FC2ブログ

Post

        

もしもの時に、着せてあげたい服

category - 日記
2017/ 09/ 06
                 
伯母のいる緩和ケアの看護婦さんから、お別れの時が近づいていると言われました。
もしもの時に、着せてあげたい服があったら、そろそろご用意くださいって。

伯母はまだ意識はしっかりありますし、血圧も正常で、
受け答えも、寝ていない時はできますけれど、
うとうとする時間が増え、呼吸も少し苦しくなってきました。
そして肌の感じが、熟練の看護婦さんの目から見ると、
その時が近づいている感じの肌になっているようです。

老人ホームで来ていた服は、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えて、
身体の不自由さがあっても着やすい服ですが、旅だちに着るには味気ないです。
少し若作りになってもいいかなと、伯母の好きだった雰囲気の服を選びました。
繊細なビーズ刺繡がたくさんある白いブラウスと、淡いベージュのスカート。
こういう服を着て、少しヒールのある靴を履いて、早足で歩いていた伯母を思い出しました。

私が行くと、ちゃんとわかりますし、スマホの音楽を聞いているのですが、
今日は30分くらいしっかりしていた後に、眠っていきました。
いつもは私がいる間は意識がしっかりしているんですが。

眠ってしまってからも、伯母が懐かしいだろう曲、リンゴ追分とか、
憧れのハワイ航路とか、そんな音楽を流しました。
いい夢を見てね、伯母さん。又明日ね、と言って帰ってきました。

シュウトメちゃんの部屋のエアコンの設置工事は2時間で終わりました。
リフォームで6年くらいたっているエアコンを外してつけ直しすると、
やり方がまずいと、少ししてから壊れやすいそうです。
引っ越しの多い人のエアコンも、壊れやすいそうです。
一旦外してまたつけるというのはエアコンという機械にとってダメージを受けやすいのでしょうね。
明後日がシュウトメちゃの帰宅日です。

7月に伯母のがんが発覚するまでは、これからもずっと伯母のために老人ホームに通うつもりでしたし、
昨年の7月にシュウトメちゃんが入院するまでは、シュウトメちゃんの老健に通うつもりでした。

今、伯母は緩和ケアで最後の日々を過ごしていて、
シュウトメちゃんは、老健を出てショートステイ専門施設にいて、まだらボケ。

変わらないものなど何もないのですよね。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
薬に頼らず、苦痛もなく傾眠状態になっているのは、望ましい状態だと思います。病院の処置も適切で羨ましいです。それになにより、koalaさんの至れり尽くせりの看取りで、穏やかな状態にいるに違いありません。

死をあまり重たく考えたくないので、私はジーンズでと思いますけど、特別な時ですから、おしゃれな服もいいですね。
No title
ろうそくの灯が消えるように人生を終えるのって、
良い事のように思います。
No title
おはようございます(^^)。

叔母さまは楽な時をお迎えのようですね、、、看取りの貴女も心穏かにと祈っております。

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
おはようございます(^^)。

時は必ず変化を伴いながら流れて行きます、普遍はないのですね。
悲しいけれどその時が近い…心穏かにと願いますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
こんにちは~♪^
いつも読み逃げですみません。でもほぼ毎日更新している時は見ていますよ。
伯母さん、その日が近づいているようですね。
私の父も後数日と言われてから3日で亡くなりました。
今の様子では、穏やかな感じですね。そんな最後はいいなと思います。
静かに見守ってあげたいですね。
シュウトメさんが帰ってきている時に同じ日になるかもと心配しています。
どうぞ、お身体気を付けて。またね。
No title
sioさんへ

伯母は定年後は、脳梗塞で右半身が不自由になったり、
言語障害になったり、1人で歩けなくなったりと、
ストレスの多い生活を送ってきましたので、
それ以前に着ていた服にしてあげたいと思いました。
その時が来たら、不自由になった肉体を脱ぎ捨てるのですから。

痰が出たり、吐いたりすると苦しいですが、そういうこともなく、
痛みに苦しんでいるようなこともないのが有難いです。
No title
ねえねさんへ

点滴の量もとても適切なのでしょうね。
緩和ケア病棟の、苦しみの緩和度は、とても進歩しているように感じます。
昔の医療は、少しでも命を長持ちさせることがメインだったかもしれませんが、
今はQOLがとても重視されているように感じます。ありがたいことです。
No title
みゆきママさんへ

伯母が車椅子の身になって10年。面倒を見てきたので、
すっかり情もうつっていて、やはり切ないです。
心穏やかにといきたいですが、難しいですね。

伯母が苦しみませんように、怖がりませんようにと祈っています。
No title
空夢さんへ

お父様、あと数日、という宣告があったのですね。
叔母の場合は、長くないというだけで、どれほどの長さなのかは
お聞きしたけれど、それはわかりませんということでした。
もしかして、わかっているのかもしれませんが。
シュウトメちゃんのケアマネさんや施設には説明がしてありますので、
緊急の際には何とかしてもらえると思います。
No title
こんばんは
伯母様といよいよお別れの日が近づいているのですね。
うちの義母もちょうどこのような感じで穏やかでした。
koalaさんもお疲れが出ませんように。
No title
ミセスRさんへ

義母さんは、穏やかに旅立たれたのですね。
伯母もそのようになりそうです。
今朝は少しだけ、意識があったと思われる場面がありましたが、
午後からは、ほとんど意識はないようです。