FC2ブログ
2017/11/04

Post

        

こゆきちゃんの方が先に威嚇するなんて

category - 日記
2017/ 11/ 04
                 


少しだけご対面。

対面させると、いつもそのうちナナちゃんが威嚇の声を出すのですが、
エリザベスカラーを付けたこゆきちゃんを見たナナちゃんは、
怪訝な顔をして、威嚇はせず、おとなしくしていました。

こゆきちゃんは私の膝に座らせていました。
ナナちゃんの横には夫がいて、時々ナナちゃんを撫でていました。
手前のカーキーのパンツがわたしで、グレーのパンツが夫です。

ずいぶん長いこと、2匹とも声を出さずにこんな風にしていたので、
私が少しだけナナちゃんにこゆきちゃんを近づけようとしたら、威嚇の声がしました。

何と威嚇の声を出したのはこゆきちゃんの方でした。
その声に答えるかのようにナナちゃんも威嚇の声を。
私の判断ミスだったわ~。近づけなきゃよかった。

避妊手術を水曜日に下ばかりなので、あまり興奮させない方がいいと思い、
こゆきちゃんを母屋の部屋に戻しました。

抜糸が済んだら、ゆっくりご対面時間を作ろうと思いますが、
こゆきちゃんはあまりに小さい頃母親たちと離れてしまったので、
猫の躾というのを一切受けていません。
いろいろ思いやられます。

でも、いずれは通る道を先延ばししてきたのは私。
ナナちゃんが予防接種で体調不良になったからしばらくは中止とか、
伯母のことでそれどころじゃないから中止とか、
怪我したから中止、家出して帰ってきてダメージがありそうだから中止、
それなりに頑張ったつもりでいても、中止ばかりして、
結果を見たら、2匹は疎遠な関係のまま。

私って過保護に育ったんだなって、改めて思うのでありました。
だから猫にも過保護になっているのでしょう。
長男長女にも過保護だったと反省した過去もあります。
そんなに守らなくても、ナナちゃんもこゆきちゃんも、
しっかり自分たちの道を歩いていくよね。
長男長女がそれなりに自分たちの道を歩いていくのと同じだよね。

5月からkoala家に暮すことになったこゆきちゃん。
半年以上経っています。

ほんの少しずつ対面して、お互いの存在はしっかりわかっているのだから、
そう心配することはないと思いつつも、
おなかの縫い傷の痛々しいこゆきちゃんが威嚇して興奮しているのを見ると、
こんな時に興奮させることはないじゃないかと思ってさっと隔離しました。

職場の知り合いが、新しい猫を飼った時に、先住猫ちゃんがストレスが高じて、
自分を舐めすぎて、毛が禿げてしまって治らないという話も聞きました。
先住猫ちゃんは、ナナちゃんと同じ三毛猫ちゃんです。
ナイーブな三毛ちゃんの姿はナナちゃんに重なるのでありました。

半年以上も少しずつ対面してきたので、今更急いでも同じですよね。
ゆっくりでいいので、なじんでくれないかな。
ナナちゃんとこゆきちゃんが仲良くなってくれますように。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
こゆきちゃんが先に? 意外ですよね。うちもあずきが威嚇するのを見ると意外さに、びっくりします。
No title
私の狭い経験ですから,確信はありませんが、過保護です。多分、猫には鶏と同じように序列が必要です。ですから、元気な猫たちの場合には一回闘います。そのあと平和になります。
本当は負けた時外に逃げられると良いのですが、室内なら逃げたら、そこで人間が止めればよいかもしれません。

禿げてしまった猫は、多分新しい猫にストレスを感じたのではなく、飼い主の愛情が感じられなくなったのではないでしょうか。人間の愛情には猫はすごく敏感ですね。
No title
ミセスRさんへ

びっくりしました。えっ?と思って。
避妊手術後間もないので、防衛本能かな・・・?
No title
sioさんへ

年齢的に考えて、ナナちゃんの方が序列は上に決まってると感じていたので、
決まっていないんだ・・?!と驚きました。
一回戦うんですか?
そういうものなら仕方ないですけど、どうも私はそういうのに弱くていけません。
三つ子の魂百までとか、おばあちゃん子は三文安いとか言いますが、
私の母は三歳まで働いていて、おばあちゃんと早く亡くなった伯母に、
甘やかされて育った基盤は、なんとかしなくてはねぇ・・・。

禿げてしまった猫の飼い主さんは先住猫をすごく可愛がっているように見えますが、
猫の心も相性も、猫から説明が聞けるわけではないので、難しいですね。