FC2ブログ
2017/12/11

Post

        

「はーねす」と「りーど」でおさんぽしたんだよ

category - 日記
2017/ 12/ 11
                 
いえの「ピンポン」がなりました。
「たっきゅうびんです」というこえがしました。
ママはわたしに「こゆきちゃんの『はーねす』と『りーど』がとどいたよ」といいました。
おいしいおやつだといいな、とおもったけれど、ぜんぜんちがうものでした。

ママが「はーねす」をわたしにつけようとしたので、
わたしはびっくりして「ていこう」しました。
こんなへんてこなものをつけるなんて、ママ、どうかしてる!

そしたらママはいいました。
「これをつけたらおそとにでられるんだよ」

ママはパパに、「こゆきをいつまでとじこめておくつもりだ」なんていわれてこまっていました。
「もうははねこがみつけたって、くちにくわえてはこんだりできない。
いえのなかがぜんせかいなんて、そんなきゅうくつなのはおれははんたいだ。」
「ねこはきにのぼったり、そとをはしったりするけんりがあるとおもうよ。」

「だってこゆきは、そとのこわさもねこのママにおそわっていないし、いえのばしょもわからないのよ」
「からすをみてもにげないだろうし、くるまがきてもよけないかもしれないし、
おもしろそうなものをみつけて、はしりだしたら、いえがわからなくなるかもしれない。」

パパやママのいうことは、よくわからないけれど、ふたりともわたしのことがすきで、
わたしのためにはどっちがいいかとはなしていたみたいなんだけど、
ママのきもちは「ゆらいで」いたので、これはパパのかちだな、ってわたしにはわかってた。

ママはひとりごとをいいました。
「こういうことって、これがぜったいにただしいというせいかいはないのよね。」
「あなたはすごくおてんばだし、そとにでてすきにうごけたらしあわせだとおもう。
でもそのしあわせにはきけんもある。ふつうはねこままからそれをならうのだけど。」



「はーねす」と「りーど」をつけられたわたし。
つけられたときはおこったけど、そとをおさんぽできるなら、がまんするわ!



ナナちゃんがそとにでているわたしをみて、びっくりして、みにきました。




うふふ。
ナナちゃん、わたしがきになってしかたないみたい。

ナナちゃんは「はーねす」も「リード」もなしでおさんぽできていいなぁ。
「じかん」もね、わたしのおさんぽは「10ぷんだけ」だったの。
ナナちゃんはすきなだけおさんぽしているんだけど。
「よるおそく」はべつ。
ナナちゃんがねだっても、「もうよるおそいからね」とだしてもらえません。



ナナちゃんとわたしはなかよしになりました。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
時々ハーネスつけてお散歩してる猫ちゃんいるけど、
可愛いですよね。
No title
あらっ、お散歩デビューしたのね☆ちょっとまだビビってるかな?
ハーネス&リードなしでお散歩できるナナちゃんはベテランだわ~。
No title
この記事に驚いています。生涯家に閉じ込めておくか、リードで縛り付けておくかするのならいいでしょうが、こんなことをしていたら自然が与えている危険回避能力が衰退してしまいます。また、帰巣は本能であって教えるものではないのではないでしょうか。

それにもう一つ不安なのは、私の経験では猫はとても嫉妬深いので、こゆきちゃんばかり可愛がっていると感じると、ナナちゃんが家出する危険性があるようにも思います。

すべてkoalaさんの優しさから出ていると思いますが、これ以上の過保護はありません。
No title
こゆきちゃん、リード付でお散歩したのね。

ウチのあずきとミントは生涯、家の中だけが全世界です。

私は、割り切っています。

先代猫のミルもそのまた先代の猫達も、家の中と外を自由に行き来して暮らしましたが、ここに引っ越してきて、ご近所から苦情が来、市役所の人がうちに来て、家から出さないでください、と言いに来ました。近所の誰かが通報したらしいのです。多分お隣。一度注意されて、菓子折りと猫が嫌う臭いのスプレイを持って、謝りに行ったことがあるのです。(でもお隣のその場所はその家が建つ前からウチのミルの散歩道だったのです)
驚きました! 市に通報するなんて!!
でも一度外の世界を知った猫を閉じ込めることは出来ません。可哀そうすぎます。ミルはお昼間は家の中で、そして夕方から外へ出していました。目立たないように。
だからこの子達は家の中だけで飼う事にしました。いろんな事情がありますね。
No title
ねえねさんへ

バリ島の猫ちゃんがハーネスつけてお散歩してるの?と一瞬思いましたが、
多分それは勘違いで、日本人のブログに画像が載ってるということですよね?
でも、もしかして猫盗難防止で、バリ島の猫事情も変わってきたのかな?
また教えてくださいね。
No title
まめクロさんへ

慣れていないので、ちょっと怖い&ハーネス付きだと動きにくいのかも。
家の近くの景色とか匂いとか、覚えてほしいと思ってます。
ナナちゃんは野良で生まれ、野良で子育てしてますから~。
No title
sioさんへ

リードで縛り付けておくかという言葉にわたしも驚いています。
それは虐待では・・・。
私の心の弱さかもしれませんが、帰巣本能をいまいち信用できません。
家の近くの風景や匂いを覚えてほしいと思っています。

ナナちゃんの嫉妬は、私も2人の子供を産み育てたので、かなり考慮しています。
下の子が生まれた上の子の気持ちを想像したら、ナナちゃん優先になりますよ。
それでも嫉妬はすると思いますが、慣れてもらうしかないです・・・。
No title
ミセスRさんへ

お気持ち、お察しします。
今は猫を外に出すことにブーイングが起きる時代なんですよね。
猫エイズなどもあるので、というのはわかりますし、
よそのお宅の庭でおしっこなどしたら被害が出るというのもわかりますが、
ネットで、外に出されている猫が迷惑、死ねばいいのにとか、殺したいとか、
飼い主は頭がおかしい、人間として最悪などと書かれているのを読むと、
こういう時代なのかと暗い気持ちになります。
お隣の方、もしかしてそういう傾向のある方なのかもしれませんね。
No title
おはようございます(^^)。

ナナちゃんと仲良く成れたのですね!ナイス!!

今日も笑顔で素適な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s309.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
みゆきママさんへ

ナナちゃんとは結構仲良くなりました。
まだだまに猫パンチも出ますけど、元々痛くないパンチですしね。(笑)