FC2ブログ

Post

        

夫の痛風発作  ショックと反省

category - 日記
2018/ 03/ 12
                 
一昨日、夫は仲間と焼肉を食べに行きました。
私はおひとりさまで岩盤浴でまったり~とブログを書いた日のことです。
翌日(昨日です。日曜日)、足が痛い、と夫が言います。
アキレス腱のあたりが腫れてます。ぶつけた記憶もないと言います。

ネットで日曜の診察当番の病院を調べましたが、私が探したのは整形外科。
見つかったのは隣の市の外科で、夫はそこに行きました。
レントゲンで異常は見つからず、そこの病院では血液検査はしないとのことで、
でも、この症状は、多分痛風であると言われて、炎症止めと痛み止めを出してもらいました。
このまま内科に行った方がいいかと聞くと、同じ病名ですぐに次の医療機関にかかると、
健康保険で請求する時に通らなくなるので、1週間後くらいにして下さいと言われたそう。

お薬が効いて、1時間ほどで痛みも和らぎ、数時間後には痛みが消えたそうです。
でも、もちろん痛風発作の痛みが消えただけで、病気が治ったわけでもなんでもないです。

痛風だって!痛いとは聞いてきたけど、腫れあがって、こんな風になるんだ!
薬で1時間で痛みは治まるんだ!痛みは消えても、血中の尿酸はたっぷりのままなんだ!
来週にはかかりつけ医を受診して、詳しく調べてあったお薬が出るのだろうけれど、
尿酸を排出するための努力はすぐに始めないといけません。

夫がそんな病気になるなんて想像していなかった私はなんて甘かったことか。
もっと甘いのは夫自身だけど、それを言っても仕方ないし・・・。

尿酸は、7mg/dlまでは血漿の中で溶けるので、排せつされていくようです。
その値を超えると結晶化しますが、特に関節に結晶が付きやすいのだそうです。
この結晶がはがれて、激しい痛みを引き起こすのが痛風の発作ということです。
腎臓に結晶化することもあり、尿路結石や腎障害を起こすこともあるし、
動脈硬化が起こりやすいという、怖い病気です。

夫は一昨年ダイエットして8キロやせました。
その頃は、運動もして、食事も節制していました。

でもね、尿酸値が7.2mg/dlとか、とにかく7mg/dlを超えていたらしいです。
そして、高血圧でかかっているお医者様には、少し高めだから、
運動して、食べ過ぎない生活をして下さいねと言われていたそうです。
でも、そんなに強く言われたわけじゃないし、俺は酒も飲まないし、
野菜はたくさん食べてるし、運動不足とおやつの食べ過ぎは、
お前に指摘されて気にはしていたけれど、大丈夫だと思ってた、
温かくなったら運動は再開するつもりだった、と夫は言います。

一昨日のダイエット成功後、運動はだんだん消えていき、せっかくいい習慣ができたのにと
ハッパは掛けていたのですが、本人も私も危機感はもっていませんでした。
リバウンドも2年で2キロほど戻ったのですが、2年前-8キロで2キロ戻っても-6キロ。
血圧の薬を飲んでいるのだから、野菜をたくさん食べて、揚げ物はやめて、
ごはんはこんにゃく米を入れて炊き、お代わり禁止、
朝のパンもこんにゃくベーグルをお取り寄せしていました。
こんにゃく粉が40%も練り込んであるもので、便通にもgoodな低カロリー、低GI値のベーグルです。
その程度には気を使っていたのですが、尿酸はどんどんたまって結晶化してたんですね。
私は自分が血液検査に引っかからないので、どうも認識が甘いのかも。

ラジオ体操でもいい、軽いスクワットだけでもいいから、居間でやってほしいとお願いしても、
疲れてると言って、コーヒー飲んでおやつを食べてた、ついこの間の夫の姿が目に浮かびます。
私もね、配属先が変わって、慣れない仕事を毎日しているわけだから、
そりゃ疲れているよね、あんまり言ってもね、と黙っちゃった。

これを読んだ皆さん、ご存知でしたか?
痛風は、尿酸値を6mg/dl以下に保てば、防げる病気です。
プリン体の多いものを控え、アルカリ性食品を多く取り、
カロリーを抑え目にして、適度な運動をすれば、それは保てるものです。

夫のように、ダイエットに成功したからもう運動しなくていいという問題ではなくて、
体重管理と共に、尿酸管理も大事ということです。
もちろん他の値、例えば血糖値に問題があれば血糖値管理が大事ということも同じです。

