FC2ブログ
2017/07/03

Post

        

近場のおでかけその2 多治見市モザイクタイルミュージアムとオリベストリート

category - 日記
2017/ 07/ 03
                 
修道院の次に向かったのが、多治見市モザイクタイルミュージアム。
モザイクタイル生産量全国一の多治見市笠松町に昨年できたミュージアムです。



この建物がまずとても可愛い!



こんな風に陶器の欠片が埋め込んで建物の模様になっています。



4階にまず上がり、そこから1回まで見ながら進んでください、とのことで4階に。



モザイクタイルをつないだオブジェがきれいです。



タイルで作られた絵や絵タイルの展示も楽しいです。



モザイクタイルが貼られている、昔のお風呂やミニテーブルが懐かしくも可愛らしい雰囲気でした。



タイルがすぐ貼れる状態で商品として出荷されてきました。



色とりどりのタイルが作られ、木の枠を使って並べられています。



昭和の雰囲気が懐かしいです。



木枠がずらりと並んで圧巻の眺め。



たくさんの町の女の人たちが、このお仕事をしてきたのだろうなと思いました。



4階から降りてくる階段が奇跡的に無人になったので、急いで写しました。
この雰囲気も素敵です。

さて、多治見市モザイクタイルミュージアムを観終わったら、遅めのランチです。
実はオリベストリートの中の手打ちそばのお店に行ったのですが、
遅めの時間もなんのその、かなりの人数が、席の空くのを待っていて、
落ち着いて食事したかった私たちはそっと扉を閉めて外に出ました。
向かい側に「鮎」の旗を見つけたので、鮎食べよう!と元気になりましたが、
なぜか入り口横にあったメニューには「鮎」の字はなく、うなぎ料理屋さんのようでした。
あの旗は・・・?夜のみなんでしょうか。



うなぎじゃない方がいいとオットが言うので、少し奥にあるお寿司屋さんへ入りました。
山奥でお寿司~?(笑)でも落ち着いていい席でしたよ。
お味は普通でしたが、器が織部焼でした。
この深い緑色が織部焼の特徴です。



このあたりは、明治~昭和初期まで、美濃焼の陶磁器問屋が軒を並べ、
多治見の商業の中心部として栄えたそうです。
画像は交番。ずいぶんスタイリッシュな交番ですよね。



しかし暑い!

うっかりしていましたが、多治見市って、2007年夏に40.9度を記録した、
暑い街ランキングの常連の町だったんです。
盆地だし、タイル工場はあるし、陶業も盛んだし、名古屋から熱風が来るらしいし。
ランチ後の散策の予定でしたが、早々に退散しました。

汗いっぱいになったので、こういう時には温泉ですよね。
多治見市のお隣、土岐市の「よりみち温泉」に行くことにしました。

温泉と岩盤浴でゆっくり体を休めて、日帰り旅の締めくくりにしました。
お読みいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
多治見はモザイクタイルの街なんですね、知らなかった。なにしろメディアでは「日本一暑い!」ってそればかりだから^^;
タイルをつないだオブジェ素敵~☆
タイルはお風呂にするとレトロ風だけど、インテリアに応用するとむしろお洒落度がUPしますね☆
No title
四国の人間からすると、多治見って馴染みがないですが、
よく聞くイメージがありました、そうそう、天気予報で~
最高気温でよく多治見の地名が出てきました。
内陸だから?暑いんですよね。

モザイクタイル生産量全国一ですか。
可愛いです、モザイクタイルの可愛さにもっと注目集まってもいいんじゃないかしら。
レトロだけど新しい感じですね。

いいお出かけになりましたね。
No title
まめクロさんへ

わたしの住む愛知県も、古くから陶器製造が盛んで、タイル製造も有名なんですよ。
INAXの本社は愛知県常滑市です。
モザイクタイルミュージアムより大きなタイル博物館があります。
陶器やタイル、見ていると楽しいですよね。
芸術的なタイルもたくさんありました。
No title
ねえねさんへ

内陸で盆地はやはりどこも暑いみたいですね。
全く40度超しなんて、冗談じゃないきつさだと思います。
熊谷は東京から熱風が、多治見は名古屋から熱風が来ると言われていて、
都会の、バンバン電気を使う地区の熱が影響しているとはお気の毒。
加えて陶器やタイルの製造で、熱が出るんじゃないかなぁというのが私の感想。

このミュージアムでは、モザイクタイルのプチ工作コーナーもあって、
子供たちでにぎわっていました。
住いのタイル相談コーナーもありましたよ。