FC2ブログ

Post

        

やはり少し胸が痛む

category - 日記
2017/ 01/ 23
                 
昨日、職場のレジで仕事しているときに、小さなお子さんの声が響きました。
上機嫌で興奮して大きな声を出しているんですが、
呆れたことにお母さまが、子供の上機嫌が嬉しくて、
更にそれを煽っているので、お子さんの興奮はヒートアップしているのでした。

公園だったら微笑ましい光景になると思いますが、
ここはお買い物をするお客様でにぎわう店内。
若いお母さまの目には、可愛い我が子しか映っていないのでしょう。

あまりに長く続くようなら、店員がお声掛けするかもしれませんが、
こういうのはたいてい短時間なので、スルーです。
今回も、少しの間の大声で、次第にお子様の興奮は収まりました。
ただ、小さな子の興奮した大声って、キンキンと高く、よく響くから長く感じますね。

「イマドキの若い人は!」なんていう気はさらさらありません。
たいていのイマドキの若い方はこんなに非常識ではありませんし、
非常識なおじさま、おばさま、おじいさま、おばあさまもお目にかかります。
非常識と年齢はあまり関係なさそうです。

私だって、自分で気が付かないだけで、どこかで、
あの人、あんな非常識なことをして・・・とひんしゅくを買っているかもしれません。
(ホント、怖いですよ、そう考えると。この怖さは否定される怖さなんでしょうか。
それによって自分が自分を否定する怖さなんでしょうか。
この点は、まだまだ自己分析が必要な項目と思っています。)

理想的には、こういう時に、周囲の人が、全く意地悪な気持ちもなく、
「お店の中で大騒ぎするとご迷惑になりますよ。
お買物をさっと済ませて、公園で遊ぶのはいかがですか?」なんて声をかけて、
お母様の方も、(嫌なことを言われちゃったわ)なんていう気持は全く抱かず、
「気が付かないでごめんなさい。教えてくださってありがとう。」と答えて、
双方がにこやかで、それが普通の光景・・・という社会があったらと憧れます。

馬鹿みたいだと思われるでしょうが、これを書いていて実感しました。
私はそういう社会に自分が思っているよりもっと憧れているみたいです。
あり得ないとわかっているけれど、そうでない傾向が強すぎではないかと思っています。

あの人はここがダメ、あそこがダメ、という話で満ちていて、
パワハラやセクハラ、マタハラなんていうものまである社会は、
人が生き生きと生きて行こうという活力を奪いますよね。

例えば、有名人に不祥事があると、ものすごい上から目線で責めたてる、
その意地悪な上から目線が、自分で思っていた以上に、嫌なんだと感じました。

そういう意地悪な批判がなくなって、温かい気持ちの話合いに変わったら、
どんなに暮らしやすい世界になるのだろうと思うのです。
夢想に過ぎないってわかっていますけど。

私自身にしたって、店内で子供を騒がせるお母様を見て、
否定的な気持が湧かなかったわけじゃありません。

でも、多分、このお母さまは、こういう場所で大騒ぎしちゃいけないと
親にも、他の大人にも、友人にも教えられないで大きくなって、
自分で気が付けばいいのだけど、そのままお母さんになっちゃったんだと思います。
他のことでもあちこちでこういう行動をとってしまって、
非常識だって、眉をひそめられてしまっているのかもしれません。
そう思うと、やはり少し胸が痛むのでした。

こういうところで大騒ぎしちゃいけないのよ。
子どもの頃、そんな風にちゃんと教えられるのが当たり前と思うけれど、
当たり前の躾がなかった子だって、きっといっぱいいるんだと思います。
子供の頃に習えなかったことは、大人になってからでも習えばいいんだよ、
人は何歳からでも習えるよね、っていう柔らかな感じの、
そんな社会がいいなぁと、ないものねだりをしたひとときでした。

難しいですよね。
もし私が注意なんかしても、「はぁ?!」なんて返されたら逆効果です。
(実際にはレジ抜け出して注意に行くなんてありえませんし、
レジでなかったとしても、もめごとつくるような事で出来ませんが。)
このお母さまが、出来たら早いうちに、こういうところで子供を騒がせちゃいけない、
それが社会のルールだと、気が付きますようにと祈るだけです。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
呆れたことにお母さまが、子供の上機嫌が嬉しくて、
更にそれを煽っているので、お子さんの興奮はヒートアップしているのでした>子供と愛玩犬の差がないような・・・。

「世間に恥ずかしい」「親の顔が見てみたい」>こういうこと最近は
言わないのでしょうか?

この子供が大人になった時また同じことが繰り返される。
可哀想なのは子供・・・と思っても、その時代には
そんな風潮もなくなってしまってるのでしょうか?

