FC2ブログ

Post

        

シュウトメちゃんの帰宅

category - 日記
2017/ 01/ 28
                 
シュウトメちゃん自宅2泊目は、無事に過ぎつつあります。
今はちょっと眠そうで、ベッドで寝ころんでテレビを眺めていたのを、
もうテレビ消して、灯りも小さくして欲しいと言われてそうしてきたところ。

4週間入所で2泊3日の帰宅。
今後も出来るだけ長く、このペースで過ごさせてあげたいなと思います。
認知症の方は、一時の混乱がずいぶん改善してきたので、
ややまだらボケ傾向はあるものの、大きな不都合はありません。

初日の寝る前に「晩御飯を食べていない」と言い出しました。
オットはギョッとして、結構動揺していましたが、肉親の情というものでしょう。
私もきたっ?!とは思いましたけど、平気な顔をしてシュウトメちゃんに聞きました。

「忘れちゃったかな?しっかり食べたんだよ。全部食べてたよ。
だからいいウンチが出たしね。ウンチしたのは覚えてる?」
シュウトメちゃん、覚えていると言いました。

「さっき、入れ歯を外したよね?もう寝るだけだから、ポリデントに浸けちゃったの。
晩御飯も食べたし、お薬も飲んだし、入れ歯も外しちゃったから、
今日はもう食べなくても大丈夫だよね?」

もしかしてお腹が空いていたら可哀想なんですが、
夕食はちゃんと食べたし、量的にも問題なかったので、そう言いましたら、
「そうか、食べたかな。入れ歯もさっき外したな。」と納得してくれて、
ベッドに横になってくれました。

その2時間後くらいには眠ってくれて、その後も朝まで寝てくれました。
夜中に何度か見に行きましたし、朝も早く目が覚めてしまって、
ワタクシは寝不足ではありますが、明日までの帰宅なので、何とか大丈夫。

以前は夜に何度もトイレに行きたがって眠れないことが多く、
夜中も様子がおかしくて、とても目が離せずに同じ部屋でベッドを並べて、
へとへとになってシュウトメちゃんと夜を過ごしていました。
でも、トイレに連れて行ってもらえるという安心感は偉大なのでしょう、
逆に、夜中の尿は全部紙パンツの中にしても目が覚めないシュウトメちゃん。

他にう~ん、と思ったのは入れ歯。今朝の朝食を食べさせる前の話。
ポリデントに1晩浸けた入れ歯を洗って渡すと、シュウトメちゃんは自分ではめられます。

上下各1個の入れ歯を使っています。
入れ歯をなかなか入れられない様子だったので見てみると、
向きが逆で入れていました。前歯を奥にして。
それは入らないわ~と思って、向きを直してあげました。

それでも入らないので、どうしてかな?と思ってよく見ると、
なんとシュウトメちゃん、先に下の入れ歯をはめて、
その下の入れ歯の上に、上の入れ歯を押し当てて奮闘していたのでした。
「おばあちゃん、それは上の入れ歯だから上に入れようか」と言うと、
私の言うことが理解できて、ちゃんと上に入れ歯を装着できたのでした。

こういうのって、ボケちゃうと、自分では装着できなくなるんですよね?
はめてあげるときに噛まれそうで怖いけど、そういうことはないのかな?
自分で入れ歯をはめられるって大事なことだ~と思いました。
今はそれがまだできていて有難いです。

そういう細かい一つ一つのことを、当たり前と思ったらいけないですね。
トイレだって、こちらの言うことが理解できて、協力的だから、
何とか2人がかりでやれば、平和なトイレタイムが過ごせます。

諸行無常が世の常ですから、この状態がずっと続きますようになんて祈れません。
シュウトメちゃんの状況が仮に一緒でも、こちらの状況が変わるかもしれませんし。
今日が平穏に過ぎたことを静かに感謝したいと思います。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
koalaさんもおシュウトメサンも心がとても安定しているようですね。
これまでの様々な葛藤をひとつひとつ克服してきた賜物ですね。
素晴らしいことだと思います。
普通なら、トイレ一つとっても地獄でしょう。

