FC2ブログ

Post

        

義母さんは生来の自己中心的性格だったらしい

category - 日記
2018/ 03/ 19
                 
上の義姉さんとお話しする機会がありました。
義母さんの超が付くほど自己中心的な性格を、私は最近、
KEIKOさんのように「高次脳障害」だったのだろうと思っていたのですが、
それは違って、元々がそういう性格をしていたようです。

ここには書けませんが、普通なら義母さんが黙って背負ったであろう辛い仕事を、
義母さんは、長女だからと全て上の義姉さんに丸投げしてきたのでした。
しかも、義姉さんは結婚したばかりで、義両親さんと同居だったのに、
嫁家を犠牲にしないと出来ないような責任を負わされて、義両親さんたちにも責められて。
それとは別の、もっとつらい経験もしなくてはいけませんでした。
義母さんが自分がしたくないと丸投げしたから。

義姉さんが、その大きな出来事で、深い傷を負った後も、
当たり前のように他の用事で呼びつけてきたそうです。
私が嫁いで、義姉さんを呼びつけないでも嫁に丸投げすればよくなった後も、
嫁が言うことを聞かなくてむしゃくしゃすると、自分の気持ちのはけ口が必要なので、
義姉にしつこく電話で愚痴を言ってきましたし、私がいない時に呼び出したりもしてきました。

誰にも言わないでお墓まで持って行くつもりだったのだけど・・・と義姉は言いました。
一番辛かった経験については、聞いて絶句しました。
義姉さんはその辛さを一生背負っていかなくてはいけません。
義母さん、あなたはなんてことを。

「だからね、koalaさん、あの人が今、施設のことを地獄だと愚痴を言うのは、
自分のストレスを自分で抱えているなんて、損だと思ってるからなの。
聞いた相手のストレスなんてどうでもいい、自分が楽になるためなら、
好き放題やる人なの。自分の気持ちしか見えてないの。」

義姉さんに、娘として育ててくれた親に冷たいのではなんて感じていたことを、
何も知らない癖に、傲慢だった、申し訳なかったと思いました。
私だってそんなことを押し付けられたら、そして結果としてとても辛い思いを一生抱えるとしたら、
義母さんに親孝行してあげたいなんて、きっと思わないでしょう。

でも義姉さんは、自分の子供たちには優しいおばあちゃんであった母親に、
きちんと行事ごとに実家に来て、おばあちゃんを大切にと教え、
そう育てられた甥や姪は、義母さんにちゃんと優しいのでした。

人な物事の1面しか見られない。
軽々しく人を裁くべきじゃない。
その人の歴史の中にどんなことが起きて、どんな気持ちを味わったか、
知らない人間が私なのだと、しみじみ思いました。
聖書にある「裁くな」という聖句を思い出します。

義母さんが自分が自己中心的だということを知りません。
理解したくないから見ないんでしょう。
義母さんの自己イメージは、親切な頑張り屋さんで、
いじめられるけど、負けない気持ちでいる健気な女性、そんなところだと思います。
もう年だからね、そのままの方が平和だろうね。

義姉さんの苦しみが少しでも薄れますようにと祈りました。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
自己チューだと人生の途中で生きにくさを感じて、
どこかで自分を顧みることがあっても良さそうだけど、
自己チューのまま、一生過ごせて、ある意味幸せな人かも。
私は生まれ変わりを信じているので、お義母様、次生まれ変わったら
もう一回同じ課題のやり直しを神様から言われるかも(笑)。
No title
koalaさんに打ち明けることによってお義姉さんの気持ちが少し晴れますように。
そんなことをkoalaさんに打ち明けられるくらいお義姉さんに信頼されているのですね。
No title
義姉さんが打ち明けてくれたのってすごいと思います!koalaさんだからよ。
打ち明けられて義姉さん、どんなに胸のつかえが取れたでしょう。

いきなり裁くのは良くないけど、koalaさんだって多くの人もその時々に判断するじゃないですか?義姉さんには厳しいこと言われてきたし。仕えてもきたし。だからご自分を責めないで!私も自分のこと責めません!(笑)

「全ての物には時がある」ということで、でも歩み寄れて、分かりあえて、本当に素敵な展開になって読んでいてなんだか嬉しかったです…
No title
ねえねさんへ

私は輪廻転生はあると思いますし、あらゆる人生が世の中に満ちていて、
結局ぜんぶ経験するのかな~?とさえ感じています。
私も自己中の人生を歩んだ経験があって、その意味で義母さんの先輩かもと思うと
私は今回は自己中に振り回される経験が回ってきたかなとも思えるのです。

ある意味幸せだけど、自分の逃げが娘をどんなに苦しめたか知らない幸せですね。
自己中の人ならもちろん知りたくないし、知らないままで、
自分をいい人だと思って死にたいでしょうね。
No title
まきちゃんさんへ

信頼されていたというより、私はちょうど義姉がこのことを誰かに話したいと思う、
ジャストタイミングにそこにいたんじゃないかなと思います。
義母さんが来月と再来月、家に帰ってくる日を聞かれたんです。
上の義姉は、それでも、老いて弱った母親に、下の義姉が会いに来ないのを気にして、
1年に数回は会ってあげるようにしようと思ってくれています。
あんなことをした母親にと思うと、頭が下がります。
No title
おはようございます(^^)。

知らず知らずに自己中の人って案外多いですよ!
自分で気付かない限り治りません。
救いようが無い、、、そう思います、私も知ってるから(笑)。

今日も笑顔で楽しく過ごしましょう。
No title
姫母さんへ

姫ちゃん、元気ですか?
私はこゆきがお転婆で手を焼いています。
大きくなったなぁと思います。よく食べるし。(笑)

私は自分を責めてはいないのですけど、そうだったんだ、
そんな事、想像もしなかったと驚きました。
何だかね、いろんなことがありますね、人生って。

私から見て、長い間、義母さんと義姉さんは、そこそこ仲のいい母娘でした。
No title
みゆきママさんへ

人はまず自分を守りますから、ある程度の自己中は許容範囲だと思いますが、
あまりにも限度を超えていて、絶句しました。
もっと限度を超えている人は、全くの自己中な理由で、残酷な事件を起こしています。
それはニュースで見ますから、そこまでではないという言い方もできますが・・・。
多分、その時点で信頼できる人で、義母さんに意見できるような人に、
打ち明けるとよかったんでしょうけど、なかなか若いとそこまで出来ないですね。
私の受けた嫁いびりだって、それが出来ていたら違ったと思います。