こういう病気を防ぐ、いい習慣が、一昨年、小浜島に行った頃にはちゃんとできていたのに、
帰って来てからも、夫婦でプールに通ったりもして、しばらくよかったのに、
その後にがたがた崩れてしまいました。

義母さんが、肺炎で緊急入院したのは、一昨日の夏です。
それまでお世話になっていた老健は即退去しました。
検査の結果、結核性胸膜炎と判明して、1か月の入院。
入院中に一度意識不明になり、大騒ぎもしました。
入院中は毎日病院に通いました。

入院中の安静のためか、1人でつかまり立ちは簡単にできて、
少しなら歩けた義母さんは、完全に、「つかまり立ちもできない体」になりました。
退院後も毎月の通院が必要で、入所しながらの通院はできない「老健入所」は無理、
「短期入所専門施設」にお世話になることになりました。

環境がぐるぐると変わったため、義母さんの脳が混乱し、
「ここはどこ?」状態になってしまって、安心させるのと脳トレのため、
やはり義母さんの所に毎日通いました。
食欲もガクンと落ちて体力が落ちてきたため、食べられそうなものを毎日持ち込んで、
少しずつでも、好物を食べさせて、食欲と体力を回復させました。
(本当は多分禁止だったと思います。内緒で食べさせました。)

通院時も、月に2泊3日の帰宅時も、つかまり立ちできず、私一人でのトイレ介助が無理になって、
夫の生活も結構影響を受けました。

義母さんが退院して約1年、やや落ち着いた頃に、伯母のがんが発覚しました。
それが落ちついた頃には、夫の仕事の配属先が変わるという状況が待っていて、
その後もまたバタバタとして、夫の健康管理に視点がいっていませんでした。

これは結構陥りがちな状況だと思うんですよ。
健康管理っていうのは、ずっと続くもので、そこに視点がいっているというのは、
必要であり、大事なことなのですが、そこばかりに視点がいってしまうことが起きると、
健康管理について、まあ気にはなるけど大丈夫だろうってスルーしがちになりやすいです。
今はこんな状況だから仕方ない、とい台詞が曲者だと思います。

健康管理に気を使えないほど忙しい時って、ストレスも多いわけで、
ストレスはどんな病気にも悪い影響を与えるに決まっていますから、
そんな状況の時ほど、気をつけないといけませんでした。

皆様のご主人、尿酸値は大丈夫ですか?
高い尿酸値が、腎臓病や、動脈硬化に繋がるって、私、今まで知りませんでした。
動脈硬化症で高血圧症だと、脳血管の病気にもなりやすいじゃないですか。
ショックですが、とりあえず、重篤な事態でも、手遅れでもありません。
痛みもすぐに消えたので、状況は考えようによっては有難いです。
少しずつでも、尿酸値が下がるように、主婦としても頑張っていかないと。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
僕も痛風持ちです。15年前に発症し、以後2~3年に一度の割合で発作が出ています。
食事で気を付けることは内臓類、貝類、豚の脂身です。
関節に凝固した尿酸結晶は除去できませんので、食事療法と多めの水分摂取で今以上に尿酸を体に溜めないよう排泄を促していくしかないですよ。
お大事に。
あと、発作が起きるのは何かのはずみで結晶が剥がれ落ちたとき、これを白血球が異物として攻撃をはじめるために腫れたり痛みが出るんですよね。
僕は空手や柔道など激しい運動をしたあとによく発作が出ていました。
衝撃で結晶が剥がれたのかは不明ですが、ご主人には激しい運動は避けて軽いジョギングかウォーキングを勧めてください。
No title
痛風って痛いそうですね。痛風になった方皆さん痛いと。
どうぞお大事になさってください。
No title
痛~風~!https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d162.gif">
あの、「風が吹いても痛い」と言われるやつ!https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s97.gif">
仕事の知人がそれで入院しましたが、何しても痛い、何もしなくても痛いって。。。ひぃ~~~!
普段プリン体とか気にしたことないですが、やはり食べ物と運動でしょうか…?
No title
明日私健康診断です…結果はする前から自分で分かっていて…くすん…

来月春の再開すぐの例のお宿に泊まりに行くので健康的な食事を再度学んできます❗
今年どの季節かにぜひご一緒したいです❗

旦那様、早く良くなりますように‼️
No title
運動のための運動は絶対続きませんね。私の経験では、「ながら運動」です。ドラマなどを見ながら、スクワットなどをしてますから、運動時間が楽しみです。散歩は好きな音楽を聴きながらですし。カロリー消費量を見て、甘いもののご褒美もあります。

koalaさんのことですから、心得ていると思いますが、子供に勉強しろしろというのと同じでストレスになると、却って良くないでしょうね。
No title
moncoさんへ


