FC2ブログ

Post

        

叔母の足首の赤みと痛みは褥瘡らしいです

category - 日記
2016/ 12/ 30
                 
叔母の足首が赤く、痛いというので、病院に連れて行ってほしいと
老人ホームから電話があったのが、23日の祝日でした。
申し訳ないけれど、しばらく都合がつかないので、
至急、そちらで連れて行っていただくことは出来ないかとお願いしました。

昨日、老人ホームの近くの皮膚科で診ていただいたところ、
褥瘡だろうと言われたとか。驚きましたし、ショックです。
寝たきりでないのに、しかも足首に?

電話でそう言うと、叔母の眠る時の姿勢を気にしていなかったので、
これから気にするようにします、というお返事でした。
姿勢を気にしなかったのは無理もないと思います。
自分で寝返りがうてる人ですから、大丈夫だと思って不思議はありません。

関係者会議の際に、叔母は朝から夜までは、ずっと車椅子に座っていて、
一度も横にならないと聞いて、ずっと足が下がりっぱなしなのを心配していました。
自宅のすぐ近くだったら、通って足湯してあげられるけど、と思っていました。

褥瘡の心配をしたことはなかったです。
でも、血行の悪さは心配していて、
褥瘡だってもう少し血行が良ければ出来なかったかもしれないですよね。

叔母は糖尿病の持病があるので、治りにくいかもしれませんが、
適切な薬が出たでしょうし、施設でも、姿勢を気にしてくれるでしょうし、
本人は元看護婦長さんで知識もあるし、多分、大丈夫だと思うんですが、
こんな時にすぐに会いに行ってあげられなくてごめんね、という気持ちです。

明日から1月2日までは、シュウトメちゃんの帰宅があります。
元旦に、義姉たちがシュウトメちゃんに会いに来てくれるそうです。
毎年、お正月はシュウトメちゃんは自宅で過ごします。
2泊3日は、今までで一番短い正月帰宅です。
でも多分、今までで一番疲れるお正月になりそうです。

頑張れ、わたし。

叔母さん、お正月が終わったら行くからね。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おシュウトメサンの話1年読ませていただいて、つくづく歳をとるのは大変だといつも思います。故障が出るたびに本人だけでなく周りに負担をかけますから。

大変そうなお正月ですが、がんばれkoalaさんとしか言いようがありません。本当のお正月はプランされていると思いますが、それまで、我慢、忍耐、がんばれデス。
No title
がんばれKoalaさん!

誰でも(特に女性は)介護に直面します。
だけどもKoalaさんの場合、人生の中で介護に要した時間がとても長いですよね。嫁いだ20代の頃からでしょう?
うちの場合は、父は介護させてもらう時間もないほど短い闘病でしたし、母もまだ一人で車運転してどこへでも行く若いばあばです。

私からしたらKoalaさんはもはや偉人に近い。尊敬します。
でも無理はなさらないでくださいね。

よいお年をお迎えください。
No title
sioさんへ

応援ありがとうございます。

今は介護保険がありますから、sioさんのような自立心の強い方は
そんな心配などどうぞなさらずに。
シュウトメちゃんは、ちょっと依頼心が強いので、
周囲は振り回されがちなんですけど。(笑)

私が嫁いできた時は、大姑さんの介護もありましたが、
介護保険などなかった時代でしたので、今のありがたさは身に沁みます。
No title
ねえねさんへ

応援ありがとうございます。
介護経験はとても長いですけど、ずっと自宅で介護し続けたわけではないので、
バリの方たちの介護とは全然違うと思います。
そちらでは一族で面倒見るという感じになるのかしら・・・?

私はシュウトメちゃんが弱り始めたころに介護保険が出来て、
最初は週1回のデイサービスに行くのも拒んでいたのですが、
今はもうどっぷりとお世話になっています。
ねえねさんもよいお年をお迎え下さい。