FC2ブログ

Post

        

ケアマネさん、頼りにしています・・・

category - 日記
2016/ 07/ 25
                 
朝、ケアマネさんに電話をしました。
病院の退院支援担当者さんに、先日面会しましたところ、
老健は無理だから、自宅か、老人ホームか、介護付きの住宅かを
決めましょうという話になっていまして、今日の午後、
こちらの懐事情と希望などを書いた用紙をお渡しすることに決まっていました。

ケアマネさんのお返事に、気持ちが明るくなりました~。
そもそも、いつ退院なのか、退院時の状況はどうなっているのか、
退院後の通院頻度は、などなど、何もわからない現時点での話なので、
決定事項など何一つないし、ケアマネさんの提案も決定事項ではないのですが、
それでもかなりほっとしました。

ショートステイ専門施設への入所と、自宅への2泊3日の帰宅を組み合わせれば、
充分それで対処できるのでは?というご提案でした。

費用的にも安心な範囲に抑えられますし、シュウトメちゃん自身も、
「老人ホームに入ってね」と言われるよりも、「ショートステイに入って、
時々家に帰ってきてね」と言われた方が安心するに決まっています。
その帰宅は頻繁ではないので、私もそう負担はありません。
おまけに、ケアマネさんが考えている施設2か所は、自宅からそんなに遠くないのです。
1箇所は「かなり近い」のです。

そういえば、退院支援担当者さんは「以前いた老健に戻るのは無理」とおっしゃったのでした。
「だから老人ホームなどを視野に」ということでした。
「以前いた老健」はショートステイも対応していましたので、
私は、そういうものは一切無理なのだと思い込んでおりました。

「ショートステイ専門施設へのロング枠利用」というものがあるそうで、
退院時のシュウトメちゃんの状況に寄るので断言はできないけれど、
病院が「退院して大丈夫です」という状況と考えれば、多分大丈夫では?とケアマネさん。

さっそく動いてくださるそうで、まずは、介護度が上がっているだろうことから、
区分変更申請をかけてくださるそうです。
私は市役所からの連絡を待って、シュウトメちゃんの今の状況を見ていただけばいいだけ。

ケアマネさん、本当に、ありがとうございます。
退院支援担当者の方も、といぇも親切な感じのいい方でしたので、
私は、大船に乗ったような気持ちになっております。(単純)
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
やっぱり、専門の方と話し合うと良い方向に進めますね。
それもkoalaさんの誠実な介護を知っておられるから、良い方向に考えていただいた気がします。
お互いに人間ですもの、傍についてる人次第ですね。身近に、そう聞いたことがありまして。

お姑さんは、安心ですねhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/088.png">
No title
ライムさんへ

ありがとうございます。
ケアマネさんは、一見クールそうで、実は熱い人なんです。
ありがたいことと思っています。
ただ、確かに、介護者があれこれお願いしたり質問したり、
実際に動いて行かないと、あまり進まないかもしれません。
ケアマネさんはあくまで提案するのが仕事で、決定するのは華族ですし。