FC2ブログ

Post

        

シュウトメちゃんとオット

category - 日記
2016/ 08/ 02
                 
出勤前のお見舞い行く前にドラッグストアへ寄りました。
シュウトメちゃんの尿取りパッドを持ちこんでいる在庫が無くなったので。
ちょっと早く着いたので、まだ開店前で、駐車場で待ちました。
その間に、コメントを読んで、レスさせていただきました。
誤字脱字があったらごめんなさい。(予防線張った?笑)



昨日は結局、オットは病院に行けませんでした。
こういう日が来るとは思っていましたが、いきなりでは本人にお気の毒でした。

オットの昨日のセリフで私が引っかかったのは、
今日はシュウトメちゃんの所に行けるか?
(そうか、koalaは行かないのだな)
それなら仕事を早めに切り上げて、 病院に寄ってくる。
この普通のセリフです。

長年一緒にいるので、この言葉の奥に、口にはしないのだけど、
お前が行ってくれれば、そんな心配はしなくていいんだけど、とか、
仕事は忙しいんだけど、お前が行ってくれないなら、無理しても行くしかないな、
そんな本音がちらっと見えていて、それが目障りだったのでありました。
本人はそんなつもりはないというのもわかっているのにイラッと来ました。

今日は帰りに病院に寄ってくる、そういうシンプルなセリフだったら、
私が行くか行かないかは問題じゃないのに。
オットの頭の中には、毎日誰かが行かなくてはという思いがあって、
行く人間のメインは当然私なので、それが重かったんです。



でも、ブログというのは有難いもので、感じたこと、考えたことを書くうちに
頭の中が整理されてくるのですね。

私が嫁いで以来(というか、その前からですが)、
シュウトメちゃんは、何度も入退院を繰り返してきました。
結婚してからの私は、シュウトメちゃんが入院するたびに、
病院通いがとても大変でした。
義姉たちはほぼ来ないし、オットは仕事が忙しく、
家事と仕事と子育てをしながら、目の回る思いで病院に通ってきました。

私と結婚する前にあったシュウトメちゃんの入退院は、
脳出血のための入院で、かなり重大な病状だったので、
オットも足しげく病院に通ったことと思います。
しかし、結婚後の入退院は、命に関わるような病名ではなかったので、
まあ、よろしくお見舞いしといて、頑張ってね、という感じになったのでした。

今回も、入院してから5日間、義姉もオットも1度も病院に来ませんでした。
そこでいきなりシュウトメちゃんが、意識不明になったものですから、
オットはとても驚き、慌てたんだと思います。

意識不明の原因は、多分、肺の水を1リットル抜いたために起きた、
血液中のナトリウムのバランスの崩れでだったと思いますが、
その時はそんなことはわかりません。
そのまま死んでしまうのか?!と私もオットも愕然としました。



結核性胸膜炎は、薬で治る病気です。
副作用が出ずに順調に薬が飲めたら、シュウトメちゃんの場合は9か月で治る予定です。
ありがたいことに、今のシュウトメちゃんは、どこも痛くないし、苦しくもない、
ただ、ずっとベッドで安静にしていなくてはいけないので、
とにかく退屈で困っている、と言います。

でも、シュウトメちゃんは85歳です。
普通は9か月大人しく薬を飲めば治る病気でも、
もしかしたら、治る前に…という可能性だって、当然あるのです。

オットが、シュウトメちゃんの意識不明の連絡を受けた時に感じた、
そのまま死んでしまうのか?というショッキングな気持ちと、
きちんと向き合って、毎日誰かが見舞いに行ってやらなくては、と思ったなら、
それはいいことだ、という風に気持が変わってきました。

私は昔も今も天使に程遠い心根の持ち主ですので、
病院通いで、自由な時間がうんと減り、疲れもたまることが、いつも負担でしたし、
どうして私だけ大変な目に?実の子3人は?という思いがずっとありました。

シュウトメちゃんは、年齢的に人生の最終章にいます。
オットがシュウトメちゃんとの時間を大切にするのはとてもいいことです。
ブログを書いてから、思い直したんですが(笑)
これを応援してやらないでどうする?と思いました。
(でも鬼嫁だから、本心はちょっと面倒なのです。爆)




スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
長年一緒にいると、言葉の裏に隠された意図が伝わって来て、イラっとすることありますよね。

こういう事ってどうしてお嫁さんの仕事になるんでしょうねぇ、今更ながら、、、。はがゆいです。
ムカっときたこと、書いているうちに整理できて、違う視点が生まれるのは、きっとイイことなんでしょうね。
でも自分がムカッと来てることも受け入れてあげたいですよね。
No title
オマエの母親だろ!って言ってやれ(笑)。

うちのダーは本人は認めないけど、超マザコンです。
実はダンナのお母さん、1年くらい前から透析受けてるんだけど、
週に3回の透析、毎回送り迎えしてるんですよ。
隣の県の病院まで。そのせいで田舎へ帰ったきり状態が続いています。
ねえねがデング熱になった時、ねえねは一人でタクシーで病院へ行ったというのに、母親を毎回病院へ送り迎えってなんなんでしょ?
でもまぁ、私には負担ゼロなのでいいですが。
No title
おはようございます。
ブログ読ませていただいて、いつも思うことは、世の中にはこんなに尽す嫁がいるのだと、いつも感心しています。
我が家の嫁を選んだのは私ではなくて息子なので…何でも我慢しています。
今ではもう何も期待していません。息子が良くて家庭が円満なら、それでよいと…
私は私で、毎日楽しいですし…(*^_^*)
No title
ご主人の態度の変化は喜ばしいことですね。
特にオシュウトメサンは嬉しいでしょう。

ただ、毎日見舞いに行くのは当然だと思い、その役割をkoalaさんに押し付けるようになると問題ですが、「自分が行く限り」とてもよかったと思います。
No title
おはようございます(^^)。

Ha ha ha何となく伝わって、、、解りますよhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
ミセスRさんへ

そうなんですよ、ムカッとしますよね。
オットは父親を早く亡くして、苦労はしているんですが、
末っ子ちゃんなので、甘えん坊でもあるんですよね。
そのことに長い間気が付かないで来ましたが・・・

ムカついている自分を認めてあげるのはもちろんです!(笑)
No title
ねえねさんへ

それは頭に来ますよね。
母親だと、隣の県の病院まで、週3回の送迎をして、
デング熱の妻は、送迎しないでタクシーで?!
お母さんと日にちがダブったんですか?
それにしたって・・・デング熱は緊急じゃないですか。

週3回のお母様の病院送迎。
それができるのは、マザコンもあるけれど、サラリーマンじゃないからですね。
日本のサラリーマンには出来ないです~。
No title
みつきさんへ

みつきさんは、とてもお優しいお姑さんであられることと思います。
そういう方だったらどんなに尽くしやすいだろうと思うのですが、
世の中、うまくいかないものですね。

シュウトメちゃんは鬼婆でした。
私への暴言は当たり前、私の両親のことも、両親の前ではないですが、
私にへ暴言で侮辱して、耐え難い日々でした。
その辛さから脱却できるまでに長い時間がかかりました。

みつきさんは、シュウトメちゃんのように、嫁の悪口を毎日言わねば
気が済まないようなタイプではなく、ご自分でご自分を明るく出来る聡明な方で、
お嫁さんはとても運がいいのに、その自覚はないのですね、もったいない。
No title
sioさんへ

自分の子供が3人ともクールすぎると、母親としては辛いでしょうから、
オットだけでもかなり優しくなって、シュウトメちゃんも嬉しいと思います。
土日はオットが仕事さえ入らなかったら長い時間病室にいることになり、
私は土日は行かなくていいということになりました。

オットは私にお見舞いを押し付ける役柄はしたがらないと思います。(苦笑)
あくまでも、妻が自発的に毎日通ってくれてありがたいと感謝する
いい夫の役柄が好きですね。
(こんな皮肉な目線でいる妻で気の毒だなぁと今思いました。)
No title
みゆきママさんへ

そういうものですよね。
私だって、自分に都合のいいオットが好きですし、
都合の悪いオットだと不機嫌になります。
でも、相手は自分に都合のいい人である義務はないというのも、
人として学ぶべきことなので、まあ、仕方ないですかね。(笑)