FC2ブログ
2017/11/11

Post

        

うちのちびねこ

category - 日記
2017/ 11/ 11
                 
わたしはナナ。三毛猫です。
おとなの三毛猫って言った方がいいかしら。
うちには白ところどころ茶色のちびねこがいるしね。

今日はあの子は午前中、ずっとお部屋に閉じ込められていました。
パパのおばあさんの「さんじゅうさんかいき」とかで、いそがしいからって。

そしてやっと、出してもらえるとなって、わたしのそばで自由にしようと決まったらしくて、
せっかく「おひるね」を楽しもうと思ってたわたしは、あの子につきまとわれることに。

でもね、こゆきは途中で「えりざべすからー」をはずしてもらえました。
「きんようのよる」にママはこゆきを「ばっし」に連れて行きました。
そのとき、先生は、こう言ったんだって。
「ようすを見て外して下さい。あまりおなかをなめすぎるようだったら、
あと1~2日は外さない方がいいです。少しだけまだ腫れが残っていますから」

でも、わたしに会ったら、おなかをなめるどころじゃなかったみたい。

















「えりざべすからー」を外してもだいじょうぶねと、ママに言ってもらえたのは、
わたしのおかげみたいなものね。
でもよかったわ。
あれは本当にいやなものだから、こゆきも大変だったと思うの。













こゆきって、あきらめないちびねこなの。
わたしがどこへ行っても、気になってついてくる。
わたしは「おひるね」したいんだけどね。




こ~んなにちかずいてきたりする。




このあと?
もちろん猫パンチしたわよ。
痛くなかったと思うけど。

わたしはべつに、あのちびねこがきらいなわけじゃないの。





でも、あの子の「しつけ」は大変そう。

************************

今日は大姑さんの三十三回忌でした。
もう舅のきょうだいは亡くなったり年をとったりしていますので、
親戚を呼ぶことはやめて、お寺様と家族だけでお参りしました。
少人数でも、声をそろえてお経を唱えるっていいものですね。

お寺様に、お布施と一緒にお料理代をお渡しして、お墓参りの後で解散。
会食も家族だけで、近くでランチしただけ。

うちは代々五十回忌までやってきましたけど、大姑さんの五十回忌は
私も夫も高齢なので、元気かどうか。
子どもたちに家訓として五十回忌までやりなさいと伝える気はないです。

大姑さんは養子娘さんだったので、昔の人にしては苦労知らずとは思いますが、
小さい子供を流行病で亡くしたり、舅さんを交通事故で亡くしたりと、
いろんな悲しみがありました。
大姑さんに、この世ではいろいろあってお疲れ様でした、とお祈りしました。

今は猫を見て癒されています。
見飽きませんねぇ。




スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
こんばんは~~^^♪
ナナちゃんとこゆきちゃん、随分と仲がよくなってきましたね。
もう少しですね。これでナナちゃんがこゆきちゃんを舐めてくれたら、もう大丈夫でしょうね。
きっとナナちゃんがこゆきちゃんの躾けをしてくれるかな。
あまり小さな時に親猫から離されていたら、猫としての躾けが出来ていないかもしれませんね。
私も、保護主さんから、仔猫たちが乳離れ途中に、母親猫がおっぱいを仔猫たちが咥えようとしていたら、仔猫に猫パンチをしていると聞いた事があります。
親猫は躾けを意外としっかりしていると聞きました。甘噛みもそうですね。

以前、koalaさんが広島の宮島に行ったとブログに書いていましたので、それを参考に、先月の終わりに宮島に行きました。
とっても良かったですよ。
私は、引潮や満潮の両方経験しました。二日目に雨に降られたので、予定が崩れましたが、いい旅行が出来ました。
No title
エリザベスカラー取れましたね!
まだ猫パンチ出るけどだいぶ距離が近づいたみたい。ナナちゃん、先輩としていろいろと指導しなくちゃならないのね~^^
五十回忌まで行うんですか!?それは大変だ、覚えていられるかどうかも自信ないです。。。
No title
空夢さんへ

ナナちゃんとこゆきちゃんは、少しずつ相手の存在に慣れてきたみたいです。
でも、まだまだかな。
長い目で見ることにしています。
猫の躾に関してはおっしゃる通りで、心配ですが、
乳飲み子だった頃、母猫から離れたことは仕方ないことだったので、
なるようになる…と思うしかないです。

厳島神社は、本当にいいところですよね。
いいご旅行になって何よりです。
No title
まめクロさんへ

長野からお帰りのお疲れは取れましたか?
若いからすぐでしたよって?(笑)

エリザベスカラーをつけると、ちいさなこゆきちゃんはよたよたになったので、
今はずいぶん身が軽くなったことでしょう。

五十回忌でも三十三回忌でも、お寺の新聞に載るので、忘れても大丈夫なんです。
こちらはしっかりしていなくても、お寺がしっかりしていてくれるのです。
No title
大変面白く拝読しました、、、ナイス!
No title
みゆきママさんへ

仲良しになる日は遠そうですが、ぼちぼちと。(笑)
ありがとうございます。