FC2ブログ

Post

        

今年もよろしくお願いします

category - 日記
2017/ 01/ 02
                 
明けましておめでとうございます。
シュウトメちゃんの年末年始帰宅は、大きな出来事もなく、
無事、過ぎようとしています。
ありがたいことです。

シュウトメちゃんは、家ではどうも寝つきが悪くなって、
深夜まで目が覚めていましたが、今はぐっすり寝てくれています。

昨日は義姉が2人、会いに来てくれました。
最初は、私、ヒネクレモノですから、老いた母親を前にして、
母親に理解できないような自分の話ばかりする義姉に対して、
もちろん表面は笑顔ですけど、全くね~と心の中で呟いておりました。

でも、そのうちふっと、ああ、シュウトメちゃんにとっては、
元気そうな娘が、自分にはよくわからない職場の話ではあっても、
姉妹で仲良さげに話して、盛り上がっているようだ、という雰囲気、
普段、聞くことのできない娘たちの声が自宅でしているという空気、
これだけで充分癒されるのだろうなということに気が付きました。

シュウトメちゃんには今年、2人のひ孫が誕生する予定なのですが、
義姉たちが早口でおしゃべりしているので、
シュウトメちゃんには理解できていませんでした。
あれはきっと娘の声を音として聞いてるね~。(笑)

私が横で、おばあちゃん、来月〇〇君(私にとっては甥)に赤ちゃんが生まれるんだって!
6月には〇〇ちゃん(私にとっては姪)が産むんだよ!
すごいねぇ、よかったねぇ、2人もひ孫が!と言うと、やっと理解できたみたいでした。

シュウトメちゃんには4人のひ孫がいるのですが、
2人は離婚した甥の元奥さんが引き取って、もう会うことは出来ず、
後の2人は別の甥一家の子ですが、遠方に住んでいて、やはり会うことができません。

今年生まれる予定の姪も甥も県内に住んでいるので、
写真は義姉がくれるでしょうし、落ち着いたら会うことも出来るでしょう。
それに何よりも、甥も姪も大喜びだろうと思うと嬉しいです。

良い年になりそうです~!

シュウトメちゃんは、なんだかんだ言っても9人の孫に恵まれて、
2人の義姉は比較的近くに住んでいましたし、始終、お泊りに来てくれたので、
シュウトメちゃんも、9人の孫の成長を、眼を細めて見てくることが出来ました。
それはとても幸せなひとつの形として存在したはず。
いろんな人に、いろんな幸せの形は存在しているわけで、
自分の目の前にある、あるいはかつて存在して味わったそういう幸せを、
時々思い出して感謝していれば、幸せな気持になれますよね。

というわけで、お節介嫁koalaは、昔の写真をひっぱり出して、
視力の衰えつつあるシュウトメちゃんのために2Ⅼサイズに拡大して、
シュウトメちゃんに見せております。
一番シュウトメちゃんが感動したのは、亡くなった叔父の写真でした。
施設のベッドサイドに籠がありますから、その中に写真を入れて、
気が向いたときに眺めるのもいいですよね。

でも探しても、シュウトメちゃんはあまりきょうだいの写真を持っていないのでした。
また弟さんに頼んで、写真をお借りしようかな。

さて、そろそろシュウトメちゃんが目を覚ますかも。
今年もまた、たらたらと(爆)日々のことなど綴っていく予定です。
どうぞ今年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おシュウトメサンの宿泊も無事に終わり、お叱りを受けるでしょうけど、2度目のおめでとうを言いたい気持ちです。

おシュウトメサンは、いいお嫁さんと一族の繁栄を見ているわけですから、昔の尺度でいえば、恐悦至極じゃですね。いい人生です。

写真を拡大して見せるなど普通考えませんから、いつもおシュウトメサンのことを思っていることがよくわかります。私から見たらやりすぎと思えるほどです。

よいお正月を!
No title
明けましておめでとうございます。
お姑さん、2人のひ孫さんの誕生予定なんですね。
おめでたい!
なんだかんだ言ってもお姑さん、かなり恵まれたお年寄りだと思うんですけど~。
写真拡大して見せてくれるようなお嫁さんいませんよー。

幸せ者だってことに気づかなくちゃー。

今年もよろしくお願いします。
No title
sioさんへ

正直、シュウトメちゃんを施設に送り届けるといつもほっとします。
嫁いだ頃はずっと一緒に暮らしていたんですが、はるか遠くの世界に思えます。
やはり、ボケかけた、立つことも出来ない状態になった介護は大変で、
気を張っているし、体力も使うしで、送り出すとガクッと疲れが出ます。

写真を拡大しようと思いついたのは、以前、13年間、
写真屋さんでパートしてたからかなと思います。
シュウトメちゃんが、上の義姉の初めての子を
お宮参りの際に抱っこしている写真とか、
下の義姉の結婚が決まって、玄関で記念撮影した写真もありました。
そっちに反応するかと思ったんですが、そちらはさほどの感慨もなくて、
一番は、亡くなったお兄さんの写真だったんです。

辛いこともいっぱいあったけど、いい人生だったと思えるといいですね。
死ぬ前に、生まれてきてよかったと思えれば人生成功、という気がします。
No title
ねえねさんへ

おめでたいですよね!
ひ孫はめちゃくちゃ可愛いと思います。
可愛い孫が、嬉しそうに、ひ孫ちゃんを抱っこして連れてきてくれたら、
さすがのシュウトメちゃんだって、幸福感に浸りそうな気がします。

来月生まれる子のパパである甥っ子は、
姪や甥の中で、一番、シュウトメちゃんに会いに来てくれる子でしたし、
6月に生まれる子のママである姪っ子は、結婚からずっと子供が出来ないで、
ちょっと悩んでいただろうと思うので・・・本当におめでたいです。

自分が恵まれている点を否定したい傾向のあるシュウトメちゃんですが、
ひ孫が1年に2人も生まれたら、これは幸せの否定はできないでしょう。(笑)
No title
母にもひ孫が二人います。
多分もっと居ると思いますが、あとの孫は音信不通。
義理の息子と娘も音信不通。
自分の息子は勘当したしで、母は歩いていてもついほっぺが
にやつく事があるくらい幸せだといいますが、どうなのでしょう。
歳をとると感情の起伏が緩やかに(言い換えれば鈍感?)なるという
世間の常識ともかけ離れて、大声で笑うし箱根駅伝も一緒に見るし。

本当にkoalaさんの介護は実がこもっていると思います。
お姑さんの気持ちになって様々お世話するって、
過去の諸々がkoalaさんの人間性を豊かにしたのだと思います。

今頃になってなんなのですが(何なの?)

今年も宜しくお願いいたします。(爆)
No title
悦子さんへ

お母様はいろいろ大変な家庭生活を送られたのですね。

家族になったといえども、どうしても合わない性質の人っていると思います。
お母様はたくさん苦しんだ末に、決断して、勘当までして、
今は、悦子さん以外の子孫はいらないと思って悦子さんに感謝しているとしたら、
本当にお見事で、あっぱれな方だと思います。

いつもしゃきっとして気持ちのいいお母さまですよね。
このままずっと長生きしていただきたいと祈っています。

私の場合は、シュウトメちゃんと合わないと言っても、
向うはひとりで生きて行けないわけですし、縁を切ったら虐待かも。
本人も、あんたが逃げたら自殺してやると、恐ろしいことを。(爆)
辛いことはいっぱいありましたが、私はやはりそこで鍛えられたと思うし、
長いこと苦しんできた怒りも、いつのまにか無くなっています。
不思議ですねぇ。(笑)

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。