私ももし自分の親がおシュウトメサンみたいなじょうたいになったら、義務感で介護すると思いますが、こころは悪魔が住み着きそうです。
No title
ひとつひとつのことが、大変だと思います。
コアラさんが、丁寧な対応をしてあげていらっしゃるので、感心していますよ。

自分のお身体も お大事になさってくださいね。
No title
おはようございます(^^)。

そうなのですね、、、誰もが通る道なのでしょうが…出来る事なら死ぬまで元気に居たいと願う私です(^^)。
期限付きだから少しは気が楽ですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
大変な中にも、平穏な安定した日々でよかったですね。
koalaさんのお姑様への語りかけが、とてもうまいですね。素直に聞ける話し方だと思います。お姑様も安心して任せておられますね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/087.png">
No title
おはようございます。

とてもお世話がかかる状態なのに、読ませていただいてなんだか心が安らぎます。
ここまで気をつけておられて頭が下がりました。。

期限があって、自宅と両方を行き来できるっていいなぁと思いましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/088.png">
No title
sioさんへ

諸行無常で、シュウトメちゃんの状態も、どんどん変化していきます。
そこそこ落ち着いた状態になって、変化が穏やかですと、
こちらも落ちつけて、とてもありがたいのです。
シュウトメちゃんに関しては、嵐がよく吹き荒れますので。(爆)

トイレは段階を踏んでこうなったので、対応しやすいのだと思います。
同居してから長い間、自分でトイレに行けましたので、
尿取りパッドを買ってくるというレベルからトイレ介護が始まりました。
急に悪化した際には、そのつど、適応が大変でしたが、
それに慣れてからの現在ですので。
No title
ほほエコ☆みちさんへ

私にとってシュウトメちゃんは、実の親ではないし、
昔からかなり衝突して来て、性格が全然合わない人なので、
根はクールな感情で接しておりまして、その分、気楽なんだと思います。

実のお子さんの介護ですと、可愛い、愛しいと思う分だけ感情が動くので、
介護が進めば悲しみも強く、笑ってくれれば喜びも湧いて、
心が揺れる場面も多いとお察しします。
私は揺れないというほどクールにはなれませんが、
実の親だったら、もっと気持ちが揺れて大変だっただろうと思います。
うちの親は、2人とも末期がんで亡くなりましたが、
いい介護をさせていただきました。
No title
みゆきママさんへ

本当に、誰しもそうだと思います。
死ぬ間際まで元気でいたいですよね。

想像ですが、介護してきた人が逆になるのは辛そうですよね。
介護される側になったら、介護側の大変さに感情移入されるでしょうし、
気が付かない介護者に当たったら、こうしてくれればいいのに
どうしてそんなことにも気が付かないんだろうかと思ってしまうでしょうし、
なんだか疲れそうですよね。(笑)
No title
ミセスRさんへ

介護生活33年、今までさんざん怒鳴られてきましたので、
シュウトメちゃんにどういう言い方をすれば通じるかという点ではプロです。(笑)
でも、本当はこういう役は、実のお子さんにやっていただけないかなぁと
無駄と知りつつ、心の中で思ってきました。
義姉など、実の親だから遠慮がないとはいえ、すごい言い方をすることが多く、
帰った後で、シュウトメちゃんが心乱れてしまい、もう死んだ方がいいとか言い出して、
結局しりぬぐいは嫁の仕事になってきまして。
でもさすがに33年経つと、もう期待はしなくなりますね。(苦笑)
No title
ライムさんへ

期限なしで、ご自宅で介護されている方もたくさんおられることでしょう。
時々、殺人事件なども起きて、ニュースになりますが、
自分の人生をすべて介護に捧げるなんて、無理なんだと思います。
その無理を、周りや自分自身が強いて、無理が爆発してしまう。
正直なところ、たった2泊3日でもクタクタです。
自宅で何年も、何十年も介護など、あまりに無茶だと思います。
返信内容が変な方向に。お許しください。(笑)