FC2ブログ
2017/09/27

Post

        

ナナちゃんとこゆきちゃん

category - 日記
2017/ 09/ 27
                 
時々会わせているけれど、母屋と離れで別に暮らす我が家のにゃんこたち。
ナナちゃんは小雪ちゃんの存在にずいぶん慣れてきたようではありますが、
会った日には、タンスと鏡台の隙間にこもって寝ることが判明。
ナイーブすぎる猫、ナナちゃんでありました。
まあ、仕方ないけどね。慣れてもらうしかないし、
仲良くなれば、楽しいこともあれこれあるのではと思うよ、ナナちゃん。
ナナちゃんのこと、大好きだから、何も心配ないんだよ。

さて、一昨日、こゆきちゃんは予防接種を受けに行きました。
ナナちゃんが5種ワクチン接種後にかなりぐったりしたので、心配はありましたが、
ナナちゃんが外に出る猫なので、やはり3種ではなくて5種の摂取をしました。
ありがたいことに、こゆきちゃんは多少元気がなくなって食欲は落ちましたが、
ナナちゃんのようなダメージはなくて、今朝もご飯を食べています。

写真を撮ってみましたが、暗かったですね。
と言い訳を書きつつ、修正なしで載せます。



寝てたのに、カメラの音で目が覚めた?ナナちゃん




朝ごはんを食べるこゆきちゃん

来月末くらいに、こゆきちゃんの避妊手術はどうですかと獣医さんに言われました。
まだ5か月くらいなのに?と思いましたが、そのくらいがいいそうです。
子猫を買うのは初めてなので、知らないことがいっぱいです。

実は来月末はシュウトメちゃんの帰宅が控えています。
いろいろありまして、今月は1度返ってきたのですが、いつものように4週間後ではなく、
3週間後のご帰宅で、今週の金曜日に帰ってきます。
来月は平常通りに4週間後で、月末の金曜日の帰宅。

10月末か、11月の上旬か、手術日の予約に迷っています。

10月末、25日は私は仕事休みです。この日に手術させようか思案中。
私のシフトは、26日、27日は仕事ですが、
28日からシュウトメちゃんの帰宅中ということで3連休。

3連休の間、シュウトメちゃんの介護のため、私とオットはずっと家にいて、
こゆきちゃんの様子を何度も確認できるので安心ですが、
普段はシュウトメちゃんの部屋にいるこゆきちゃんを、
もっと小さなころの居場所だった土間に移動させることになります。
ストレスになるかな・・?

先代猫、フクちゃんが避妊手術をしたのは、大人になってからでした。
その頃家にいた愛犬に懐いて保護した時、1歳を超えていた様子なので。
おなかを舐めまくることもなく、異常なかったですが、
中には傷口のあるおなかを舐めまくってしまう猫ちゃんもいるらしいです。
2.2キロの子猫のお腹を手術で切ると思うと、フクちゃんの時より切ない気分。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます(^^)。

早い方が良いそうですがちょっと早過ぎないかしらとも。。。
我が家のワンコも予防接種も考えなきゃ、、、病院が遠いのが困ります。

今日も笑顔で素適な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
ウチのあずきとミントもそのくらいで避妊手術受けましたよ。早くはないかも。

別のおうちにもらわれていったミント達の兄妹は(ルイとヴィトンと言う名前だそうです)手術はまだ早いだろうと延ばしていたら、妊娠して子猫を生んだそうですよ。
No title
姫は4ヶ月ちょっとでしました。最初のヒートが来る前にした方が婦人?科系?の病気にかかりにくくなると説明を受けました。男の子より女の子の手術の方が開腹するので可哀想で…帰ってきた姿も痛々しくて泣いてしまいました。

姫の赤にゃんを見てみたかった気もするし、お母さんにしてあげたかった気もするのです。でもお相手がいないと本猫がヒートでつらいらしいですし…。

名古屋駅で猫の話で盛り上がりましたね。koalaさんにまた会いたいなぁ。
No title
みゆきママさんへ

先生によると、今が最適時期なんだそうです。
子宮系の病気にかかる可能性がなくなるから。
みゆきハウスから獣医さんは遠いのですね。
お疲れ様です。
No title
ミセスRさんへ

早くはない、ちょうどいい時期だと説明を受けました。
私は子猫を飼うのが初めてで、今までは大人になった猫を引き取ってきたので、
こんなに小さくて・・・!という気持ちになってしまうだけなんです。

ルイとヴィトン!(笑)
避妊手術前に外に出しちゃったのね。
赤ちゃん猫の引き取り手を探すの、きっと、大変でしたね。
No title
横浜の姫母さんへ

>姫の赤にゃんを見てみたかった気もするし、お母さんにしてあげたかった気もするのです。

これ、わかります。
フクちゃんの手術の時に、ごめんねぇ、子供を産めない体にしちゃって・・と
いう気持ちがありました。自然に反してるけど、
子猫の引き取り手を探せないかもしれないので、手術させてもらうしかないです。
ナナちゃんは2匹の子猫を産んでいるので、お母さんの経験をしたけれど、
こゆきちゃんは、何も経験できない、ごめんね、って思います。

また会いたいですね!鎌倉も名古屋も、楽しかった~。