「迷惑をかけないように」「恥ずかしくないように」>この2つが、
日本の躾けの根本でした。なんだかな~デス。
No title
ミセスRさんへ

子供がいる席に向かって、『やかましいから退席を要請しろ』と
スタッフに要求するお客様・・・
お気持ち、お察しします。
そのお子さんが、ぎゃあぎゃあ騒いでいるならまだしも、
常識と節度を持ったお客様にそんなことをおっしゃるなんて、
そのお子様連れのお客様の気持ちを全く察する気持ちもない。
人として残念な限りです。
お店のスタッフさんにも、自分は客なのだから、
何を言ってもいいと思っておいでなのでしょうね。
こんな風にぎすぎすした感覚の人が増えてしまうと、生きにくいです。
ご自分は一生に一度も誰にも迷惑と思われずに生きていけるなどと
考えておいでなのでしょうかね。
No title
みゆきママさんへ

古き良きアジアの雰囲気で、みんなで注意しあえて、
世間というものが、これから気を付けようねぇ、という感じの
大らかな学びの場になったら、どんなにいいだろうと思いました。
ないものねだりなんですけどね。
それでもまだフィリピンの方が、今の日本よりも、
そういうことを周囲の大人が注意できる雰囲気が残っていそうな気がします。
今の日本は、下手なこと言えないです。
No title
ねえねさんへ

私は年を取って、「世間に恥ずかしい」「親の顔が見てみたい」
この感覚さえも、ちょっと嫌いになってきました。
この人は世間に恥ずかしい人、ろくな親に育てられなかった人、
その視線自体が、もう心が痛い感じです。

親が躾が出来ない人だったら、その人はちょっと恵まれない育ち方をして、
自分で自分を教育することも出来るのだけど、それもうまくいってないから、
見下すより、優しく丁寧に教えてあげようという感覚が広まったらいいなぁと思います。

注意される側も、他のことで、見下されること、非難されることが多く、
心が傷ついていると、過激な反応をするかもしれません。
非難してないよ、こうした方がみんなと仲良く生きやすいよって、
知ってることを教えたかっただけだよって、そんな感じで注意できて、
相手がそのまま素直に、こういう時はこうしたらまずいんだね、と学んで。
夢想ですけどね、そんなのがいいなぁと思います。
私、ちょっと心が疲れてるのかしら。(笑)
No title
こんばんは~
koalaさんの思いは私も賛成です。
でも、人を正すのは難しいです、私の育てた息子が選んだ嫁でさえ
私は、何も言えません。(*^_^*)
日本は、大人が何も言わなくなった責任は大きいです。(反省)
でも、最近はモンスターペアレントがいると思うと、よその子はなおさら言えないですよね!
わが子可愛いはほどほどが良いのにね!
No title
韓国人の同僚、ミオクと言う人の子供の育て方に疑問を持っています。
「子供がしたいようにさせなくちゃいけない、欲しいものは買ってあげなくちゃいけない、食べたいものは何でも食べさせなくちゃいけない」と、主張しています。
「そうじゃないと子供がストレスがたまるから」ですって。
我慢する事を親が教えなかったら、誰が教えるの?と思いますが、黙っています。
彼女の娘は今年小学6年生になります。
どういう大人になるのか、思いやられます。
ウチの長女と同学年なので、田舎の地域で高校などでかち合う可能性も大きいです。
彼女の娘さんとは気が合わないような気がします。
No title
SONIAさんへ

本当に、今の時代、人に注意するというのは難しいことになってしまいましたね。
極端な場合、殺されることもあるぐらいで。
経済が第一とおっしゃるけど、魂が第一だと思います。
日本に生まれた子供たちの魂を健全に育てていくことほど大事なことはないのに。

あまり悲観的になってもいけませんね。
お客様も、大多数は良識あるいいお客様たちです。
No title
まきちゃんさんへ

驚きました。
ミオクさんはそのように育てられたんでしょうか?
小さなストレスに勝てないような子に育てて、その子が幸せになるとでも?
思い通りに行かないのが人生だと思わないんですね。
ミオクさんがそう思い込んでいるのですから、同僚のまきちゃんさんが
何か言ったところで無駄でしょうけれど、ご主人も同意見なのでしょうか。
恐ろしいことですね。
No title
こんばんは。私も同じような光景を見かけたことがありますよ。私は鉄道に乗って旅をするのが大好きなのですが、電車の車内等公共の場で、子供たちを走り回らせて、危ないので、私が「あのねぇ、電車の中で走り回ったら危ないよ。お父さん、お母さんのところに行こうね」と声掛けをして、子供を母親のもとに連れて行くと、「よけーなことすんじゃねーよ」というような目で睨まれましたし、
逆に私の相席になった、赤ちゃん連れの若いお母さんが、赤ちゃんが泣きだして必死になってあやしていると「やかましい。こんなところに子供lなんか連れてくるんじゃねーよ」という、男の罵声が聞こえてきたり…。私はそっとそのお母さんに「かわいいですねぇ。今何か月なんですか?」など話しかけて、なるべきその若いお母さんがいたたまれない思いをしなくて済むようにしてましたが、きっとその若いお母さんは、電車に乗るのを気兼ねするようになったかもしれないですね。いつから日本人は子供に対する躾と思いやりを忘れてしまったんでしょうか。
No title
さくら542号さんへ

