた人。
確かにそうかも。ねえねさん、鋭い!
うんと頑張って疲れてしまって、自分を取り戻す場所を求めて来てますね。
No title
まめクロさんへ

カモシカを間近で見られてとてもラッキーでした。
ガイドさんは一緒にお散歩中、リスも発見して、リスがあそこに!と
教えてくださったんですけど、え?どこどこ?と探している間に、
リスは去って行ってしまいましたとさ~。(笑)

詰め込み旅行、私も得意です!(笑)
ただ今回は、もともと友人とおしゃべり三昧に来たんで。
友人は横浜在住で、なかなか会えないんですよ。