FC2ブログ
2016/05/25

Post

        

ご縁に感謝

category - 日記
2016/ 05/ 25
                 


通勤途中にあるツバメの巣に、今年もツバメちゃんがやってきました。
自転車通勤だと、ここで心の中でツバメちゃんにご挨拶できます。
今日はあいにくの雨なので、車通勤ですが…この画像は昨日の帰りに撮影しました。

我が家では毎年咲いてくれる紫陽花が、今年も咲き始めました。

毎年咲くので、同じ花と思ってしまいますが、厳密にいえば、
昨年咲いた花は枯れて、今咲き始めた花は、去年と全く同じ花ではありません。

ツバメはどうなんだろう?と思って調べたら、ツバメの平均寿命は1年半らしいです。
まだ飛び方がうまくない、若い頃に、カラスやトンビに狙われやすいことがあるので、
中には10年以上長生きするツバメもいるそうです。
今年巣にやってきたツバメちゃんは、何歳なんでしょうね。










年を取ったのか、最近とても「ご縁」という言葉が頭に浮かびます。
通勤時に会える可愛いツバメにも、家に咲いてくれる紫陽花にも、
ご縁があってご一緒していますね、ありがとう、と思います。

一番思うのは、子供たちのこと。
私の2人の子供は20代後半で、見ていると、躾が行き届かない様子が気になり、
私がもっと出来のいい母親だったら、こういう欠点はもたない子に育っただろうにと
心が痛む時があり、母と言うのは切ないものだと思っておりました。

でも、最近は、ご縁という言葉が頭に浮かび、この子たちはきっと、
こういう不完全な母親に育てられるご縁があったんだわと開き直りつつあります。
自分の力で頑張って生きて行く2人の子を、私は心から愛していて、
この子たちが私の子に生まれてくれたことを、今、元気に生きていることを、
そういうご縁をいただいたのだと、感謝して生きて行こうと、
そういう気持ちになることが多くなって、精神的に救われています。

私は、基本的に内省的性格をしていて、「因幡の白兎」の部分がありますので、
ありのままの自分でいい、とまでは達観できません。
もうちょっとこうなろう!と思って進化していかないと、と感じるタイプです。

ただ、進化していない自分はダメだと責める気持ちから、少しずつ解放されただけ。
人は成長しないとできないこと、見えないことがあるんですから、
出来なかったことを責めたりするのは、筋違いだと思うようになったので。



離れているので(爆)、シュウトメちゃんにも、ご縁をいただいたと思えます。
正直なところ、離れていなければ、そんな風には思えないことでしょう。

最近、ネットで「彼は私を殴らなかもしれない だけどそれはDVだよ」という記事を読みました。
これを読んで目からうろこが落ちました。
シュウトメちゃんは、私が実家に帰ったり、友人に会うことを嫌がり、
自分に十分尽くしていないと絶えず不満を言い、始終怒鳴り、
言うことを聞かないと死ぬと脅し、義姉たちと比べて全くダメな嫁だと言うのが口癖で、
私の人格はもちろん、両親のことまで否定する言葉を連発し・・・
そうか、これがオットだったらDVなのね?!これは心を病んでしまうに違いない、
この環境から抜け出せたのは、シュウトメちゃんが弱って施設に入ったからだったと
改めて運命に感謝しました。殴るだけがDVではないですよね。

シュウトメちゃんは決して、悪人ではないんです。
自己中なだけ。優しいところもあるんです。
ただ、嫁としては、息が詰まる姑さんなのでした。

義姉たちやオットにとっては、もしかしたら、
肉親であるだけにもっと息が詰まる部分があるのかもしれません。

自己中の母親を持つ苦しみを味わうご縁を受け持った3人に、
私が、声にしないにせよ、批判の目を向けてきたことは、
傲慢だったかもしれません。
同じ環境で同じ立場だったら、私も一生懸命母親から逃げたかもしれません。
ご縁に感謝などとんでもない!という気持ちでいたかもしれません。



昨日の朝は、出勤前に、薄手の衣類をシュウトメちゃんに届けてきました。
厚手の衣類をタンスに収納するついでに、もう着ることのなさそうな衣類を処分しました。
リフォームの際に、かなり処分したのですが、これはまだ思いだして
「あの服はどこに行った?」と聞かれる可能性があるかも・・・と思ったものは残してありました。
しかし、そういう発言はないまま過ぎたので、もういいかなと思って。

昔だったら「こういうことも全部私一人の負担!」と頭に来つつ作業しましたが、
今回は「杖で歩いている頃のシュウトメちゃんに役立ってくれてありがとう」と
一枚ずつ心を込めてたたんで処分用の袋に入れて行きました。
施設でお世話していただいている心身の余裕があってこそ、と感謝しています。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
共感します!
ご縁ですよね~。ブログもご縁です。

今まで出会った人全て、見たもの聞いたもの全てが、
今の私の人格形成の一役を担ってくれてます。

Koalaさんはホントいい母親だな~と思います。
この前母とスカイプした時、母はいかに自分の子育てが悪かったか、
その結果、ねえねがこんなふうに育ってしまったと切々と・・・。
耳栓です(笑)。
No title
ツバメ、今年も来てくれましたね~(^_^)/

ご縁に感謝っていうお気持ち、尊いですね。
そう思えないこともあるわ(私言いそう)~なんて言うのは傲慢なのね。
ねえねさんがおっしゃるように、ここでコメントさせてもらっているのも、ご縁ですものね。
ここでの何億分の一の出会いを、感謝しています。
No title
こんにちは(^^)。

私も全てはご縁に救われ育てられたりと感謝する事が多くなりましたhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">生かされてますよね。。。

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
ねえねさんへ

ねえねさんは、自立心旺盛、好奇心旺盛、海外で元気に明るく暮らしていらっしゃる。
いつも、素晴らしいと思ってブログを拝読しています。
お母様はどこがご不満というか、ご心配なのでしょうか?

まあ、親というものは、基本、欲張りなので、
子どもが幸せでいてくれますように、もっともっと幸せでいてくれますようにと
欲が留まることがないものかもしれませんね。
這えば立て立てば歩めの親心って、昔から言いますからね。

耳栓が正解です。(笑)
No title
もこさんへ

ツバメ、可愛いですねぇ。
・・・カラスやトンビの餌食になってしまうとは知りませんでした。
自然界の掟は厳しいですね。

う~ん、でも、そう思えないこともありますよね。
出来たらこういうご縁をいただきたくなかった、みたいな。(笑)
でもそういうご縁があって、みんな打たれ強くなっていくのでしょう。
No title
みゆきママさんへ

何事もご縁と思うと、そこで成長していく自分という道筋が見える気がします。
生かされていますね。
有難いことです。
ご縁に救われるって、いい言葉ですね。
No title
お母様はどこがご不満>自分の思い通りに育たなかったということが
不満です。
エリートと結婚してほしかった、近くに住んでほしかった、そういう希望は何一つ叶ってませんから。
No title
ねえねさんへ

私が最近読んだ、「負けんとき」の主人公のお父様みたいだわ。(笑)
お父様は子爵様で、その娘は華族。
しかるべきところに嫁げと言い続けるのですが、主人公はアメリカ留学したり、
挙句の果ては平民になって外人と結婚したり。
お金持ちの子でなく、放置されているような子たちにいい教育をと、
自分の生きたいと思う道に奮戦しました。

ねえねさん、わかりやすい幸福を得てほしいお母さまの親心の声には
しっかり耳栓をして、(お母様、申し訳ありません)
負けんとき~♪で、わが道を歩んでください。応援してます。