そんなことがあったのですね。
私も、勤務先でお子さんが走っているときは、危険なので注意します。
お年寄りのお客様や妊婦さんのお客様もおいでですし、危険なんですが、
お母様やお父様は、そう思われないんですねぇ。
注意しても、見て見ぬふりだったり、子供を怒鳴ったりしますね。
私は睨まれたことはないですが・・・
せっかく注意していただいて、社会のルールを知るチャンスでしたのにね。

赤ちゃん連れのお母様に暴言を吐く人もいらっしゃるんですね。
自分もかつては子供だったのに。
さくら542号さんのとった行動は素晴らしいです。
No title
素晴らしい?
反感買ってるだけでしょう。
No title
現実主義者さんへ

このコメントに気が付かなかったのでお返事遅くなりました。
あなたは子供を育てたことがもちろんないので、理解しにくいでしょうが、
小さな子を乗せて電車やバスに乗るって、すごく大変なんです。
でもきっとこのお母さんは、よほどの事情があって、必要があって乗ったのでしょう。
泣きませんようにと願っても、小さな子は落ち着かないので泣きやすいです。
そういうのが平気な顔をしている親も困りものですが、
何とか泣かさないように努力して、小さくなって乗っているお母さんに
罵りの言葉が響く国って、やはり私は嫌だと思いますよ。
No title
だからって自分から竹箆返し浴びに行くだけの行為が素晴らしいんでしょうか。
No title
現実主義者さんへ

あなたはご両親や祖父母さんから、考えを強要されることに怒っていたと思います。
自分の考えを持つ自由を侵害されたからではないですか?
でも、気が付かないうちに、あなたも同じことをしていないですか?
自分がよく考えて、こういう考えが正しいと思う、というのは自由です。
でもそれは、人に押し付けていいものではないです。
押し付けられるのはとても嫌なものなので。
その嫌な気持をよくわかっていらっしゃると思うので、
お互いにそういうことはやめた方が平和だと思いませんか?

私は子供を連れで電車に乗った経験は少ないけれど、皆無ではないです。
とても気を遣って、気を紛らすものを持って出かけたのですが、
やはりそこは幼い子、ずっとおとなしくしてはくれませんでした。
私の時は誰も責める人はいなかったですが、責められたら辛かったでしょう。
かばってくださる方がいたら、ホッとしたと思います。
だから素晴らしいと書きましたが、全員が素晴らしいと思うべきだと
主張したわけではないんですよ。私の意見を書いただけです。
No title
ただねぇ、そのブロガーも、普段世の中の運命に無意味に逆らうような内容を自身のブログで書き殴ってるんですから…。
No title
それってその人の自由ですよ。
無意味かどうか、他人が決めるものじゃないし。
あなたは他人に考え方を変えろと強制されたら嫌なんですから、
逆の立場で、俺の言うことが正しいんだから意見を変えろなんて言ったらダメですよ。
それはご両親があなたにして、あなたがブチ切れたことと一緒のことじゃないですか。

あなたにとって一番いいのは、この人の意見はムカつく、文句言いたくなる、
そう感じたブログには行かないことです。
読んだらケンカ売りたくなるわけですからね、読まなければいい。
ケンカ売ることのメリットってありますか?
お互いに気分が悪くなるだけなんですから。

私も、前に書きましたが、私のブログを読んで毎日和たちのワルクチを書いていた
ブロガーさんがいました。ランチの写真をアップしただけでも、
ランチを激写して乗せまくる異常な情熱、とか書かれました。
私のワルクチに異常な情熱を持ってるのはそっちでしょ?と思いました。
でもある日、もう読まない!と決めてそうしまして、それから何年か経ちました。
気分が悪くなるブログにはいかないことをお勧めします。
No title
まあね、俺が以前にも言ってた別のブロガーは俺が考えを変えもしていないのに、勝手に「自分の言ってることの方が嘘だって認めたくせに」なんて言ってくるような奴なんですから、自分の方が気休めやら楽観論やら撒き散らしてただけのくせして。
No title
もしかして、そこらじゅうのブログでケンカしてる?
それって、お互いにストレスになりませんか?

読んでいて楽しくなるブログを見つけたほうがいいですよ。
ストレスたまりすぎで辛くないですか?

好きなもの、なんですか?好きなテレビでもいいけど。
鉄道が好きとか、城が好きとか、昆虫が好きとか・・・?
子供の頃、何が好きだった?
No title
鉄道?城?昆虫?
一切興味ありません。
No title
一生は長いです。
目標があるともしかしたら短いのかもしれません。
普通の人にとって、おじいさん、おばあさんになるまでが寿命だとしたら、
それまでの時間は、長いです。
何か、これに興味があるとか、これをしていると楽しいとか、
そういうもので息抜きしないと、長すぎるように感じませんか?
もちろん自分の自由なんですが、
楽しみの少ない人生は私だったら辛いので、
気分転換が欲しいと思うことでしょう。
私の人生は気分転換だらけです。(笑)