コメントありがとうございます。
発作は定期的に繰り返すものなんですね。
関節に凝固した尿酸結晶は除去出来ないとは知りませんでした。
除去できないなら、はがれるたびに発作が起きるのは理解できます。

発作のメカニズムをわかりやすく教えてくださってありがとうございました。
ネットで、結晶がはがれると発作が出ると書いてあったので、
はがれた結晶が刺さるのかしら?と思っていました。刺さって腫れるほど?と。
誤解でしたね。白血球が攻撃した結果、腫れるのは納得できました。
moncoさんは空手や柔道などなさるので、運動不足ではないのに、
お酒がお強いのでしょうか。
激しい運動は避けて、歩くのがいいと夫にも教えておきました。
No title
ねえねさんへ

ありがとうございます。
痛風はすごく痛いと聞いていましたが、夫の場合は薬がすぐに効いてくれて、
薬を飲んでしばらくしたら鈍痛になり、1時間後には、ほぼ痛みは消えました。
でも、腫れは続いていて、湿布しています。
No title
まめクロさんへ

お知り合いが痛風で入院?!
痛風で入院ということがあるのを知らなかったのでびっくりです。
夫に伝えて脅しておきます。(笑)
幸い、その日のうちに痛みは全くなくなって今に至っています。
はがれた結晶が小さかったのかな?
義母さんが一昨年入院してから、バタバタして、一緒に運動どころではなく、
落ち着きかけたところで伯母のお見舞い、葬式などでバタバタ忙しく、
思い返してみれば、外食も多くて、脂肪過多だったかもしれません。
後で振り返ればというやつですね。地道に食事と運動です。
No title
横浜の真珠さま

お久しぶりです!
春の嵐の時にニュースで気になっていましたが、大丈夫でしたか?

今日が健診日なのですね。健診は大事ですよね。
結果はやる前からわかってるって…(苦笑)
私も、昨年の夏に伯母が入院してから、2つ行っていたスポーツの教室を
どちらも行かなくなってしまい、今に至っているので、運動不足です。
自転車通勤と肉体労働で補うには不充分とわかっています。

例のお宿、そろそろ再開ですか?
私も行きたい~。この日はどう?って早めに行っていただければ、
どの日でもたいてい休みは取れると思います。OK牧場です(古っ!)
No title
sioさんへ

命令口調は夫は大嫌いなのでしませんが、ちょこちょこ提案はしていたんです。
天気予報の間だけでいいからスクワットでもしてちょうだいと言ってもスルーで、
もっと暖かくなったら運動するからって。運動再開の前に痛風発作。(涙)

sioさんは、ちゃんとご自分を律して、自分の健康管理のために運動なさるのに、
夫は疲れたと言って椅子に座ってしまうと、立ちたくない気持ちが強いのですよ。
2月に、自分の希望通りとはいえ、職場が変わったので、
疲れるのも無理ないと強くは言えずにいた中で、発作が起きてしまいました。
私も疲れているので、プールよりは温泉に誘ってましたし、仕方ないですね。
足の腫れが引いたら、プールか、近場の歩けるスポットにお出かけかな。
No title
ご主人様の痛風、早く治るといいですね!
我が家では自分の健康は自己責任になっています。
お酒を飲まないご主人様の場合は外食がネックなのでしょうね!

夫は尿酸値の値が高くなった段階(50代)で、薬を飲み始めて、
いまだに飲んでいるようですよ! 食べ物だけではないようなのが難儀です。
毎日2Lの水分を飲む事をDrに言われて実行しています。
500mlで4本分です。ミネラルウオーターとお茶です。

色々なこと起きていますがやはり、私を含めて運動をさぼったせいですね!(-_-;)
No title
みつきさんへ

おかげさまで、足の腫れもほぼ収まりました。
自分の健康は自己責任。
私もそう思うのですが、夫は危機感が少なくて、困っています。
外食がネックですが、サラリーマンは職場の関係で年末年始や年度末には
どうしても宴会が多くて、自己管理しにくいですよね。

体質もあるみたいですが、そんなことをいても仕方ないですから、
食べ物も水分摂取も運動も、日々気を付けるしかないですね。
水2リットルは、ネットに書いてあったので、夫にしっかり言ってあります。
R1がいいという情報を今日夫が聞いてきたそうなので、飲んでもらおうと思ってます。
No title
おはようございます(^^)。

今日も笑顔で素適な一日を!!
No title
みゆきママさんへ

ありがとうございます。
笑顔は大事ですね!