FC2ブログ

Post

        

旅行の余韻について

category - 日記
2017/ 02/ 22
                 
私は旅行が好きです。
旅行中が楽しいのはもちろんですが、余韻があります。
その土地で感じたこと、知ったこと、予習から感じたこと、知ったこと。
そういうことが、自分の心に沁みこんで、浸透していきます。

昨年、沖縄の小さな島である小浜島に行った後は、
小浜島で、朝焼けを見て、夕焼けを見て、星空を見て、という毎日を過ごしたので、
自然と共にある生活ってすごくいい!という思いを強くしました。
空を見上げる回数が増えたと思います。(笑)

忙しい毎日を送っていると、いつも「効率」というのが頭にあるんですね。
これは無意識のうちにもあるわけです。
意識の上では決して、「ぼ~っと空を見ている間に、あれができる、これもできる」
そんな風に考えてないのに、私の脳みそは効率を優先して指令を出すみたい。
そんな脳みそを意識できるようになると、ちょっと待て~!って脳に言えるのね。

今月、長崎で知ったド・ロ神父と、映画「沈黙」の主人公であるロドリゴの一生が、
私の心に鎮座して、浸透して、影響を与え続けているのを感じます。

ロドリゴが?と思われますか?
実は、長崎で、ド・ロ神父の話を聞いて、ロドリゴのことを思い、すごく切なくなったんです。
ド・ロ神父は、誰から見ても立派な聖人でした。
神の道具として、出来ることをすべてやり遂げたいと願い、
完璧にやり遂げた人、という印象があります。

映画の中で、信者たちを拷問の苦しみから救うためには、
自分が命より大事に思っているキリスト教を、表面上であろうとも捨てなくてはいけなかった、
何よりも敬愛する主の顔の銅板を踏み続けなければいけなかったロドリゴ。
どんなにか、ド・ロ神父のような一生を送りたかっただろうと思って切なくなったのです。

キリスト教会から、ド・ロ神父に与えられた栄光と、ロドリゴに与えられた軽侮、
ロドリゴが、心から信じるキリスト教を否定しなければ信者の苦しみが続くという現実、
自分はクリスチャンではないと言い続けなければいけない心の痛み、
全部が、あまりに切なく胸を打ってきます。

で、その主人公ロドリゴは、普通のおばさんの人生と接点があるわけ?と言えば、ありません。
見えてる表面がすべてじゃないさ、というありふれた感覚が私の中で強くなるとか、
評価されたい!という欲からは、少し自由になった方がいい(難しい)と思うとか、
もしイエス様だったらこの場合どういう言動を取るのを良しとするだろう?と
ふと思ったり(その通りの言動をするとは限りません)、
そんなじわじわとゆるやかな感じで、長崎が、心の中に浸透していくのを感じています。

こういうのって、一般的には、旅行の余韻とは言わないかも?
でも私はこういうのが大好きなんですよ。

今日は今から出勤、ではありません。
シュウトメちゃんの通院日なので、午後2時にオットと施設へお迎えに行きます。
オットは半休を取っているので、1時までには帰るでしょう。
オットと自分のランチ用に、牡蠣ご飯を炊き、お味噌汁を作りました。
(長女は牡蠣が苦手なので晩御飯は白米。愛知県民なのでお味噌汁は赤だしです。)
あとは湯葉豆腐があるので、湯豆腐をポン酢で。
年寄りメニューだこと~。でも私、こういうメニューが基本的には好き。
いつもの出勤前に一人で食べるランチは
もっと簡単で、洗い物も少ないものです。

皆さんは今日はどんなランチかな~?
いい一日になりますように。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
こんにちは(^^)。

午後も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
koalaさん、
こんばんは~、koalaさんの旅行の余韻、素敵なことですね、旅行が何倍にも価値が深まるような気がしますね。
ロドリゴ神父がとった行動は、愛そのものですね。
隣人を自分のように愛すると言うのはこういう事ではないかなと、思います。
koalaさんもオシュウトメ様や叔母様の為に、愛を尽くされていて、とても頭が下がります。こういう生き方こそイエス様が望まれた生き方なのでしょうね。自分の身近にいる人を大切にすることですね。なかなか出来ない事です。
見習いたいです。

今日のランチは「絵手紙教室」に行く前で急いでいたので、チーズトーストとミルクティ、それにトマト、そして筑前煮でした。(筑前煮、意外と合ってました~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/013.png">
No title
Koalaさんのような旅の楽しみ方が出来ると、
旅行に行った甲斐がありますね。
私も旅行好きだけど、今は旅行に行く余裕がない、悲しい~。

