FC2ブログ
2018/04/30

Post

        

義母さんの「地獄だ」が始まった・・・ヘッドスパ エイリランで頭をほぐそう

category - 日記
2018/ 04/ 30
                 
この間のブログに書いたヘッドスパ エイリランですが、
エイリアン的な(?)、映画「未知との遭遇」っぽいような
電気音を発しながら、頭を刺激してくれます。
ちょっとこの音、うるさいんですけど、小さくできないみたい。
3分で自動で切れるので、うるさいと言っても慣れますけど。
そのうち心地よくなってくるのかも?ある意味、洗脳?(笑)



デコレーション用シールが付いていたので、こんな風にしてみました。



昨日は仕事前に義母さんに会ってきたのですが、
帰りたい、家がいいと連発してました。
トイレに行きたいと言っても、後回しにされるのが地獄だと言います。

義母さんは紙パンツと尿取りパッドを常につけていますが、
トイレに行きたいと自宅で言った時に急いで連れて行っても、
もちろんその場で出る時もあれば出ない時もあり、
出る時も、前回の尿はパッドに沁み込んでいることがほとんどです。
2人かかりきりになるし、毎回しっかり尿意を感じての排尿ではないので、
つい後回しにされるのだと思います。
もちろん、排尿の感覚があることは大事で、トイレに行きたいと告げてトイレに連れて行ってもらい、
トイレで排尿したいのはもっともですし、ボケ防止にも大事だと思います。
でもそれを私たちから施設に要求するのは酷だという気持ちが強いです。
それを要求するならもっと高額な施設へ行くべきです。

私は鬼嫁なのではっきり言いました。
「それは、おばあちゃんとしてはすぐにやってほしいよね。気持ちはわかる。
でも職員さんは他にもたくさん仕事があるから、難しいこともあると思うよ。
おばあさんがもし家に帰っても、みんな仕事に行っちゃうよ。
月に2泊3日帰ってくるときは、家族みんないるようにしているけど、
他の日はおばあさんにつきっきりでいられる人はいないんだよ。
ここなら、待たされることはあっても、ぜんぶお世話してもらえるよ。」

義母さんはもちろん納得などしません。
更に怒った表情で、誰もわかってくれん!と吐き捨てるように言いました。
夫が、「地獄だっていうのなら、家の方が地獄に決まってる。
俺たちがつきっきりでいられるのは、毎日じゃないからだ。
一人で家にいられるのか、想像してみればいい。
みんな仕事に行って、呼んでも誰も来ないぞ。」

夫にも厳しく言われた義母さんは、すごいふくれっ面をしてました。
ますます地獄だと言い張るのです。

「2人の介護の人を専属でずっと雇うお金があればその問題は解決する。
でも、おばあさんも私たちも、そんなお金を持ってない。
きれいな個室で、座りたいときに車椅子に移してもらえて、寝たいときにベッドに寝かせてもらえて、
3度のご飯を出してもらえて、飲み忘れないように薬を出してくれて、
お風呂に入れてくれて、着替えも、部屋の掃除も、何も心配ない。」

「おばあさんは長い間、そこそこ元気で、家族のご飯の心配をして、
疲れても掃除も洗濯もしてきたよね。お風呂掃除もしてきたよね。
身体が弱って、今はそれが出来なくなったから、ここの人たちが代わりに全部やってくれる。
トイレはね、もちろん行きたいと言ってらすぐに行ってほしいものだと思う。
でも、ここに入っている人たちのそういうお世話を全部やっているんだから、
すぐにおばあさんをトイレに連れて行けないことだってあると思うよ。
そこだけで地獄だっていうのは、感謝がなさすぎない?」

こんなことを一気に言ったわけではないんですけど、会話としてとつとつと言いました。
昔から、義母さんは、簡単に「地獄」ということを言い出す所があったので、
以前の施設でもそれがひどくて、4階にいたので、4階の主任さんから、
別の施設に行っていただいて結構ですけど?!とよく苦情のお電話が入りました。
今更、義母さんが、感謝あふれる人にはならないのだろうと思いつつも、
これだけしていただいて地獄だなんてという思いが湧き、まともに反論しちゃう私でした。
言っても無駄なのだから、ああ、それは辛いよね、と流した方が、
とりあえず不満はわかってもらえたと、多少ましな心象になるのかもしれないんですが。

