FC2ブログ

Post

        

寒い日に温かいご飯を食べることができるシアワセ

category - 日記
2016/ 12/ 07
                 
朝、7時半にテレビの前に座り、BSで「べっぴんさん」を見るのが最近の習慣。
以前は8時からのを見ていたのですが、BSで7時半から見られるのを知り、
そちらの方が私には都合がいいのです。

お行儀が悪いですが、朝食を持ってテレビの前に座ります。
「べっぴんさん」は45分に終わりますが、食事を終えて、食後のコーヒーを飲み、
8時まで休憩してから、また家事に戻ります。

今朝はとても寒くて、温かい朝ごはんを食べながら、
寒い日に温かいご飯を食べることができるシアワセをかみしめました。

それは、今の私にとっては当たり前のこと。
私と同様の人が世界中にいっぱいいるのはわかっています。
そして、それが出来ない人もいっぱいいるだろうというのも想像できます。

現在、過去、未来のすべての世界に、いろいろな運命を背負った人が生きて、
私と同じ、あるいは違う形の幸せを感じ、不幸を感じている、という思いが湧きました。

今現在、私の目の前にある幸せの形に、感謝したい、と思いました。

自分も家族も元気で暮らしていること
美味しくご飯が食べられること
とりあえずいがみ合っている人がいないこと
目が見えて、音が聞こえて、会話ができること
今日も平和な一日だったこと

書きだせばキリがありませんが、とてもありがたいと感じました。

時は流れ、状況は刻々と変わっていき、不変なものはないので、
何が起きるかわからないのが人生ですが、
私はビビリなので、どうぞ平穏で温かな時間を送らせてくださいと祈るだけ。(笑)

当たり前のことなんかない、という当たり前のことをかみしめた朝でした。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます。

koalaさんらしい朝の始まりですね。
私には朝の温かいご飯がありません。
真冬でも冷蔵庫から出した冷たいヨーグルト(爆)

平成6年以来、育て続けている(母が)カスピ海のヨーグルト。
あれって、常温だと気持ち悪くて食べられません。
暑い日も寒い日も、クーラーやエアコン・炬燵で快適に、
朝から冷た~いものを頂ける幸せに、もっと感謝の気持ちを持たねば。
No title
おはようございます(^^)。

そうですね、当たり前の事に感謝出来る…良い事だと思いますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s14.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
ホント、なんでもないことって実は奇跡かもしれません。
感謝しなくちゃ。
美味しくご飯が食べれて、元気です。
いがみ合ってる人は2人ほどいるけど(笑)。
No title
悦子さんへ

朝ごはんはカスピ海ヨーグルトだけなんですか?!
もしかして、夜にビール付きでたくさん食べるために?!(笑)

カスピ海ヨーグルト、粘りがあっておいしいですよね。
お母様は根気があってすごいです。
私も昔は作ってはまっていたけれど、いつの間にか…(遠い目)
No title
みゆきママさんへ

毎日ありがたいって感じていれば、いいんですけどね。
つい慣れて忘れてしまう。(笑)
ただいま~と家族が元気に帰ってくる幸せとか。
No title
ねえねさんへ

あら、いがみ合っている人が2人ほどおいでですか。
なかなかストレスフルな生活ですが、
ねえねさんは腹が坐ってて魂がタフだから大丈夫ですね。
とてもかっこいいです。
No title
当たり前のことが、実は最大の幸せだということが、当たり前の生活をしながら50代で気が付いたということはすごいです。悟りですね。

私は少し分かってきましたが、この感覚を持てるのは、当たり前が壊れた時ですね。年齢的には、壊れ始める65歳くらいから実感してきました。
最大の理由は、がん。このとき「当たり前のことが実はあることがたし」だと実感しました。

ひょっとするとおシュウトメサンに壊されていた当たり前が回復したのが、悟りのきっかけかもしれません。

とするとおシュウトメサンは、地獄大明神(失礼)ですね。
No title
sioさんへ

私は先天性の病気を背負った子供を産みました。
それは遺伝性のものではなく、原因不明ながら、
妊娠3~4か月目の妊婦の環境によるのであろうということでした。
シュウトメちゃんよりもどちらかと言えばそちらで
私の当たり前は壊れたのだとコメントを読んで思いました。
先天性の病気があることで、彼の当たり前は破壊され続けてきました。
代わってあげたくてたまりませんでした。
ただ、その苦しみを味わう前に、シュウトメちゃんにいじめられたのは、
私の中の苦しみに対する耐性を鍛えるという意味で、
きっといいトレーニングになっていたと思います。
そういう意味では有難かったのだと思います。

実親を看取ったことも大きいです。
元気で生きているのが当たり前になっていましたが、
突然がんだと言われ、それも末期だと言われました。

母親にとって、子供は宝物です。何歳になっても。
今は幸せというのは自分の心の状態であって条件ではないと思うので、
子供たちが、苦労しながらでも、幸せな精神状態で暮らせますようにと
私の願いは自分のことよりもそちらですね。(笑)