今日のランチはカップ焼きそばでした。これまた悲しい~。
No title
こころに深く入った旅行と映画だったのですね。私はもうそういう重いというかぎりぎりの状況を思うことには耐えられなくなっています。老化でしょうね。まだ、録画したまま旧作は見ていません。

自問自答されたことは、心でミックスされてkoalaさんの人格を形成してゆくのでしょう。こころの成長と言えますね。

私は旅行の余韻、影響といえば、神々がいるという感覚にひたされたネパール、死が当たり前のこととして受け入れられる高野山の奥の院までの墓石群れです。この二つはよく思い出します。
No title
旅行前の入念な準備も、
旅行中も帰ってからも・・・
ばたばたばたばた鶏のように(酉年ですから)落ち着きなく、
余韻を感じる暇もなく次の旅行の事が頭をかすめていて。

折角大枚はたいて出かける、それ以上に貴重な時間を使って旅をするのに私ときたら(笑)
(何処で何を食べるかは結構念入りに調べますけど)

もうすぐ時間の余裕だけは手に入るので、行き先もその行く先の情報も、
帰ってからも反芻して・・・
ある意味贅沢な旅をしようという思いがふつふつと湧いてきています。
No title
みゆきママさんへ

新しいクボが出来上がってよかったですね。
さぞかしコーヒーが美味しいことでしょう。
No title
ミセスRさんへ

ロドリゴ神父の生き方は、あの時代のあの状況で、一番の選択だった気がします。
転び者と罵られたとしても、ロドリゴ神父は静寂な心境だったかもしれません。

聖職者たちはこの冒涜の好意を激しく責めるだろうが、自分は彼らを裏切っても
あの人を決して裏切ってはいない。今までとはもっと違った形であの人を愛している。
私はその愛を知るためには、今日までのすべてが必要だったのだ。私はこの国で今でも
最後の切支丹司祭なのだ。そしてあの人は沈黙していたのではなかった。たとえあの人は沈黙していたとしても、私の今日までの人生があの人について語っていた。

いい小説ですね!

私が優しかったら、シュウトメちゃんを自宅で見てあげるでしょうね。
それは私の行きたい人生とは違い過ぎるので、したくないのです。
出来る範囲のことしかしていませんから、愛を尽くしてなどいないですよ~。(笑)
No title
ねえねさんへ

バリ島に住んでおいでで、今のような生活を送っておられて、
それ自体が私から見たら、壮大な旅です。すごいです。
バリの神さまに出会う旅なんて、今まで何人の日本人が成しえたことか。
ねえねさんは呼ばれた人なのだと感じています。

しかし、超多忙のご様子ですね!
目標が素敵な形で実現しますように。
No title
sioさんへ

私は旧作の方を見ていないので何とも言えませんが、
今回私が見た映画は、本当に完璧な出来だったと思います。
sioさんがよくおっしゃる、自然に神々が宿る国、日本を感じます。

アメリカの映画ということで、音楽が派手だったら嫌だな、なんて思っていましたが、
これが虫の音、波の音など、自然音を巧みに使っていて、
無音の時間を入れたりして、素晴らしかったです。

でもねぇ、残酷な運命に翻弄されるシーンは見たくない気持ちは、
すごくわかる気がします。

キリスト教迫害はもちろん残酷ですが、迫害をした日本政府にも、
日本を守るためにそれが必要だという決断があったわけですし、
もしも、仏教界が当時、腐敗していなかったら、
農民たちは仏教徒になっていたかもと思ったり、
物事は単純じゃないですよね。
No title
悦子さんへ

悦子さんは酉年だったのですね!
だから鳥を愛するようになられた?(笑)
私の父が酉年生まれでしたよ。
私はネズミ年生まれです。ちょこまかしています。

次の旅行が頭をかすめる。
その土地の美味しいものを食べるために情報収集を欠かさない。
幸せな状況ではありませんか。

私も旅に出たら、その土地でとれた、その土地の食べ物を
美味しくいただきたいという気持ちは強いので、お店調べはしますよ。
その土地のお湯にも浸かりたいので(笑)
宿泊が温泉のある宿でなければ、行ける温泉も調べます。

今までお忙しかった分、まったりと人生を楽しんでくださいね。
No title
悦子さんファンの皆様、すみません。
私の早とちりで、悦子さんは酉年生まれではないそうです。
ご報告まで~。(爆)