FC2ブログ

Post

        

うちのカミサンがね・・・

category - 日記
2011/ 06/ 25
                 
刑事コロンボのピーターフォークさんが亡くなったそうですね。
私が小学生の頃、家族4人で見たドラマです。
「うちのカミサンがね」という決まり文句で謎を解き明かす
ぼろいコートを着たさえない刑事のさえた推理。

まだそこそこ若かった、今は亡き両親と、
今はアメリカに住んでいる、3歳年下の弟。
そういえば母だけは、林檎をむいてきたり、
お茶を入れてきたりして、ずっと座ってはいなかったなぁ。

4人でテレビを見てた、というだけの思い出ですが、
もう戻らない日々というものは懐かしいものです。

ピーターフォークさんは、アルツハイマーの病状が進んでいて、
自分がコロンボだったことさえも覚えていなかったそうです。

私の子供時代は、子ども部屋にテレビなんてなかったし、
もちろんパソコンもなくって、ラジカセくらいでした。
家族が居間に集まって、一緒にテレビを見ることは、
現代よりずっと多かったのではないかと思います。

刑事コロンボを家族で見てたのは、昭和40年~50年頃??
昭和が平成になることも、両親が癌で死んでしまうことも、
弟がアメリカ在住になることも、自分が嫁姑の苦労をすることも、
な~んにも知らないで、刑事コロンボを見てた昔の私。

ピーターフォークさんのご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ほんと、今こんな風になってるなんて…知らない頃ですねぇ。
先日、義お兄ちゃんからメールで…姉夫婦の危機を知らされました。
姉は、何も言わないから…。
娘の事で、姉と口ケンカしていたのですが
何も無かったような感じで、「また長野の方地震みたいやけど大丈夫?」って
電話してみました。
これが、姉妹の不思議で…日が経つと普通に話してるんですよね。
娘の事…姉の事…。(ノ_-;)ハア…です。
またまた、koalaさんのとこで愚痴…コメントでごめんなさぃ。ぽち☆
No title
ぷりんちゃん

お姉さんご夫婦が危機なんですか?!
義兄さんから聞くなんて、びっくりしますよね。
ぷりんちゃんに心を許しているんですね、義兄さんは。
何でも人に相談したい人と、
自分で決めるから相談はしない人といますから、
お姉さんは相談しない派なんでしょうね。
実は私もそうなので、ちょっとわかる気がします。
でも、そんな大事なこと、話してくれても・・・って思いますよね。
お嬢さんのことも心配だと思います。
お互い、いろいろ・・・ありますね。