FC2ブログ
2017/08/07

Post

        

ノーマン・カズンズ氏石碑  広島旅行記その7

category - 日記
2017/ 08/ 07
                 

これはちょっと旅行記からは外れますが、平和記念公園で見つけた石碑の話です。



ノーマン・カズンズ氏記念碑

「世界平和は努力しなければ達成できるものではない 目標を明確に定め
責任ある行動をとることこそ人類に課せられた責務である ノーマン・カズンズ」

カズンズ氏は、1949年に広島を訪れ、原爆投下の惨状、原爆孤児たちに衝撃を受けて
原爆孤児たちの育成のための運動を開始しました。
米国人が広島原爆孤児の精神的な養子とし、年額20ドルの養育費を送るという運動で、
400名以上の孤児に対する支援を実施しました。

また原爆によってケロイドを負った若い女性たち(原爆乙女)への義援金を募り、
1955年に原爆乙女25名がニューヨークの病院で治療を受けられました。

カズンズ氏のことを調べたら、とてもユニークで魅力的な人物に感じました。
ここからは広島の問題とは関係ない話になります。

ジャーナリストのカズンズ氏は、50歳の時に難病である膠原病にかかりました。
全快の可能性が極めて低い病気で、当時、治る確率は500分の1と言われたとか。
加えてアレルギーがあったため、あらゆる薬で副作用が出てしまい、薬がつかえませんでした。

カズンズ氏は、自分の病気を医者だけにまかせていいのだろうか?と考えました。
「積極的な情緒は、積極的な化学反応を引き起こさないだろうか。
愛や、希望や、信仰や、笑いや、信頼や、生への意欲が治療的価値を持つことも
ありえるのだろうか」と考え、自分に不足しているビタミンなどを調べ、
主治医に相談したそうです。
主治医も立派で、患者と医師との相互協力はまことに結構だと言ったそうです。

10分間、腹を抱えて笑うと少なくても2時間は痛みを感じずに眠れるという効き目を発見し、
膠原病患者はビタミンⅭが著しく欠乏していることも発見し、大量摂取したりもしました。
そして、膠原病を克服、仕事に復帰しました。

しかし、今度は心臓病を患いました。元々心臓に問題があったらしく、
この時は安静にしていても余命18ヵ月と宣告されたそうです。
その時も諦めず、主治医の進める検査と手術は断り、たくさんに人脈によって論文を調べたり、
セカンドオピニオンを得た上で、徹底した食事管理と運動で、病気を克服しました。
安静にしていても余命18ヵ月と言われたカズンズ氏は、ゴルフやテニスが問題なくできるまでになりました。
広島で石碑を見つけなければ、カズンズ氏のことは、知らないままだったことでしょう。


話は変わりますが、伯母は7日に緩和ケア病棟に移動しました。
病院から、「部屋を変わります」との電話がありました。
ちょうど台風が接近していて、私は出勤シフトでしたが、
職場自体がお休みとなったという連絡をいただきました。

伯母は部屋を変わったことで疲れたみたいで、私が行った時は眠っていました。
私が何度か声をかけたので、目を覚ましましたが、疲れた顔をしていました。
入院した時にすでに貧血が見られたので、それも悪化しているのでしょう。
慣れてきた看護婦さんも全部変わるわけですし、いよいよ緩和ケアという思いもあるでしょう。

そこで、カズンズ氏のことを思いました。
笑い療法の元祖、カズンズ氏。
伯母の状態は、笑い療法が効くようなレベルではないでしょう。
10分間、腹を抱えて笑うと少なくても2時間は痛みを感じずに眠れるという効き目を
カズンズ氏が実感していたことを思うと、ニヤリとでも笑うことは、
今の伯母の生きやすさを少しでも増すのではないかと思いました。
もちろんそのためもあって、私も毎日会いに行って、話をして、
手をパッチンと合わせて帰ってくるのですが、笑いを誘うような画像を
ネットで拾って印刷して持って行くのはどうだろう?と思いました。
試してみようと思います。












スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
伯母さま、緩和ケア病棟へ移ったんですね。
こんなこと言ってはナンだけど・・・最後まで一つでもたくさん
笑いがありますように。
ねえねは人生笑ったもの勝ちだと思います。
No title
ねえねさんへ

クスリとか、ニヤッとか、そんなレベルでもいいので、
少しだけでも温かな気持ちになれる時間が増えるといいなと思っています。

人生、笑ったもの勝ち。いい言葉ですね。