義母さんはつかまり立ちもできないので、トイレ介護は2人がかかりきりでないと出来ません。
基本的にこの施設では、そういう人はオムツ交換にさせていただきますと最初に言われました。
それが納得できずに、夜中に10分おきにナースコールを鳴らし続け、
出て行ってほしいと言われても仕方ないのに、特別にトイレ介助をしますが、
夜間は無理なので、それだけ納得させてくださいと言ってくださったこの施設の方たちに、
私も夫も、心から感謝しているのですが、義母さんは違うのです。

義母さん、お世話でしか生きられなくなってからの長生きって辛いね。
特に、丁寧にお世話してもらうのが当たり前と思っていると辛いね。
私にはそのストレス、どうしてあげようもない気がします。

こんなことを考えているから頭が凝るのかな?
ヘッドスパ エイリランちゃんに3分間マッサージしてもらおう。(爆)

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます(^^)。

大変ですね、気にしない事です(^^)と言っても気に成るのは仕方がないけれど。。。
煩いですか?可愛い感じのマッサージ器だけど、、、人間の脳は上手く出来てるそうです、慣れるらしいですよhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">

今日も笑顔で素適な一日を過ごしましょう。
No title
みゆきママさんへ

本当におっしゃる通りです!気にしないことが大事ですよね。
そもそも義母さんの問題を何とかできるかもと思うこと自体が自惚れです。
私は自惚れが強いんだわ~、でもそれはもうやめた方がいいですね。
気にしないことにします。
可愛くて怪しいマッサージ機です。少しずつ煩いのには慣れてきそうです。
No title
私は姉の愚痴は聞き流しています。(-_-;)
相槌はしかたがないよ~~~って・・・
koalaさんは優しいから… どうにかしたいと思って… 心に留めるのですね~
人間にそういう気持ち大切ですけれど、私は理不尽なことは無視します。
ご主人様がkoalaさんの見方でホッとします。
自分が壊れない程度に、頑張ってください。
No title
義母さんの御話をずーつと読んでいますと、いつも不満がある人生を歩んできたように思います。不幸なことですが、長い人生で育ってきた性格なので変えようがないでしょうし、変えようという気持ちもないでしょうね。
「地獄」になれることによって、不満が和らぐのを待つしかないのでしょう。
見方によっては不満を持つだけ意識がしっかりしているといえるのですが、本人も周囲も大変ですね。泣かれるよりはましですが。
No title
みつきさんへ

お姉さまの愚痴聞き、お疲れ様です。」
ああいうのは本当に疲れますね。

義母さんの、前に入所していた施設では、義母さんの文句が多すぎるため、
何度も私に苦情が回ってきました。
予算の関係で2人部屋だったので、せめて個室に入ってくれないかと言われましたが、
いつまで続くかわからない資金援助を増やすわけにはいかず、
本人に言い聞かせますからと頭を下げて、なんとかやってきました。
今の施設は優しくて、もっと程度の重い人が多いこともありそうですが、
苦情を言われることもなく過ごしていますが、もし出て行かざるを得なくなると、
もうトイレ介助など一切できないでオムツ交換のみの老人ホームしかないんです。
どうも考えると暗くなるのですが、先のことを心配しても仕方ないこと。
心配を丸めて放り投げてスルーして行こうと思います。
No title
sioさんへ

おっしゃるとおりなんです。
多分義母さんの観点では、義母さんはずっと不幸で、それは自分のせいではなくて、
周囲が、義母さんに対する気遣いがなさ過ぎて、不親切だから、みたいです。
これは義母さんの問題で会って、義母さんが何とかしたいと思っても、
周囲がどうこうできる問題ではないですね。
頭ではそれがわかっているつもりなんですが、実際に目の前で言われると、
その考えがおかしい・・なんて上から目線になってしまって、説教したくなり、
説教をオブラートに包んだ物言いになってしまいます。
自惚れだと自分に言い聞かせて、スルーして行こうと思います。
不満を持ったままボケて行ったらと思うと恐ろしいですが、
それもどうなるかわからないこと、まだ起きてもおらず、起きないかもしれないこと。
気分を切り替えて行こうと思います。
確かに泣かれるよりましですね!泣かれたらと思うとぞっとしました。(苦笑)